この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

The Liars' Club (英語) ペーパーバック – 2007/11/2

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(13)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 5,287 ¥ 806
ペーパーバック, 2007/11/2
¥ 19,099 ¥ 1,557
CD
"もう一度試してください。"
¥ 106,199 ¥ 23,405
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 4,836 ¥ 2,430
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   詩人メアリー・カーが少女時代を回想したこの本は、何でもビッグなテキサスが舞台だ。まず、登場人物たちの破天荒な暮らしぶりに驚かされる。皮肉をきかせて話をおもしろおかしく誇張するやりとりが、これでもか、これでもかと出てきて、1960年代のアンチホームドラマとして、きわめて興味深く読める作品である。

   物語の進行も一筋縄ではいかない。のっけから救急車、パトカー、警官、医師、さまざまな隣人が、脈絡なく登場するところなど、サスペンス映画の出だしのようだ。細部の感覚的リアリティーに執拗にこだわる文章にも、リリカルな、詩人特有の意表を突く表現が多い。

   結婚、離婚、再婚を繰り返す画家志望の母親、乱暴だけれどどこか心優しい、石油会社に勤めるブルーカラーの父親。アルコール漬けの危ない母親を見張るしっかり者の姉。主人公はじっと見守っていてくれる「父の娘」で、父親といっしょに出かける釣りやゲーム仲間「嘘つきクラブ」のアイドル的存在である。
   やがて、ガンになった母方の祖母が同居するようになり、家の空気は一変する。祖母の死後、精神的に追い込まれた母親が家に放火、病院に収容されて…。

   これはまさに、男と女、親と子、嘘と飲酒をめぐる修羅場を生き抜いていく、少女たちの壮絶なサバイバル物語だ。最後に明かされる、母親の最初の結婚をめぐる秘密が、大きなカタルシスとなって作品全体の謎を解くのだが、それは読んでのお楽しみ。

   人は絶望によって嘘をつく。そして、嘘というのはつけばつくほど人の内面を食い破る。アメリカンユーモアとは、そのことを覆い隠すための、壮大な、そして悲惨な様式なのではないか、とさえ思わせるほどだ。じわじわとにじみ出てくる真実、それを知った読後感が、なんとも切ない。米国では各紙で絶賛をあびた長期ベストセラーの作品。
   続編にあたる思春期編『Cherry』が2000年に出版された。本書の邦題は『うそつきくらぶ』。(森 望) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

'Astonishing ...One of the most dazzling and moving memoirs to come along in years' New York Times Mary Karr grew up in a swampy East Texas refinery town in a volatile and defiantly loving family. In this devastating, haunting memoir, she looks back at life with a painter mother, seven times married, whose outlaw spirit could tip over into psychosis, and a heavy-drinking, fist-swinging father who liked nothing better than to spin tales with his cronies at the Liars' Club. Telling her story with a raw and often painful honesty, and an authenticity entirely stripped of self-pity, the harshness of the world Karr paints is redeemed by her warmth, intelligent humour and finelyspun prose; The Liars' Club is both heart-stopping and heartfelt. 'An unsparing portrait of a fractured childhood' Vogue 'A bruising, beautiful book' Christopher Hope

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 336ページ
  • 出版社: Picador (2007/11/2)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 033045479X
  • ISBN-13: 978-0330454797
  • 発売日: 2007/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 13.1 x 2.2 x 19.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 2,202,320位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2003年2月14日
形式: ハードカバー
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち4.0 489 件のカスタマーレビュー
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0I love Mary Karr's writing
2017年3月23日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0THANK YOU MARY KARR it was a fun trip, YOUR VERY GOOD
2017年4月9日 - (Amazon.com)
形式: ハードカバー|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0Five Stars
2017年4月25日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち3.0The writing is phenomenal and amazing. Mary Karr is an artist with language
2017年8月1日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち3.0Okay read.
2017年8月2日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。