London Calling がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,165
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

London Calling Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.7 91件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 996 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:22¥ 605より 中古品の出品:14¥ 353より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・クラッシュ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • London Calling
  • +
  • Clash
  • +
  • NEVER MIND THE BOLLOCKS
総額: ¥2,956
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2000/1/27)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered, Import
  • レーベル: Sony
  • ASIN: B00004BZ0N
  • JAN: 9399700070729
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 91件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 24,394位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
2
30
2:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
3
30
3:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
4
30
2:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
5
30
3:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
6
30
3:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
7
30
3:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
8
30
3:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
9
30
3:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
10
30
3:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
11
30
3:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
12
30
3:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
13
30
1:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
14
30
3:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
15
30
4:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
16
30
2:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
17
30
3:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
18
30
5:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
19
30
3:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 

商品の説明

Amazonレビュー

Bursting at the seams with creative energy, the Clash's stunning 1979 double album more than made up for the artistic and commercial disappointment of its predecessor, 1978's tried-too-hard Give 'Em Enough Rope. With ex-Mott the Hoople producer Guy Stevens harnessing their sound as never before, the band yielded what proved to be the best work of their career. Bouncing from hard rock (the apocalyptic vision of the title track) to rockabilly ("Brand New Cadillac") to reggae ("Rudy Can't Fail") to pop (the Top 40 hit "Train in Vain"), the Clash knocked down all musical walls and, in the process, ended the argument over punk's viability in the U.S. --Billy Altman


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
たぶんこの2CD+1DVDをチェックされている人のほとんどはオリジナルアルバムのロンドンコーリングが素晴らしいアルバムであることに異論はないであろう(もちろん星5つ)。とするとやはり注目は2枚目の通称ヴァニラテープなる未発表リハーサル音源とDVDの出来だ。リハの音質はうーん、いまいち。もう少しクオリティのいいものかと想像していただけに残念。オリジナルアルバムを聴き込んだ人ならところどころ歌詞やアレンジが違っていたり、カバー曲もあったりして聴き所は多くあり(やはりトッパーのドラムはタイトでカッコイイ!)貴重な事に間違いはないが、音質のみならず音量レベルも一定でなく非常に荒い印象。所詮アウトテイクではなくリハーサルという事だろうか。これを聴いた人がオリジナルアルバムの素晴らしさをも割り引いてしまわないか心配になる。DVDは基本的に「WESTWAY TO THE WORLD」というドキュメンタリーDVDを踏襲した作り。貴重な映像、インタビュー、プロモクリップで構成されておりボーナスDVDとしては言うことのない内容だ。英語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語の字幕付き。それにしてもプロデューサーのガイスティーブンスがこんなにイっちゃってる人だとは…。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
パンクに興味を持ったからではなく、クラッシュに興味を持ったら必ず聴いた方ががいい。
こんなパンクアルバムもあるんです(笑)
でも、歴史的名盤であることも事実。本当に音楽の才能があったんだね~、この人ら。
飽きっぽい私が25年間聴いていても飽きないし、25年後でさえ新たな発見があるアルバムなんて、中々巡り会えないもんだよ。大事にしよう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1970年代後半、ロンドンを起点に世界的なパンクムーブメントイが吹き荒れた。その中心にいたのはセックス・ピストルであり、ジェネレーションX,ジャムといったアナーキズムを信望し、退廃と厭世感で自らを武装しながら、無駄なものをそぎ落とした3コードロックを前面に、音楽というよりむしろ主義のスタイルに軸足を置いた存在のバンドたちだった。その中で表面的なスタイルは同類でありながら、真のロッカーへの脱皮をしっかりと見据え、着実に進化を刻んでいたのがクラッシュだった。ジョーストラマーとミック・ジョーンズという才気溢れる二人が、ファンや批評家たちからパンカーになりきれない青臭いロッカーと揶揄されながら、また多くのジレンマを抱えながら目指した音楽が、このアルバムで見事に決実したのだった。彼らのルーツでありバックウランドとしてきたロカビリーやR&B、レゲェの成分が二人のグルーヴと見事に融合し、他のパンクバンドでは決して味わうことのできない、実に透き通ったサウンドとなって全編に冴えまくる。 全世界で大ヒットした彼らの象徴でもある「ロンドンコーリング」、ロカビリーいっぱいの「ブラン・ニュー・キャデラック」軽快なR&B「WRONG ‘EM BOYO」から「Death or Glory」「The Card Cheat」に続く流れはようやく確立した彼らの音楽の普遍性を世界に知らしめたものであり、後のU2,レディオ・ヘッド、ニルバーナやベック等へ続く系譜の原点となる作品といっても過言ではない。

[...]
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1975年11月ロンドン、ハマースミス・オデオンにて、
ブルース・スプリングスティーン&ザ・Eストリートバンドのライブが行われ、
そこにジョー・ストラマーが観に来ていた。
彼はそのブルースのステージングにパンクの要素を見ていたのだ。
そして翌年にクラッシュを結成し、世界にパンクムーブメントを巻き起こした。
通算3枚目のアルバムであるこの「ロンドン・コーリング」は、
パンクを基礎としながらも、ホーンセクションやキーボードなどを今作から取り入れ、
色んなジャンルの音楽を試している。
ロンドン・コーリング、新型キャデラック、スペイン戦争、ロスト・イン・ザ・スーパーマーケット、クランプタウン、
死か栄光か、いかさまカード師、アイム・ノット・ダウンなど挙げたら限がないくらいにグッド・ソングが占めている。
それくらいに男心を満たすアルバムである「ロンドン・コーリング」は、
一生聴いても飽きないアルバムだと言えよう。

02年に夭折したジョー・ストラマー。
03年のグラミー賞では、
ブルース・スプリングスティーン、エルビス・コステロ、スティーブ・ヴァン・ザント、デイヴ・グロールが
ロンドン・コーリングを熱唱し、ジョーに捧げている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー