Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296
(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[副島 隆彦]のLock Her Up ! ロック ハー アップ ヒラリーを逮捕、投獄せよ
Kindle App Ad

Lock Her Up ! ロック ハー アップ ヒラリーを逮捕、投獄せよ Kindle版

5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296

紙の本の長さ: 221ページ

商品の説明

内容紹介

「彼女(ヒラリー)を投獄せよ!(Lock Her Up!)」と言う言葉は、2016年7月の共和党全国大会で参加者たち(=民衆)から巻き起こった言葉である。ヒラリーが国務長官時代に犯した「犯罪」とは何なのか? 現地の膨大な資料を読み解き、日本ではまったく報道されない真実を暴く。そして、先へ先へと近未来を予測、予言する「副島節」が炸裂! 11・8の米大統領選前はもちろん、その後もアメリカ最新情勢を知る必読の一冊だ。

内容(「BOOK」データベースより)

ヒラリーがIS「イスラム国」を作った恐怖の国家機密がメール問題で暴かれていく―。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 20206 KB
  • 紙の本の長さ: 132 ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/10/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M7WR0DP
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 48,762位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は、著者が予言者というより、アメリカの研究者として、アメリカ「大統領選挙の本質」を理解していると思います。米国に特別な情報網を持っているのか?どうか?は別にして、前のトランプ本⑴『トランプ大統領とアメリカの真実』の中身をも、読まなければ、⑵『ヒラリーを逮捕、投獄せよ。』を、深くは理解できません。
⑴では、第一にトランプ氏が、デービットRFの手下のキッシンジャー氏に訪問して会見した事実からトランプ大統領が決まったと主張しています。
アメリカの政治力学を当然理解しています。
勿論、アメリカの現在のワシントン、ニューヨークのグローバリズムの世界支配層と、国内のリバタリアン、アメリカファーストと言う土着の文化との対立する関係について、また、アメリカ社会の本音のタブーを日本人は、アメリカこそ民主主義国家だと考えている限り、全く理解できない民族かも知れません。70年の平和で、経済的に平等だった戦後の日本の教育環境では、『アメリカの真実の歴史を」正しく日本人は理解しては来なかったと思います。属国ゆえの、日本文化に対する緩やかな侵略かも知れません。
⑵の本『ヒラリーを逮捕、投獄せよ』は、⑴の本のヒラリーのメール問題の事実の列挙をしています。ヒラリーの選挙運動と、同じ民主党のバニーサンダースの集会でも、デレゲイツ議員が、「ヒラリーを刑務所送りにしろ!」と言う
...続きを読む ›
1 コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私用メールを使った事が何故そんなに問題
なのか、よく分かります。米国が中東でやった事
が露呈するリスクの為だったとは。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
いつまで日本のマスコミは著者を無視するのか?11/8の選挙の二日前の今日であっても真っ当な報道をしないのか?一体いつまで東京オリンピック会場や豊洲市場の手近な報道をダラダラと続けるのか?米国在住とか言う事を売りにする偏向ジャーナリストの日本語の記事じゃあ世間はもう満足しない。今のFox Newsを始めとする目覚めた一部米国メディアを日本語に翻訳して記事やテレビで出せばよっぽどコストもかからないし視聴率や発行部数も伸びるだろうに。私達一般人、そう、マスコミで働いている人達の99%以上の一般人を含め、本当にアメリカで起こっていることを知る事から全ては始まる。米国のFox意外のメジャー局の偏向報道をそのまま垂れ流しにしてトランプになったらどうやって弁明するのか?選挙の結果がでる前の今、是非世間の報道とのギャップを知って欲しい本です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
書店で並ぶトランプ本の中でもひときわ
目立つ装丁の通りの中身、内容です。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
すでに他のレビューでは、副島氏の「予言」が当たるか外れるかなんやかんやと騒いでるようだ。もうこの時点で、著者の掌で踊らされているのに。「予言」の英訳に、「predict」を充てていることで分かれよ。「Prophecy」でなくて。

 ヒラリーは大統領になっても、サンダース支持者に嫌われているから、どうせ大統領弾劾までいくのだ。ビルのセックススキャンダルは弾劾を免れたが、さて今度はどうなるか。

 日本人は「Private」の持つ意味合いについて、鈍感すぎるのだ。たとえば、日本人にはすっかりお馴染みになったコトバに「民営化」というものがある。国鉄民営化、郵政民営化。で、この「民営化」は、英語で「Privatization」という。さらに、この英語の意味するのは、「私有化」だ。私する、ということだ。オーナーがいる、ということだ。…………分かりますか。ヒラリーが、国務長官に在るとき、国家機密に属する内容を、「私的」なメールでやりとりした、という事態が、いかに重大深刻な事態か、ということを。

 本書で触れられているように、リビア・ベンガジ事件に端を発する中東の混乱に、ヒラリーの「私的」なメールがかかわっている、としたら、リビアで暴れたような忍者部隊(CIAの組んだ特殊戦闘部隊)を、まさしく私兵として動かした、ということになる。今
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 est 投稿日 2016/10/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
他国の大統領を暗殺し、ISIL に資金提供するヒラリー。
経済界とマスコミを味方にしつつもアメリカでは嘘つき呼ばわり。
どこまで騙せるかが今度の選挙で決します。
色々と参考になる本です。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 駒形の新梧 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/12/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
ビル・クリントンが米国大統領在任中から中共とかなり懇意にしている事や、クリントン財団には中共からの多額の資金援助が為されたという疑惑等から、私は大統領予備選終了後から、ヒラリー・クリントン女史(以下「ヒラリー」と略)よりもドナルド・トランプ氏(以下「トランプ」と略)が勝つ事を願っていた。
11月8日の大統領選挙はワクワクしてテレビ画面に釘付けだったが、トランプ勝利の瞬間は、思わず歓声を挙げたのだった。マスコミやセレブ、知識人共が結果に慌てふためく様を見るのは、まさしく痛快であった。
本書は、トランプ勝利の要因の一つとなった、ヒラリーの国務長官時代におけるメール問題について、トランプの「ISはオバマ(大統領)とヒラリーが創った」という発言を手掛かりに、メール問題とそこに隠されたヒラリーらの恐るべき陰謀・裏工作の数々を解説したものである。
私は陰謀論めいた話は基本的には好きではないが、リビアのカダフィ政権の崩壊/ベンガジ事件/突然のISの出現といった一連の流れはやはり不自然で作為的であり、その期間に国務長官だったヒラリーの関与については、疑うに十分だと思われた。
また、敵対者/側近を問わず、クリントン夫妻の周辺で相次いだ不審死も、ヒラリーの血腥さの一環であり、彼女に対する嫌悪感を益々強めさせた。
その反面、所謂「暴言」の裏にあるトランプ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す