Lookaftering がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ディスクユニオン町田店からの出品です。盤面にキズがありますが再生には影響ございません。ゆうメールでの発送です。追跡番号はございません。お届けまで4日前後かかります(但し既定のサイズを越える場合は佐川急便宅配便を使用致します)。店頭でも販売しておりますので、品切れの際は迅速に全額ご返金させていただきます。何卒ご了承くださいませ。 [48V]
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,923
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,200MP3アルバムを購入

Lookaftering Import

5つ星のうち 4.9 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
この商品の特別キャンペーン CDと楽器・オーディオ機器 まとめ買いで1,500円OFF 1 件

残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,554より 中古品の出品:9¥ 1,005より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ヴァシュティ・バニアン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Lookaftering
  • +
  • Just Another Diamond Day
  • +
  • Heartleap[解説・歌詞対訳つき/ボーナストラック1曲のDLコードつき]
総額: ¥5,930
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/10/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Dicristina Stair
  • ASIN: B000B5S826
  • JAN: 0655035400624
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 59,715位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
2:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
3:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
3:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
3:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
4:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
7
30
2:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
8
30
3:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
9
30
2:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
10
30
4:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
11
30
4:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

内容紹介

It's not often you come across an artist you can genuinely refer to as a "cult legend," but Vashti Bunyan is truly that. A full thirty-five years after her only previous album, the singer returns with a new solo work, her first in all these years, and it is a breathtakingly beautiful album.

Produced by fellow Edinburgh resident Max Richter (who has a wonderful solo album of his own, Blue Notebooks), and co-arranged with Bunyan, it's a rich, beautifully arranged and stirring album. Developing gradually and organically -- with work initially taking place between Richter and Bunyan's homes, and then at various studios in Edinburgh, London and Glasgow -- Lookaftering is anchored around Bunyan's voice and picked acoustic guitar, Richter's piano playing and arranging. Its instrumentation includes a string quartet, oboe, harp, French horn, and recorder, flute, hammer dulcimer, glasses, harmonium, and Rhodes piano, and it features contributions from Joanna Newsom, Devendra Banhart, Adem, Adam Pierce (Mice Parade), Robert Kirby (Nick Drake), Otto Hauser and Kevin Barker (Espers, Currituck County)

As well as a neat balance between gentle, sparse songs and heavier, more orchestrated numbers, there is a beautiful play between the lush instrumental arrangements and the incredibly intimate, in-your-ear presence of Bunyan's voice. There's a real honesty to the album -- from the fragile intimacy of the vocal itself to the stories that it weaves. Just as JADD was a very pure document of a journey, Lookaftering is similarly based on stories taken directly from lived experience (the death of a brother; the joys and fears of motherhood; the tension between freedom and commitment; and travel versus domesticity). There's also a great integrity forged from the cohesiveness between lyrical content and musical form (the gentle rolling and pitching of the melodies on "Same But Different"; the vocal roundelay on "Here Before"; the ice-shiver of dulcimer on "Turning Backs"). The album title itself, a personal neologism that describes the role of "taking care of someone -- human or animal -- or even something that needs to be done, that needs lookaftering."

Amazonレビュー

完全な"カルト的伝説"と形容できるアーティストに出会うことはめったにないが、ヴァシュティ・バニアンは正真正銘、その形容にあてはまる。ただ1枚のアルバムから丸々30年を歳月を経て、彼女は初のソロとなるアルバムをひっさげて戻ってきた。そしてこれが、息を呑むほど見事なアルバムだ。プロデュースを手がけ、さらにバニアンと共同でアレンジを手がけたのは同郷エディンバラの住民、マックス・リッチャー(自身も『Blue Notebooks』というすばらしいソロ・アルバムがある)。豊かで美しいアレンジであり、興奮させるアルバムに仕上がっている。まずはリッチャーとバニアンの家で生まれ、続いてエディンバラ、ロンドン、グラスゴーのスタジオで徐々に有機的に発展させた『Lookaftering』は、バニアンの声、つまびかれるアコースティック・ギター、リッチャーのピアノとアレンジでしっかりとまとまった。楽器編成はストリング・カルテット、オーボエ、ハープ、フレンチ・ホルン、リコーダー、フルート、ダルシマー、ミュージカル・グラス、ハルモニウム、ローズ・ピアノ。ゲスト参加はジョアンナ・ニューサム、デヴェンドラ・ドンハート、アーデム、アダム・ピアス(マイス・パレード)、ロバート・カービー(ニック・ドレイク)、オットー・ハウザー、ケヴィン・バーカー(エスパーズ、カタリック・カウンティ)。たおやかで広がりのある曲と、重厚な編成にしたナンバーとのバランスがきっちりとれているし、瑞々しい楽器のアレンジとごく身近の耳元で囁いているようなバニアンの声とが美しい相乗効果をあげている。そして、ヴォーカルそのものに潜む繊細な親密さから、その声が織りなす物語にまで、このアルバムには本物の誠実さがある。前作『Just Another Diamond Day』が実に純粋な旅路の記録だったように、『Lookaftering』も同じように生活の体験から直接得た題材(兄の死、母としての喜びと怖れ、自由と束縛に揺れる緊張、旅と家庭の対比)に基づいている。歌詞の内容と音楽の形態(「Same But Different」におけるメロディの優しい強弱、「Here Before」のヴォーカルの輪舞、「Turning Backs」での氷のように響くダルシマー)とがしっかり結びついたことによって、見事なまでの完全性が生じてもいる。アルバムのタイトル自体も、個人的な造語であり、"人でも動物でも、あるいは何かやるべきこと、面倒を見る必要のあることを、世話すること"の意味だ。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
The Eternal Children と題されたドキュメンタリーフィルム(Youtubeで見ることができます)で、「私は61歳の女だけどまるで児童合唱団の男の子のように歌う」とバニアンは言います。音楽を一度あきらめて2児を育て上げ(画家である娘さんの絵がカバーデザインに使われています。バニアン自身も美術学校中退。)それでも不思議と歳をとらない。無理して若くあろうとしているわけでもないし、たぶんこういう人にとっては、時間の長さというのはあまり意味が無いのではないかと思います。このアルバムにも、前作と同様の、時を超えた美しさがあります。そしてこの作品はより協力者に恵まれています。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ムントリ 投稿日 2005/11/25
形式: CD
英の伝説的な女性シンガー、ヴァシュティ・バニアンの35年ぶりのニュー・アルバムです!

私はこのアーティストのアルバムを初めて聴きますが、少女の声にも老婆の声にも聞こえるとらえどころのない、

儚い歌声にただただ聴き入ってしまいました。

今の流行りの音楽とはかなり外れたところにあると思いますが、

時代を超えて愛されるであろう美しさに満ちたアルバムです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 わだんら トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/4/8
形式: CD
 Vashti Bunyanは、その昔、ドノヴァンとも交流があり、さすらいのフォーク・ミュージシャンだった女性。唯一のアルバム「ジャスト・アナザー・ダイアモンド・デイ」は、本当に天使のつぶやきのような透き通った静かな歌声が聴ける超名盤。が、彼女自身は、この一枚でさすらいの生活に中心をおき、音楽活動から引退する。

 そのアルバムがCD化され話題になったりしたこともあり、今回、満を持して発表されたのがこのセカンド。

 透き通った歌声は健在であり、本当に心が和みます。疲れたときに聴くと本当に静かに深く癒されます。

 このセカンドを聴いて気に入ったと言う方には是非とも上述のファーストをお勧めします。透明度は、あるいはファーストの方が上かも知れません。とにかく最高の音楽です!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TDM900 VINE メンバー 投稿日 2010/8/28
形式: CD Amazonで購入
皆さんの絶賛レビューを見て初めて聴きました。
いや、聴かせて頂きましたの方が
この奇跡のような女性アーティストに対して適切かもしれない。

どの曲もひたすら美しいが、とりわけ7曲目の“If I Were”は
ハープの音色が「チューブラー・ベルズ」の後半部を連想させられ
印象的だ。

もし自分の死に際に幸いにも音楽に接していられるなら
この作品で穏やかに旅立てる気がする・・・

売れ筋嗜好だったり、オリジナリティより歌唱力だったり
良い音楽=メロディの良さだったり、好きなジャンル以外否定的だったり
のような人は聴かない方がいい。
盛り上がりなど何もない、こんなささやくような歌声は退屈なだけだ。

感受性と想像力が豊かで、安らぎを求める人なら
必ず受け入れられる作品だと思う・・・。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
まるで子守唄のようにやさしく囁く歌声と、あたたかくやわらかい音色。
聴いているとなぜだか、日々を丁寧に生きたくなるような、そんな気持ちになる。
つまらないと思っていた繰り返す日常が、愛すべきもののように思えてくる。

英語に堪能ではないので、歌詞の意味はわからない。
でもVashti Bunyanの歌からは、彼女の思いが確かに伝わってくる。
声高に唱えたりなんかしなくても、それは伝わるものなのだ。

「癒し」なんて言葉で簡単に括りたくない、心のもっと深いところに静かに響く音楽。
掛け値なしにうつくしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1970年にたった1枚のアルバム_Just Another Diamond Day_をのこして音楽の表舞台から消えてしまった伝説の女性ミュージシャンが、なんと35年ぶりに出したセカンド・アルバム。すっかり音楽から縁を切って普通の生活をしていたところ、インターネット・オークションで自分の唯一のアルバムが異常な高値で取引されているのに驚いて、長年廃盤のままだったそのアルバムを再発することにしたのに続き、アニマル・コレクティヴやデヴェンドラ・バンハートなどの若手ミュージシャンたちからリスペクトされての彼らとの共演を経て、このセカンド・アルバムが誕生したということだ。音楽的には、相変わらずアコースティック・ギターと彼女の歌(一般的な意味では歌がうまいとは言いがたいがなんとも味わい深い歌唱)が前面に出ている。_Just Another Diamond Day_同様激しい曲は皆無だが、サウンドは微妙に現代風になっている(あくまで「微妙に」だが)。前作を淡い水彩画にたとえるとするならば、こちらは繊細なタッチで描かれた油絵の趣といえるかもしれない。前作中の“Jog Along Bess”のような楽しげな曲はなく、しみじみとした曲が並ぶので、下手をすると単調で退屈ということになりかねないが、このヴァシュティ・バニヤンの世界に一度引き込まれてしまうと、そのまま自分の気分もそれに同調してしみじみと最後まで聴いてしまう。前作を聴いて気に入った人なら、きっとこれも気に入るだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告