この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Lost Direction Limited Edition

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 850より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 渋さ知らズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2005/10/30)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: 地底レコード
  • ASIN: B000BKTDGQ
  • JAN: 4562158230389
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 455,097位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
 私は殆どジャズを聴かない。特に前衛的といわれるジャズは聴かない。普段は所謂ロック、ポップスばかりを聴いている。しかし、渋さ知らズのファンである。それはどんなジャンルの音楽でも取り込んでしまう音楽性と、ダンドリスト(リーダー?)の書く疾走感のあるメロディーにあるのだと思う。私は、彼らの音楽をロックとして聴いてきた。

 この作品は、今から3年前にドイツのメールスミュージックのために録音してあった、ヨーロッパのファンとマーケット向けの音源がドイツでCD化されたことを記念し発売された日本盤である。演奏された曲は、火男、行方知らズ、ナーダムとエージャナイカ以外は他のCDでも聴くことのできるおなじみのものである。

 録音メンバーは12名。今は渋さから離れていると思われる渋谷毅もオルガンで参加、ダンドリスト不破大輔も本業?のベースを弾いている。

 彼らは世界3大ジャズ祭といわれているドイツのメールス音楽祭に4度招待されている。そしてトリも努めている。彼らの音楽は、ヨーロッパでは完全にジャズバンドとして認識されているに違いない。 

 それを意識したのだろう、この作品での渋さ知らズはインプロビゼーションを聴かせる12名のジャズバンドである。そして、彼らを評するには否定的な表現なのかもしれないが、インプロを繰り返
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 渋さ知らズはジャズベーシスト不破大輔が1989年8月に結成したメンバーが流動的な大規模編成の前衛ジャズ系のビッグ・バンドで、「渋さ」とも呼ばれているバンドです。で、このアルバムは2002年4月16日のライブ録音になります。気持ち悪い?ボディ・ペインティングを施された中年男性がバラ持つジャケからも予想されるとおり、大変個性的な演奏内容です。

 このバンド、比較的シンプルなリズムに乗せて比較的シンプルでやや日本的なメロディを反復するというスタイルのインストをやってます。フレーズの繰り返しの中で即興的に混沌とした音楽世界を拡大していく様が聴き物です。強力なエネルギーを放射する非常に野性味溢れる音楽で、海外でも随分評価が高いようです。

 残念ながらライブをまだ観たことがないのですが、ダンサー・チーム「乳房知らズ」や舞台美術家などもかかわるなど総合舞台芸術的な活動をしており、ライブが本領発揮の場だとのことです。巨大なオブジェが出てきたり、金ピカのダンサーやミイラ男が出てきたりするそうですし、ステージでの火薬類の使用のため出入り禁止となった会場も多々あると言いますから、オトと同様に派手なステージなのでしょう。   

 ということで、こうしたライブ・アルバムがどこまでこのバンドの「楽しさ」が伝えているのか甚だ疑問です。基本的には
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す