• 参考価格: ¥ 10,690
  • OFF: ¥ 194 (2%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ブックデポジトリー (Book Depository) が販売、発送します。
¥ 10,496 + 関東への配送料無料
+ ¥ 300 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: May have some markings and writings.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Linguistic Authority, Language Ideology, and Metaphor: The Czech Orthography Wars (Language, Power and Social Process) (英語) ペーパーバック – 2007/7/16


その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ペーパーバック
¥ 10,496
¥ 9,648 ¥ 2,483
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

How does a country find itself "at war" over spelling? This book focuses on a crucial juncture in the post-communist history of the Czech Republic, when an orthographic commission with a moderate reformist agenda found itself the focus of enormous public controversy.

Delving back into history, Bermel explores the Czech nation's long tradition of intervention and its association with the purity of the language, and how in the twentieth century an ascendant linguistic school-- Prague Functionalism-- developed into a progressive but centralizing ideology whose power base was inextricably linked to the communist regime. Bermel looks closely at the reforms of the 1990s and the heated public reaction to them. On the part of language regulators, he examines the ideology that underlay the reforms and the tactics employed on all sides to gain linguistic authority, while in dissecting the public reaction, he looks both at conscious arguments marshaled in favor of and against reform and at the use, conscious and subconscious, of metaphors about language.

Of interest to faculty and students working in the area of language, cultural studies, and history, especially that of transitional and post-communist states, this volume is also relevant for those with a more general interest in language planning and language reform.

レビュー

"[...] this is a most valuable case study."
Andrew M. Drozd in: Slavic and East European Journal 3/2008

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 384ページ
  • 出版社: De Gruyter Mouton (2007/7/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 3110188260
  • ISBN-13: 978-3110188264
  • 発売日: 2007/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 2.4 x 23 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 1,296,847位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう