¥ 2,894
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Linux-DB システム構築/運用入門 (DB ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) 単行本(ソフトカバー) – 2009/9/17

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,894
¥ 2,894 ¥ 1,056

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION)
  • +
  • 現場で使える MySQL (DB Magazine SELECTION)
  • +
  • エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド
総額: ¥9,266
ポイントの合計: 676pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ハードウェア高性能化時代のLinux-DBシステム実践技術が分かる!

本書では、Linux上で「高速で、落ちない」DBサーバーを構築するために必要な技術を徹底解説します。
インデックス設計によって参照性能や更新性能がどのように影響を受け、いかにして高速化できるか
といったDB設計論から、メモリ/スワップ設定、ファイルシステムやI/Oスケジューラがシステムの
性能にどう影響を与えるかといったLinuxチューニングの話、RAID構成において気をつけるべきことは
何か、SSDの台頭でDBやアプリケーションはどのように変わるのかといった現代的なハードウェア
動向の話など、入門から「一歩踏み込んだ」Linux+DBサーバー構築/運用技術を解説します。

これまでDBエンジニアとしてDB環境の構築/運用に携わったことのある技術者はもちろんのこと、
これから初めてこれらの業務に携わるという技術者向けにも最適の1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、LinuxがエンタープライズシステムのOSとして利用されるケースが増えている今日、システム構築に関わるOSやハードウェアの基礎知識をはじめ、エンタープライズシステムに欠かせない高可用性、さらにはパフォーマンスやケーススタディまで、システムの運用管理における知識にも言及した、高い網羅性を持つ解説書です。これまでDBエンジニアとしてDB環境の構築/運用に携わったことのある技術者、もしくはこれから初めてこれらの業務に携わるという技術者向けに最適の1冊です。誰も教えてくれなかったLinux‐OS+オープンソースDBによるエンタープライズ構築運用の勘所をしっかり押さえた本書を読めば、LinuxがDBサーバーOSとしていかに最適か分かるはずです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 392ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2009/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798120723
  • ISBN-13: 978-4798120720
  • 発売日: 2009/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 339,748位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
DB Magazine連載時からいい内容だと思っていましたが、一冊にまとまると圧巻です。
下記のキーワードに興味がある方は、買って損はありません。久しぶりに手放しでオススメできる良書です。

・Heartbeat + DRBD
・Linuxのセッティング
・DB(MySQL)のチューニング
・サーバー構成
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
データベース系の書籍といえば、データベースの冗長化・性能向上といった点について記述されるのが一般的です。本書も前半部分はそのようなコンテンツが書かれておりどこにでもある本だなぁ、という印象でした。
ところが、後半からは、データベースを構築するうえで必要な、サーバマシン/OS側の押さえておくべき技術について解説しています。
勤務先では先輩達が築いた慣例的な構成設計を踏襲しているだけでしたが、この書籍のおかげで、なぜそのような設計にしなければならなかったのか、根底から理解できるようになりました。
これぞ本当の"基礎”知識だと実感した一冊でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
どの章もかなり深いところまで突っ込まれており、現場のノウハウが詰まっています。

Linux-DBシステムという題名になっていますが、特にLinuxに特化した内容ではなく他OSにも応用可能だと思います。
またDBとやや抽象的な題名になっていますが、内容的にはほぼMySQLをターゲットに書かれていると思って良いでしょう。

全体として偏った内容の記述もなく、顧客の求める高可用性やパフォーマンスをいかに実現するかについて、バランスよく解説されています。(著者は普段はMySQLのコンサルティング業務に就かれているとの記述があり、納得しました)

特に2章に渡って書かれたインデックスのチューニングについては、SQLを使うプログラマにとって必見です。
絞込みやソートなどの際に、どのようなメカニズムでインデックスが利用されるかといった点にポイントがおかれて書かれており、内部構造の理解につながります。自分がDBについてまだまだ理解していなかったことを思い知らされる内容でした。

プログラマーの方もサーバ管理者の方も、データベースを触るお仕事につかれている方は、読んでおいて損の無い一冊だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
内容はその名の通りって感じなんだけど、ボリュームがすごい。。
結構細かい設定部分からとても幅広く解説されている。
OSやリソース管理の基本的なところは、いつまでも参考になる部分だと思う。

内容は、基本的にはMySQLを利用したDBサーバに関しての解説だけど、レプリケーション、チューニング、インデックスについてなど、DBの基本から、ディスク管理、CPU・メモリのチューニングなど、カーネルやOSレベルの解説もあり継続的に読んで身に付けていきたいと思う内容だった。
この本の知識を自分のものにしていかないとなーって刺激になる本。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。linux 入門