Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディシ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,480
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 東京エムケイセンター本店【即日発送】【安心返金保障】
カートに入れる
¥ 2,680
通常配送無料 詳細
発売元: YOUメディア
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社高木屋
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディション

5つ星のうち 3.7 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 1,480 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,510 (63%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、スピード配送IN丁寧通販屋{24時間年中無休でスピード出荷します}が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディション
  • +
  • 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥2,950
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 大沢たかお 伊東美咲 真矢みき 袴田吉彦 川島海荷 石丸謙二郎 哀川 翔
  • 監督: 新城毅彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2008/02/22
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ZUOX9E
  • JAN: 4988104046284
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,407位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ロングラン大ヒット!
興収16億円突破、観客動員数130万人超の感動作!!

日本中が涙した、世界的プロウインドサーファー・飯島夏樹と家族の愛の物語が待望のDVD化!!

★飯島夏樹のベストセラー「天国で君に逢えたら」、「ガンに生かされて」(新潮社刊)を映画化!
★日本映画界を牽引する豪華キャストが集結!
★ハワイ・オアフ島とマウイ島で長期ロケを敢行!
ウインドサーフィンワールドカップのシーンでは、世界ランキングトップの現役選手が多数参加し
大迫力のレース映像が繰り広げられる!
★主題歌の桑田佳祐「風の詩を聴かせて」(タイシタレーベル/スポードスターレコーズ)が作品を感動的に盛り上げる!

【商品仕様】
本編118分+特典映像/片面2層/ビスタサイズ/スクイーズマスター
音声:1ドルビーデジタル5.1chサラウンド 2ドルビーデジタル2.0chサラウンド/字幕:日本語
■特典映像■特報・予告編・テレビスポット

【Story】
1991年。プロウインドサーファー・飯島夏樹(大沢たかお)は、妻・寛子(伊東美咲)と共にワールドカップに出場するため、
世界中を転戦していた。なかなか勝てず、貧乏暮らしを強いられる寛子であったが、夢を追い続ける夏樹を心から愛し、
応援し、支え続けていた。ワールドカップ・オーストラリア大会。師匠である藤堂(哀川 翔)に諭され、自分らしさを取り戻した夏樹は見事優勝を飾り、その後の大会でも大活躍を続けていった。
晴れて結婚式を挙げた二人は、ハワイに居を構え、4人の子宝に恵まれる。しかし徐々にレースに勝てなくなっていった夏樹は、次第に家庭を顧みず、長女・小夏(川島海荷)に不信感を抱かれてしまう。必死に小夏に許しを請う夏樹は、雨の中、崩れ落ちるように倒れてしまった・・・。
急遽、日本の病院で精密検査を受けることになった夏樹。診断結果は肝細胞ガン、「余命3カ月」であることを告げられる。
大切な家族とともに、運命に抗わず、風にまかせて自分らしく生きていこうと決心した夏樹は日本の延命治療を拒否し、海と風を感じられるハワイを最後の地に選ぶのだった・・・。

【CAST】
大沢たかお/伊東美咲
真矢みき/袴田吉彦/川島海荷/石丸謙二郎/哀川 翔

【STAFF】
監督:新城毅彦
原作:飯島夏樹「天国で君に逢えたら」「ガンに生かされて」(新潮社刊)
脚本:斉藤ひろし/吉田智子
音楽:吉俣 良
主題歌:桑田佳祐「風の詩を聴かせて」(タイシタレーベル/スピードスターレコーズ)

Amazonレビュー

2007年8月に公開された、大沢たかお主演の感動物語。共演は、伊東美咲。原作は、実在したプロウインドサーファー・故飯島夏樹氏による自伝『天国で君に逢えたら』、『ガンに生かされて』。風と波を自在に操り、ハワイの海を駆けていた彼が、ガンにより余命3ヵ月の宣告を受け、残された日々を雄雄しく清冽に生き抜いたさまを描いたもので、とめどなく涙をしぼられる珠玉作。夫の苦悩を知り、献身的に彼を支える妻・寛子役を務めた伊東の健気な演技が印象的。過酷な運命を突きつけられてもなお、ハワイの大自然の中で家族を愛し、自らの生をまっとうする夏樹(大沢)の姿には、神々しささえ感じられる。また、夏樹の“人生”たるウインドサーフィンのシーンは迫力にあふれ、まさに“命の輝き”に満ちている。生きることの真の意味に触れられる稀有な作品。(みきーる)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 38歳で亡くなったプロウィンドサーファー飯島夏樹の人生を映画化した作品。ドキュメンタリーではなく一つの物語として製作されている。
 冒頭は苦しかった生活となかなか勝てないウィンドサーフィンと向き合う飯島夏樹が描かれている。そして勝利と成功の華々しい姿から病魔に侵され苦しみと闘う姿へと映像は移り変わっていき、その飯島夏樹の人生の起伏に驚きを隠せない。その成功と苦しみの対比は人生の面白さ、喜びといった正の感情から苦しみ、悲しみといった負の感情まで幅広く表現し、そして何より人生は何が起きるかわからないという恐ろしさも醸し出している。

 ここからは映画を観た感想として僕自身の考えを書きたい。飯島夏樹本人の本来の姿とは違うのかもしれないけれども、映画からのメッセージとして受け止めたことをここに記したい。

 成功したとき飯島夏樹は得意に奢った。自惚れて自分勝手に行動してしまった。病魔はその報いとして現れてしまったのではないか。飯島夏樹は立派な人物ということはわかっている。プロウィンドサーファーとして大成した人物だ。でも一つの映画の言いたいこととして得意になっている人間は痛い目を見る、ということはあるんじゃないか。でも飯島夏樹が病魔に蝕まれながらも必死に生き抜き、自身のホームページを通して人々に勇気を与え続けたという明るい部分も描かれ、その
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正直がっかりした内容だった。
伊東美咲の演技はかなりの低空飛行。その他のキャストもなんだかかみあってない。まとまりがなく、
演出も使い古された手法ばかり。特に末期がんの大沢たかおが、伊東美咲が追いつけないようなスピードで
元気に走り出したのには、目が点になった。

ただ、飯島夏樹氏が題材に取り上げられたことに満足する人からみれば、本作品は十分素晴しいと感じられる
のではないかと思う。
しかし、純粋に映画作品として批評するなら、残念ながらこれは失敗作。
ドキュメンタリーや、飯島氏のエッセイが出来が良いので余計にあらが目立った内容になってしまった。

よって★2つが限界。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「JIN」で、すっかり大沢たかおさんのファンになり、他の作品を探してみたら、コレに行き着きました。

実話を基にした話であることは、以前テレビで見て知っていました。

大沢たかおさんは、とっても素敵だったんですが、いかんせん 話が平坦すぎて、つまらなかったです。

正直、わざわざ映画にするような内容ではないと思います。

子供が4人もいて、奥さんは働いている訳でもなく、病院代やら手術代、生活費、あげくハワイ〜日本を行き来する費用、はては、ハワイに戻ってからの家賃や生活費は、どこから捻出してるの?

レースの勝利金の貯金があったにしても、限界がありそうだし、そのへんのリアル感が全く感じられない。

ハワイの自宅を売った金があるみたいだけど、それだって無限にある訳じゃないし…(^_^;)

涙一つ湧いてこないし、特に感動もなし!!

大沢たかおさんの分の星1つ★
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 出張の機内で観た。ウィンドサーフィンの場面等を見ていると やはり大画面で見るべきなのだろうと思いながら。

 ガンで亡くなる人の実話ドラマというものは 昔からあまた有るわけだが 今なお 新しい物語が紡がれ、感動を持って迎えられている状況に改めて感じ入った。

 「死」というものは ある意味で公平に誰にでも訪れる。どんなに権力や権威や富を持っていても この「訪問者」だけは いつかは必ず来る。この事実は明白にして いかに受け入れがたいものなのかも 今までの人類の歴史なのだと思う。
 ガンという病気の特性上 亡くなる方と その周りの方が「死」を意識する時間が長いという点で「その人が試される」という性格が強い。そうして そんな「試されている」姿が 他人をして 感動させるものがあるわけだ。

 この映画で大沢たかおが演じる主人公も 鬱病を乗り越えて 人生の最後の時間を生き抜く姿が胸を打つ。「癌になって良かった」と妻に書いている場面があったが 正直僕自身が 同じ状況にいたら そんな格好良いことが言えるのだろうかと考え込んでしまう。いや 言えるように 自分を鍛えるしかないのだろう。そう思ったところだ。

 原作も読んでみた。原作の雰囲気がよく出ていることがよく分かった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す