数量:1
Love Among the Ruins がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Love Among the Ruins Import

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,153 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の 10,000マニアックス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Love Among the Ruins
  • +
  • In My Tribe
総額: ¥3,149
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1997/6/17)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Geffen UK
  • 収録時間: 49 分
  • ASIN: B000000OVT
  • EAN: 0720642500927
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 312,101位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:01
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
3:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
4:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
4:13
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
3:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
4:05
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
3:07
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
4:08
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
4:58
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
4:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
12
30
3:53
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

10,000 Maniacs - Love Among The Ruins - Cd

Amazonレビュー

Every song here sports the customised blend of sprightly guitars and warm-bath keyboards that marked this band's salad days. But Mary Ramsay is no Natalie Merchant, and her bland delivery ensures that these dozen tunes sound more or less identical, even if their ho-hum cover of Roxy Music's "More Than This" was a big US radio hit. --Jeff Bateman


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
 このアルバムは、悪くはないですよ。最近、以前から持っていたアルバム『Our Time in Eden』を、出してきて聴いていたら、もっと彼らの曲を聴きたくなって、このアルバムを探し当てたんですけど、私は気に入りましたね。
 バックの演奏は、前からの延長線上にありながら、よりポップで落ち着いたサウンドプロダクションがなされています。個性的なクオリティーは、その分少し後退してしまいましたが、逆に音楽に広がりが出たと言えるでしょう。CD NOWのカスタマレビューにも書いてありましたが、以前からのマニアックスのファンには、同じグループ名の下に、このアルバムが発表されたことが、不運なのかもしれません。
 新しい女性ボーカル(兼ヴァイオリニスト)Mary Ramseyは、しなやかで伸び伸びと歌っており、決して通俗的な歌い手ではありません。彼女の声には、やさしい包容力があり、このアルバムのサウンドに、とても合っています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ナタリー・マーチャント脱退後、メロディメーカーのジョン・ロンバルドがバンドに復帰し、中心的な役割を担った作品。
ボーカルは、メアリ・ラムゼイがつとめた。
それまでジョンとメアリはフォークデュオ"John and Mary"として活動していた。
ジョンの親しみやすいメロディーとメアリの素直で平明な歌詞、朗らかで美しいボーカルは"John and Mary"そのもの。"John and Mary"ファン的には最高の作品。
バンド的には、ナタリー時代の前作「Our Time In Eden」のポップでセンチメンタルなサウンドを踏襲。
メアリのバイオリン/ビオラの出番が増えたくらいで、特に新しい印象はない。
シングル「More Than This」がヒットした。
ジョンとメアリは2002年にバンドを離れて、"John and Mary"を再開した。
Pinwheel Galaxy
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
97年発表。ジョン&メリーの1stが死ぬほど好きで毎年秋から春までの愛聴盤になっている。2ndは今一つだな・・・と思っていたらどうやらマニアクスへの参加が決まっていたのが原因だったようだ。ジョンはマニアクスのオリジナル・メンバーであり、中心人物のナタリーの脱退後、沈没しかかっていたマニアクスにメリーと共に参加したのだった。グループそのものもそれで心機一転したようで、このアルバムには概ね名曲しか収録されていない極上の作品となった。もちろん私の宝物の一つであり、毎年ジョン&メリーの作品同様に何度も何度聴き続けている作品である。メリーのヴォーカルとビオラはデュオ時代にあった憂いのようなものがなくなり延び延びと力強く響いている。1.のブレイク・ビーツには一瞬ビックリするもののすぐにアイリッシュっぽい弦が絡んできて一安心。あとは夢の世界に浸るだけ・・・。アイリッシュ・ポップ的な雰囲気のある、いわゆるネオアコ系に含まれるグループなのかもしれないが、それら一群とは一線を画すグループである。ビューティフル・サウスやプリファヴ・スプラウトのファンならストライクでしょう。ちなみに7.はロキシーのカヴァー。意表を突いたカヴァーだが、素晴しすぎる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
USバンド、1997年作、読み方は「テン・サウザンド・マニアックス」
10,000マニアックスは良くも悪くもナタリー・マーチャントのバンドだったので
存在感バツグンのナタリーのヴォーカルから
軽やかに歌うメアリー・ラムゼイのヴォーカルに変わり、
まったくバンドの色彩が変わってしまった作品。
ナタリー時代にあった「凄み」は消え、すべてが「軽い」です。
うーん、どこをどう聴いてもイマイチな作品にしか聴こえません。
しかし、これは「ナタリーのいない10,000マニアックス」というくくりでの話。
もしこのアルバムが「10,000マニアックス」名義ではなく
「ジョン&マリー」の3rdとして世に出ていたらどうだったのだろう?
と、ひとり思う私なのでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック