• 参考価格: ¥ 1,107
  • OFF: ¥ 58 (5%)
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Life of Pi がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Life of Pi (英語) ペーパーバック – 2012/9/6

5つ星のうち 4.3 44件のカスタマーレビュー

その他(53)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,607 ¥ 740
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 476 ¥ 507
ペーパーバック, 2012/9/6
¥ 1,049
¥ 791 ¥ 397
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 1,591
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 2,991 ¥ 2,799
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 3,076 ¥ 2,294

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Life of Pi
  • +
  • パイの物語(上) (竹書房文庫)
  • +
  • パイの物語(下) (竹書房文庫)
総額: ¥2,449
ポイントの合計: 44pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

One boy, one boat, one tiger ...After the tragic sinking of a cargo ship, a solitary lifeboat remains bobbing on the wild, blue Pacific. The only survivors from the wreck are a sixteen year-old boy named Pi, a hyena, a zebra (with a broken leg), a female orang-utan and a 450-pound Royal Bengal tiger. The scene is set for one of the most extraordinary and best-loved works of fiction in recent years.

レビュー

Every page offers something of tension, humanity, surprise, or even ecstasy * The Times * A terrific book ... fresh, original, smart, devious, and crammed with absorbing lore -- Margaret Atwood * Sunday Times * A unique and original story, brilliantly told * Guardian * Full of clever tricks, amusing asides and grand originality * Daily Telegraph * Ultimately uplifting * Daily Mail * Extraordinary...Life of Pi could renew your faith in the ability of novelists to invest even the most outrageous scenario with plausible life * New York Times Book Review * Martel's engaging characterization and vivid description enliven and enrich this dreamy, fantastic tale * The Times * Its appeal has endured, with a worldwide 'readalong' of the book next month and a moniker as a 'modern classic' to boot. The moniker, in this instance, is utterly deserved ... Pi is bewitching, the tale both nihilistic and naive, philosophical and playful, deeply moving while always treading the line clear of schmalz -- Arifa Akbar * Independent * Martel has a warm way of engaging with the reader -- Robert Burdock * RobAroundBooks.com *

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 352ページ
  • 出版社: Canongate Books Ltd; Export - Film Tie-In版 (2012/9/6)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0857865544
  • ISBN-13: 978-0857865540
  • 発売日: 2012/9/6
  • 商品パッケージの寸法: 11.1 x 2.8 x 17.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 11,975位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
インド人の少年Pi(円周率のパイ、フランス語の「プール」に由来する名前でもある)のお父さんは動物園を経営しているが、一家でカナダへの移住を決意。アメリカなど売り先の決まっている動物たちも同じカーゴ船に積み込まれいっしょに出発するが、船は太平洋の真ん中で沈没。たまたまデッキに出ていたPiだけは救命ボートに乗り込み一命をとりとめるのだが、そこには意外な同乗者がいた。脚を折ったシマウマ、ハイエナ、ベンガルタイガー、そして後から漂着したオランウータンも乗り込んでくる。しかし、自然の摂理に基づいて弱者は命を落としていき、最後に船上にはRichard Parkerという名前のベンガルタイガーと、Piのみが残る。それが少年とベンガルタイガーとの抜き差しならない漂流物語の幕開けだった・・・。
物語を読む喜びを満身に感じながら読み進めた素晴らしい作品。過酷を極める漂流の物語のページを繰りながらも、それゆえ大変幸福で、だからPiの漂流が終わらず、Piは決して陸地へとたどり着かず、この冒険が永遠に終わらないことを願いながら読み進めました。これは素晴らしい仕掛けと力に満ちた冒険物語であると同時に、命や自然の神秘, そして信仰へとつながるアメイジングストーリーである。大絶賛。
ブッカー賞をとっているわりには日本での扱いは地味だけれど(なぜ?)、その後竹書房から翻訳も出たようだ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スイート・サイエンス VINE メンバー 投稿日 2008/5/5
形式: マスマーケット
本書のバックカバーの粗筋を読んだ時には、16歳のインド人の少年パイが太平洋で遭難して一匹のハイエナとシマウマとオランウータンと虎と一緒に救命ボートの中に取り残されて漂流するといった内容が書いてあったので、動物との交流を描く心暖まる物語を期待していたが、その期待は大きく裏切られた。

前半の1/3ぐらいまでは、パイのインドでの生活が描かれる。この部分はパイの様々な宗教への傾倒ぶりが描かれたりしており、興味深くはあったが退屈であった。

パイが家族と一緒にカナダへ移住する船に乗船し、出発まもなく船が沈みボートに取り残されるところから物語が急転する。ここからは延々といかにパイが猛獣の虎と一緒に漂流生活を過ごすかが描かれる。この部分はそれなりに面白かったが、このレベルの海洋冒険小説であれば、もっと本格的なものが他にもありそうで、正直言って作者が何を目的に本書を書いたのかと疑問さえ有した。

ところが最終章を読んで、文字通り腰が抜けるほどの衝撃を受けた。この最終章を読む前は本書の評価は星2つか3つと思っていたが、評価が一変した。本書を手に取った人は、途中読み進めるのがつらくても最後まで読み通すことをお勧めする。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
読み進むにつれぐんぐんと引き込まれて,最後にもうひとつのストーリーが明らかにされてゆくところでは本当に息がつけないほどでした。
ただ,私には残酷に感じる描写が多く,何度か気持ち悪くなりました。読み終わった後,もう一度読み返したくなる本ですが,辛くてできませんでした。子供向けではないと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
オーディオブックのレビューです。
1年近く前に読んだのですが、映画になったことを知り、思い出しながらレビューします。

小説のはじめの1/3は、Piという少年が育った背景がていねいに描かれるのですが、それが丁寧過ぎて退屈でした。皆さんのレビューでそれは織り込みずみだったのですが、ひたすらexcitingな漂流部分を待ち、聴き続ける忍耐が必要でした。
自然の摂理に従い、弱い動物から順番に漂流ボートから消えていく様子、Piの駆け引き、漂流途中で出合う異界(他の漂流物・人・島)がそれぞれドラマチックで、先が知りたくなります。
そして、オーディオブックで何度も読まれる'Richard Parker'というベンガルトラの名前がとても印象的でした。朗読者の声が耳について離れません。
'Richard Parker'は、この小説ではトラの名前として使われていますが、過去に船の遭難事故にあった人物の名前で、19世紀に実際にあった船の遭難事故やエドガー・アラン・ポーの小説など少なくとも3件の遭難事故に名前を残しているようです。(同名だがそれぞれ異なる人物)
しかも、Richard Parkerという人物は、そのうちの2件で生き抜くための「共食い」に関わっており、作者が象徴的な意味で使った名前なのでしょう。

P
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー