この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Light As a Feather Import

5つ星のうち 4.4 34件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,593 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
通常7~9日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 1,016より 中古品の出品:10¥ 900より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Light As a Feather
  • +
  • リターン・トゥ・フォーエヴァー
  • +
  • 浪漫の騎士(期間生産限定盤)
総額: ¥4,195
ポイントの合計: 162pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1990/10/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Polygram Records
  • ASIN: B0000046YK
  • JAN: 0042282714824
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 4,602位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. You're Everything
  2. Light as a Feather
  3. Captain Marvel
  4. 500 Miles High
  5. Children's Song
  6. Spain

商品の説明

Amazonレビュー

   チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァーの第1作は、カメモのジャケットでおなじみの人気盤。本作はそれと同じ72年にロンドンで録音したセカンド作。話題満載のデビュー作の陰に隠れ、本作はやや地味な印象を受けるかもしれないけれど、内容的には見劣りしない。というか、フローラ・プリムのヴォーカルを大々的にフィーチャーしていることもあって、こちらのほうがよりポップで親しみやすい。ジョー・ファレル、スタンリー・クラーク、アイアート・モレイラ、フローラ・プリムを擁するオリジナル・メンバーによる録音はデビュー作と本作の2枚だけで、これら2作は姉妹作といっていい。リターン・トゥ・フォーエヴァーはその後、ギターを加えたロック寄りのエレクトリック路線へと突き進むことになるが、これら初期の2作ではスタート時ならではのヒューマンなユートピア・サウンドを楽しめる。チックの曲作りのうまさも際立っていて、特に「アランフェス協奏曲」をイントロに用いた<6>は最大の人気曲、もちろん本作の目玉曲だ。(市川正二)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 寿 トップ1000レビュアー 投稿日 2008/8/10
形式: CD
73年発表の2nd。1stを踏襲した作品だが、彼らの代表曲である「スペイン」を収録しているため、グループとしては有名な作品となっている。前作よりも本来のジャズ的指向が高まったものの、3.や4.のようなカンタベリー・ミュージックに強い影響を与えたであろう曲も含み、そちらのファンにも十分に楽しめる内容になっている。
1.はチックのエレピにフローラのヴォーカルが乗るジャズ・ボーカルのスタンダードものといった感じの曲であり、 ボッサの雰囲気を持ったいわゆる完全なジャズの曲である。ブラシによるドラムスもサックスのリードも、そのイメージそのままだと思う。2.は10分超えの大作。やはりジャズ的要素が強いが、ゆったりとした演奏の中にいわゆるジャズ・ロック的な要素は強く感じられる。3.はいわゆるカンタベリー・ミュージックに強い影響を与えたであろう、ジャズ/ジャズ・ロック的な曲。柔らかいフルートの音色が心地よい。4.もヴォーカル・ナンバーだが、ナショナル・ヘルス辺りと何ら違和感のない演奏を聞かせる。彼らが更に上手くなったらこういう演奏をしていたと思う。未聴の方はぜひ聴いてほしい。5.はメランコリックで美しい小品。サティ辺りの雰囲気を感じさせる。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ジャズロックが好きでRTFの第2期から聴き始めました。その後ラテンフレーバー溢れる『マイスパニッシュハート』などでチックコリアを好んで聴くようになったのですが、RTFの第1期は最もジャズに近いパフォーマンスですね。名盤といわれているので初めて聴いたのですが、前半はエレクトリックではあるけれど落ち着いた、フュージョンとはまた違う雰囲気のお洒落なジャズボーカルナンバー。後半はお得意のラテンフレーバーという構成で堪能できます。特にスタンリークラークのプレイは改めてカッコいいなと思わせます。私にとって80年代の阿川泰子を思い出して、ちょっと懐かしいサウンドでもあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
チックの数あるアルバムの中で、この「スペイン」1曲でその存在価値が確かなものになっているアルバムと言える。
名曲アランフェスをアレンジしていると言いながら、主旋律としてのオリジナルなメロディは、クロスオーバーとしてのジャズの歴史の中でも上位に位置づけられていい名曲であり、名演である。
ピアノスコアで入手したこの曲を自分でソフトシンセサイザーに入力してみたが、実際の演奏が恐ろしく早いテンポで演じられていることに気づいた。そのスピードの中でのアンサンブル、そしてジョーやチック、スタンの各ソロは見事である。
これをジャズと呼ぶとか呼ばないとかいう議論は無用で、とにかく曲に合わせて手拍子をしたくなり、アイアートと一緒に「ヒョー!」と叫びたくなる歓喜の世界がここにはある。
マイ・ライブラリーとして持つべし!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
いや、確かにかもめが飛ぶ1枚目もほりゃいいけど、飛んでったあとに羽根を残してお騒がせいただいたこのアルバムは、秀逸です。1枚目とカップリングで2枚ぐみでもよかった。とにかく、なかでも、スペイン、これはジャズナンバーの5本の指に入る名曲ですわよ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァーの第1作「Return to Forever」に続く第2作。第1作に比べると地味ではあるものの、パフォーマンス内容は同レベルだと思う。前作に比べるとフローラ・プリムのヴォーカルが前面に出ているので、このアルバムの方がジャズというよりはポップっぽい。一番有名な曲は「Spain」だと思いますが、その他にもフローラ・プリムのヴォーカル、チック・コリアのエレクトリックピアノ、スタンリー・クラークのベースラインが絡まったカッコいい曲が収録されています。またこのCDは、オリジナル盤(CD一枚目)に未収録の10テイク(CD二枚目)を追加したものです。「Spain」は3テイク、「What Games Shall We Play Today?」は4テイク、「Light As A Feather」、「3.500 Miles High」、「Children's Song」はそれぞれ2テイク入っています。バンドメンバーが演奏についてディスカッションしている様子なとも分かって面白い。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
リターン・トゥ・フォーエバーの2作目。ラストの「スペイン」が特に評価が高いようだ。もちろんこの曲も悪くないが、個人的には「ライト・アズ・ア・フェザー」と「500マイルズ・ハイ」の2曲が気に入っている。この2曲では、前作で聴かれなかったジョー・ファレルの豪快なテナー・サックスが味わえる。ソプラノ・サックスとフルートも含めて、甘ったるいラテン・フュージョンに陥らない緊張感が保たれているのは彼の力量によるところが大きい。ファレルの早世は本当に惜しまれる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー