新品の出品:1¥ 3,766より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Little Women [VHS] [Import]

5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 3,766より


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。


登録情報

  • 出演: Susan Sarandon, Winona Ryder, Kirsten Dunst, Claire Danes, Gabriel Byrne
  • 監督: Gillian Armstrong
  • 脚本: Robin Swicord, Louisa May Alcott
  • 製作者: Denise Di Novi, Robin Swicord, Warren Carr
  • 形式: Closed-captioned, Color, Dolby, Import
  • 言語: 英語
  • テープ数:: 1
  • 販売元: Columbia/Tristar Studios
  • VHS発売日: 1997/08/22
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー
  • ASIN: 6303678645
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

The flaws are easily forgiven in this beautiful version of Louisa May Alcott's novel. A stirring look at life in New England during the Civil War, Little Women is a triumph for all involved. We follow one family as they split into the world, ending up with the most independent, the outspoken Jo (Winona Ryder). This time around, the dramatics and conclusions fall into place a little too well, instead of finding life's little accidents along the way. Everyone now looks a bit too cute and oh, so nice. As the matron, Marmee, Susan Sarandon kicks the film into a modern tone, creating a movie alive with a great feminine sprit. Kirsten Dunst (Interview with the Vampire) has another showy role. The young ensemble cast cannot be faulted, with Ryder beginning the movie in a role akin to light comedy and crescendoing to a triumphant end worthy of an Oscar. --Doug Thomas

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
この作品は、かの有名なオルコットの『若草物語』を映画化したものです。

メグ、ジョー、ベス、エイミーの四姉妹の成長を描いた作品です。

誰がこの4人を演じるのかによって、
作品の出来がすごい変わるでしょう。

ちなみに私は、

メグ役の女優さんはピッタリだと思いました。
ジョー役のウィノナ・ライダーは、ジョーの役をやるにしては、
ちょっと可憐過ぎたような気がしなくもないです。
ベス役のクレア・デインズは可もなく、不可もなく、といった感じです。

そしてエイミー役のキルスティン・ダンスト!
私は彼女があまりステキだと感じたことがなかったのですが、
今回、彼女の子役時代の様子をはじめて見て、
なんてはつらつとしていて可愛らしいんだろう、と思いました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
母親役にスーザン・サランドン、ジョー役にウィノナ・ライダー、ベス役にクレア・デーンズ、エイミー役にキルスティン・ダンストなど、四姉妹のいるマーチ家をはじめ、隣人のローリー(クリスチャン・ベール)やベア先生(ガブリエル・バーン)、メグの婚約者(エリック・ストルツ)などの脇役までも豪華なキャストが揃っていることに驚きました。アニメ『愛の若草物語』を観ていたせいか、ジョーはもっとガサツでも良かったと思うし、ベス役のクレア・デーンズは病弱に見えない。ヒロインはあくまでもジョーであって、他の姉妹達は引き立て役という感じ、・・・とか文句を言いながらも感動してしまうのは、原作を手堅くキッチリとまとめてあるからだと思います。

いつも寄り添って助け合うマーチ家の仲睦まじさ。それぞれ成長して恋や夢に向かっていく少女たち。その描き方がやさしくて、あたたかくて、物語の結末を知っているにも関わらず、ホロリときてしまいました。特に自分に自信をなくし、どうしていいのかわからずに葛藤するジョーの姿には説得力があって、お母さんにジョーが諭される場面では、思わず私も号泣してしまいました。古典名作と聞くと何だか古臭いイメージがあるけれど、マーチ家のお母さまが教えてくれる「生きる姿勢」は現代の私たちにも十分通じるものがあります。女の子向けと敬遠されている方にも観てほしいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 waka 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/11/20
形式: DVD
1949年のジューン・アリスン主演の「若草物語」と比較しての感想。

良い点
原作に比較的忠実。エミーがジョーの原稿を燃やして、激怒したジョーがエミーをひっぱたき、翌日エミーを無視してローリーと出掛けたジョーを追いかけたエミーが、氷が割れて池に落ち、ジョーがエミーを救出して仲直りするエピソードや、メグが社交界デビューのパーティーで、気取った金持ち連中に振り回されて嫌な思いをするエピソードや、後半、成長したエミーとローリーのやり取りが描かれている点が良い。1949年版は、エミーとローリーが結ばれる過程が描かれていなかった。
おしゃまな子役のエミーがイメージ通り。また1949年版のローリーは、俳優の年齢が高過ぎる上、存在感がなかったけど、今回は若くて存在感があって良い。
メグ役と母親役もイメージに近い。ベア教授役もこちらの方が私のイメージに近い。

悪い点
ベスの出番が少なく、ベスの心優しさがあまり描かれていない。ベスとローリーの祖父とのエピソードが抜けているのが残念。ベス役とローリーの祖父役は、1949年版の方が断然良い。ベス役は、もっと線の細い儚げな俳優を使ってほしい。
ジョー役も、他のレビュアーが言っているように、ウィノナ・ライダーはちょっと可憐で私のイメージと違う。年齢が高過ぎるという点を
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
母親役にスーザン・サランドン、ジョー役にウィノナ・ライダー、ベス役にクレア・デーンズ、エイミー役にキルスティン・ダンストなど、四姉妹のいるマーチ家をはじめ、隣人のローリー(クリスチャン・ベール)やベア先生(ガブリエル・バーン)、メグの婚約者(エリック・ストルツ)などの脇役までも豪華なキャストが揃っていることに驚きました。アニメ『愛の若草物語』を観ていたせいか、ジョーはもっとガサツでも良かったと思うし、ベス役のクレア・デーンズは病弱に見えない。ヒロインはあくまでもジョーであって、他の姉妹達は引き立て役という感じ、・・・とか文句を言いながらも感動してしまうのは、原作を手堅くキッチリとまとめてあるからだと思います。
いつも寄り添って助け合うマーチ家の仲睦まじさ。それぞれ成長して恋や夢に向かっていく少女たち。その描き方がやさしくて、あたたかくて、物語の結末を知っているにも関わらず、ホロリときてしまいました。特に自分に自信をなくし、どうしていいのかわからずに葛藤するジョーの姿には説得力があって、お母さんにジョーが諭される場面では、思わず私も号泣してしまいました。古典名作と聞くと何だか古臭いイメージがあるけれど、マーチ家のお母さまが教えてくれる「生きる姿勢」は現代の私たちにも十分通じるものがあります。女の子向けと敬遠されている方にも観てほしいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック