Living Things がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
カートに入れる
¥ 980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 1,037
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: KAGA-YA
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

Living Things CD, Import

5つ星のうち 4.2 109件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 980 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、world shopが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の リンキン・パーク ストア

ミュージック

リンキン・パークのアルバムの画像
リンキン・パークのAmazonアーティストストア
67 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Living Things
  • +
  • The Hunting Party
  • +
  • Hybrid Theory
総額: ¥3,742
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/6/19)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Warner Bros / Wea
  • ASIN: B007UQ5Z1G
  • EAN: 0093624950486
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 109件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 6,315位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
3:20
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
3:50
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
2:26
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
3:31
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
3:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
1:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
3:49
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
2:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
3:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
1:11
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
12
30
3:44
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
リンキンパークは1stの「ハイブリッドセオリー」から聞いてきた。
当時はラップとロックを合わせたミクスチャーロック群雄割拠の時代だった。
そこからあるバンドはシーンから消え、あるバンドは方向性を変え独自の音楽を追及することで、
オリジナルのサウンドを模索してきた。
 結論から言うと、この過去のリンキンパークの衝撃のデビューのころを知っている私としても、
この作品は「あり」である。むしろ期待以上であった。
宣伝文句にもある、「新たなハイブリッドセオリー」という言葉が似合う。
一時期はかつての切れ味のあるラップもシャウトも控えめになり、多くの古参ファンを落胆させたのも記憶に新しい。
だが、今回はシャウト、ラップも復活。かつてのミクスチャーサウンドと3rd、4thにかけて実験的に行われてきた
デジタルサウンドと上手く合わさり、全く新たなオルタナティブロックとして昇華されている。
これはまさに「進化」と捉えるべきだろう。こんな何層にも重なった、完成度の高い音楽を聞かせてくれる
バンドはそうそうないのではないだろうか。
同時にリンキンパークの新たな決意もこのアルバムで伺うことができた。かつての1st、2ndの
ようなサウンドを求めている人、残念ながらもう2度とあの
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
賛否両論、日本では「否」が多かった印象の前作、「Thousand Suns」から約一年半ぶりの新作。

帯やプレスの前評判では原点回帰との記載が目立ったが、そんな事は無い。
たしかに前作よりギターやビートは激しいが、初期二作のアグレッションとはまったくの別物。
ちょうど「Minutes to Midnight」にエレクトロニカ、ダブの要素を多分に含ませた印象だ。
なので初期二作こそがリンキンだ!と思っている方には、本作はその期待に添えないだろう。
「meteora」以降の作品では確実に一番うるさく楽器は鳴っている。だけど決してアグレッシブでは無い。
美しいメロディーを引き立てる為に楽器が鳴っているという感じで、オルタナ・グランジの方法論に近いと思う。
なので「Minutes to Midnight」が好きな方には、本作は大当たりな作品だと断言できる。

今作は前作で実験的に取り入れていた電子音と、
リンキンの持つ琴線を刺激するエモーショナルなメロディーの融合がここで完成されている。
アメリカのバンドとは思えない、このバンドの持つメロディアスな面がここに来て
一気に開花し新たなスタイルを確立したとさえ思える。特にラストの「POWERLESS」は非常に美しく
...続きを読む ›
2 コメント 184人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
多くの人と同じく「Hybrid Theory」から聴き始めました。1st、2ndは誰もが認める傑作だと思いますが、3rdでは方向が変わり、4thはさらに意外なものでした。そこで離れて行ったファンが多かったのもわかるぐらいに。

ですが個人的には、3rdの「Given Up」「Bleed It Out」などの従来路線の曲はもちろん、「Leave Out All The Rest」「Shadow Of The Day」「All Things Give You Away」などのそれまでとは違った路線の曲も大好きでした。しんみりしたいときは夕陽を見ながら聴いて、泣きそうになったりしました(笑)。4thのエレクトロ満載の音楽も、驚きはしましたがそこにあるのは間違いなくリンキンのメロディーであり、リンキンの世界でした。なので3rd、4thも素直に良いと思えました。ですが、やっぱり昔ながらのリンキン炸裂の曲が恋しかったのも事実です。

そして5枚目となる今作。1曲目の「Lost In The Echo」で完全にやられました。皆さん仰る通り、1st〜4thの音が見事に融合していました。素晴らしいメロディー、何層にも積み重ねられた演奏。エレクトロニックな音の中にかつてのシャウトやラップといったスタイルが織り込まれ、激しさや哀しさが共存しています。まさに真骨頂で
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
3rdアルバム以降大きく音楽性を変えてしまったリンキンパークですが、今回のアルバムはどうやら3rdアルバム以降探し求めてた音の「答え」のようです。

原点回帰がテーマのアルバムだと聞いていましたが、ある意味では原点回帰なのかな?と聴きまくった末思いました。

というのも、今回のアルバムのサウンドの主体は「エレクトロ」なサウンド。
つまり、電子音です。

その電子音を究極的にヘビーにしちまった曲が勢ぞろいなわけです

HybridTheoryやMeteoraが、ヘビーなギターサウンド、チェスターのシャウト、マイクのラップを主体としたならば、今回のアルバムはヘビーな電子音、チェスターのシャウト、マイクのラップが曲全体の雰囲気を決めているものだと思います。

表面上は別ジャンルに聴こえても、かつて鳴らしてたヘビーなサウンドが確かにこのアルバムにあると僕は感じました。

もはやHybrid TheoryやMeteoraと比べても音楽的には劣らない作品だと思いますよ。

ちなみにイコライザ等で、重低音を強めに設定して聴くと、最高に気持ちよく聞けますよ!
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック