Little DJ 小さな恋の物語 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ジャケット傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,128
通常配送無料 詳細
発売元: STAR-SELLER
カートに入れる
¥ 4,128
通常配送無料 詳細
発売元: TherapyHort(シュニコレ)
カートに入れる
¥ 4,128
通常配送無料 詳細
発売元: タイムリー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Little DJ 小さな恋の物語 [DVD]

5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,128 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、◆本・おもちゃの75(ナナハン)◆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • Little DJ 小さな恋の物語 [DVD]
  • +
  • 遠くの空に消えた [DVD]
総額: ¥7,270
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 神木隆之介, 福田麻由子, 広末涼子, 佐藤重幸, 村川絵梨
  • 監督: 永田琴
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2008/04/25
  • 時間: 128 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0014CD2LM
  • JAN: 4527427640283
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 34,249位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

病院で院内放送のDJとなった少年が過ごした6ヶ月の奇跡


【ストーリー】
FMラジオ局のディレクター・たまきは、担当番組の打ち切りが決定し落ち込んでいた。
そんなとき、ラジオから流れてきたある曲で、彼女は自分にラジオの楽しさを教えてくれた少年・太郎のことを思い出す。

1977年、函館。ラジオと野球が大好きな少年・太郎はある日、試合の途中で突然倒れ、入院することに。
採血、点滴、味気ない食事、笑顔の裏に疲れがのぞく母、厳格だったはずがうろたえ出す父。痛くて退屈な入院生活にうんざりする太郎に、先生は治療の一環として院内放送のDJ<ディスクジョッキー>にならないかと提案する。そして、その日からリクエストと一緒に様々な想い、メッセージが届き出す。

太郎は自分の番組を通して送った言葉や音楽が、人々へ届く喜びを体験し、すっかりのめりこんでいく。同時に、次第に病院にとっても太郎の番組「サウンドエクスプレス」はなくてはならないものになっていた。
放送を通じて行き交う想い、様々な人との出会いと別離、父との確執と和解、友情、冒険、そして恋。しかし、太郎に残された時間はあまりに短かった・・・

【特典映像】
●ミュージックチャプター
●メイキング・インタビュー
●東京国際映画祭レッドカーペット&舞台挨拶
●初日舞台挨拶
●予告編集

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『渋谷区円山町』の永田琴監督が、病院の院内放送のDJを務める12歳の少年と患者たちとの交流を描いたノスタルジックな感動作。主演は『遠くの空に消えた』の神木隆之介と『L change the WorLd』の福田麻由子。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

難病に侵されながらもDJとしてラジオ放送を続ける男の子の物語。

神木隆之介、福田麻由子。主演両名の魅力が凄い!少年期という宝石のような煌めきがある時間に生きている人間の魅力を余すところなくフィルムに焼き付けるような作品でした。

自らに残された時間のタイムリミットを感じている主人公が病院抜けだし愛しのあの子と一日デート。命がけで気持ちを伝えようと頑張るがやっぱりウジウジしてしまうという思春期病も併発と「お前命賭けてんだろ!?」とツッコまざるえないところも微笑ましい。予想以上に良い作品でした。

時折見せる二人の大人のような表情にもドキドキ。本当にこの時でしか撮れない作品だよな〜と思います。

また主人公の親たちも良い味出してます。身代わりになってでも救いたい母親と、死にゆく息子を理解しようと努める父親。

命を全うさせてやりたいとラジカセを送るご両親には、子供を失うと静かに腹を括ったような凄味さえ感じ涙を我慢できませんでした。

誰かと死別を経験し、命を全うすることを一度でも考えた方々にはかなり見応えある作品に仕上がっていると思います。

おすすめです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
公開当時から「韓流っぽい」だの「セカチューくさい」だの、まぁいろいろ言われていたようですが、劇場で観たオレは、別にそんなことを思うこともなく、この物語の世界へと素直に入り込むことができました。
いくら言葉をつくしても、この映画の魅力は語りきれない気がします。
ひとつだけ言わせてもらうと、キャンディーズは“反則”だろう、と。
でもそれは、実に素晴らしい“反則”でした。
「DVDが出たら、絶対買おう!」と思わせるほどに。

それはともかく、なんといっても“1977(昭和52)年、中1だった”といえば、それはまさにオレ。
もちろんこの映画の主人公・太郎とは、違うことだらけだったけど(好きだったラジオも、鶴光オールナイトとかで…)、それでもいろんなところが、あの頃のオレといっしょだったんですよ、太郎は。
そんな《普通の男の子》が、いっしょうけんめいに生きようとしたその姿を、どうか観てやってほしいと思います。
きっとあなたの胸に、忘れられない“なにか”を残してくれることでしょう。

パッケージ的には、トールケースの色が普通の黒だったのが残念(なんとなくクリア、それも水色のイメージだったので…)。
映像特典の分量は少ないけれど、それなりに楽しめます(神木君がメインですが、若先生役の佐藤重幸[現・戸次重幸]さんのファンの方も一見の価値あり)。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
セカチューって感じのお涙頂戴の難病物かと思って見始めたのですが、両親役の石黒賢さん西田尚美さん、入院患者役の松重豊さん光石研さんらが見事に脇を固めていて、ストーリーも伏線がしっかりしててとてもよかったです。

主役・ヒロインの神木隆之介くんに福田麻由子さんの演技も抜群に良くて、使い古された設定でも飽きずに最後まで見れるどころか、ものすごく感動させられました。

福田麻由子さん・・・かわいい。
成人した役が広末涼子さんなのが不満なぐらいのかわいさです。

ストーリーだけだと☆3とか4ですが、福田さんの魅力に負けて☆5です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は、小学校高学年から中学生あたりの年齢でしか感じられない恋心、親への反抗、様々なものへの好奇心、それらを受けとめる両親を中心とした周囲の大人たちの感情を丁寧に描いた作品である。良作となったのは脚本の力もあるが、何といっても撮影によるところが大きい。
米国のアカデミー賞外国語部門賞を取った「おくりびと」も山形の四季の美しさをカメラが丁寧にとらえていることで日本以外の人たちにも受け入れられたのだと確信する。
原作がベストセラー本であること、今が旬の芸人やタレントが出演していること、高度なCG技術が駆使されていること、それらは映画が傑作になる要素のうちほんのわずかなことに過ぎない。あえて言うならまったく関係がない。良い映画は良いショットの積み重ねによってしかつくられないことをこの作品が示してくれている。よく観てもらえればわかるが、さりげないところまで一つ一つのショットが実に丁寧に撮られている。一つだけ例に出せば主人公・太郎と同じ病室で友だちとなった女の子・たまきが二人で見る夜の豪雨のあとの「日の出」の美しさは映画によってしかだせないものだと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す