Led Zeppelin III がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,140
通常配送無料 詳細
発売元: アズマジャパン
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,300MP3アルバムを購入

Led Zeppelin III CD, Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,998 通常配送無料 詳細
ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、RYH adが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の レッド・ツェッペリン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Led Zeppelin III
  • +
  • レッド・ツェッペリンⅡ<2014リマスター/デラックス・エディション>
  • +
  • Led Zeppelin 1 [DELUXE EDITION 2CD]
総額: ¥7,538
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1994/8/18)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Atlantic / Wea
  • ASIN: B000002J1U
  • EAN: 0075678267826
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 72,574位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
3:54
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
3:28
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
7:22
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
4:05
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
4:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
3:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
5:37
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
4:16
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
3:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

LED ZEPPELIN Led Zeppelin III (1994 issue UK 10-track digitally remastered CD album including the classic hit Immigrant Song and Since Ive Been Loving You)

Amazonレビュー

ブルース色の強い最初のふたつのアルバムのために、ヤードバーズの遺産を、そして、重要なことにウィリー・ディクスンの曲を盗んだ後、ジミー・ペイジらは『Led Zeppelin III』(邦題『レッド・ツェッペリンIII』)でアコースティックやフォークの強い感性を見せ、多くのファンを驚かせた。が、ペイジのファンは不意をつかれたわけではない。このギタリストは、短かったヤードバーズ時代にも、アルバム『リトル・ゲームス』(原題『Little Games』)の「ホワイト・サマー」(原題「White Summer」)で最も顕著なように、同じような感性と様式で戯れていたのだ。かつてない独創性をもつ盗人、レッド・ツェッペリンは、途方もないほど始終FMで流れ続け、『バリ・ハイ』(原題『Bali Ha‘i』)からのフレーズをロバート・プラントが叫ぶ「Immigrant Song」(邦題「移民の歌」)を、このアルバムの最初に持ってきた。「Celebration Day」(邦題「祭典の日」)や「Out on the Tiles」(邦題「アウト・オン・ザ・タイルズ」)といった他のエレクトリックなロックにさえも独創的なオフビートの音楽的才能が表れていて、このバンドはすでに枠にはめられることを警戒していたに違いない。しかし、アルバム後半の明らかにもっとメロウなアコースティックこそ珠玉の名曲で、「That's the Way」(邦題「ザッツ・ザ・ウェイ」)と「Tangerine」(邦題「タンジェリン」)の優雅な美しさや、「Bron-Y-Aur Stomp」(「スノウドニアの小屋」)、「Hats Off (to Roy Harper)(邦題「ハッツ・オフ・トゥ・ロイ・ハーパー」)、伝統的な「Gallows Pole」(邦題「ギャロウズ・ポウル」)の素朴な民謡風の魅力こそ、注目すべきものだ。(Jerry McCulley, Amazon.com)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 このアルバムを3枚目に出したという事がジミー・ペイジの強い意志を表している。一球目、二球目と160キロの剛速球を投げて三球目に150キロのフォーク・ボールを投げたようなものだ。単なる剛速球一辺倒のピッチャーじゃないよということだろう。

 今になって普通に考えればⅢとⅣは順番が逆だ。Ⅳを先に出した方が自然である。あえて本作を3枚目にリリースしたのは聴き手に対する挑戦であり教育なのだ。「自分たちはハード・ロックやヘヴィー・ロックばかりをやり続けるつもりはないから、これを解るようにしておいてくれ」というペイジの示唆ではないか。しかしそれには相当な勇気と信念が必要だったはずだ。いくら人気バンドになったとはいえ、まだデビューして3枚目である。一歩間違えばファンに見放されてしまうかも知れない危険な賭けだったのだ。本作に確固たる自信がなければ出来ないことだろう。

 高い音楽性を有するこのアルバムは時を重ねるごとにその価値を高め、更に「聖なる館」以降のツェッペリンへと続いていくことになる。そう、今になって考えればⅢとⅣはこの順番で正解だったのだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
評価が低いらしい。なぜ・・・?
確かにツェッペリンといえばあのギターリフと絶叫。それがこの「Ⅲ」には欠けているのは事実。後半はフォークっぽいし、力は抜けている。けど、そこを評価してほしい。ペイジもプラントもバカじゃない。当時は何らかの理由があってこの音にたどり着いたはず。だって「Tangerine」も「Bron-y-aur Stomp」も最高じゃん。傑作って言われてる「Ⅳ」のサウンドには確実に「Ⅲ」の命が宿ってる。逆にツェッペリンのようなバンドにこんな曲が書けるってのがすごいよ。僕はこのアルバムを聴くときは6曲目から入ります。
てゆーかこのアルバム、後半の方がパワーを感じるけどな。確かに「移民の歌」は最高だけどね。僕は後半に力を感じる、ってことはメンバーがやりたかったことは後半のサウンドってことじゃないかな。当時って新しいことするととにかく叩かれる時代ではあったと思うけど・・・。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/31
形式: CD
失敗作だとか、楽器をやっていない人間は聴いても解らないとかという排他的な意見もありますが、僕はこのアルバムは、彼らのほかのアルバムと同等に楽しんでいますし、ほかのアルバムと同じくらい重要な作品だと思っています。最初から最後までまぎれもないZeppelinの音楽だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 ジミー・ペイジといえば、あのカラヤンも絶賛したと言われる「天国への階段」のギターソロが有名だが、ギター小僧にとってはむしろ「貴方を愛し続けて」(Since I've been Loving You)の泣きのギターこそペイジの真骨頂ではないか!コピーしながら思わず感涙せずにはいられないブルージーなリフ、オブリ、そしてギターソロ。ドラッグのやりすぎでろれつが回らないといわれるペイジも泣かせれば国宝級のギターを披露してくれるのだ。
 このアルバムに関してはもう一つ。ロックはディストーションが効いてラウドなほどハードだと思っている若者たち!私もそう思っていたがフレンズをはじめとしたこのアルバムのアクースティックな曲は見事にそういった「思いこみ」を打ち砕いてくれた。
 しかしアクースティックでこれ程テンションの高いハードロックを作れるバンドは他におらんのか。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/1/9
形式: CD
1970年発表。レッド・ツェッペリン3枚目のアルバム。1969年2月にデビュー・アルバムを発表して以来ほぼ1年1作の割合でレッド・ツェッペリンはアルバムを発表していく。
ジミー・ペイジは多種多様な可能性をこの不世出のロック・ユニットであるレッド・ツェッペリンに感じていて、試してみたくてたまらない音楽がたくさんあったのだろう。このIIIは、端々にジミー・ペイジのその思いが感じられる。試してみたくてたまらない音楽がたくさんあるのだが、I・IIの路線があまりにファンの気持ちとレッド・ツェッペリンに対するイメージを確立してしまっため、ある種のジレンマにおちいっていたと思われる。それが押さえ切れず、出来上がったのが本作IIIだと思う。
ターザンの掛け声のように始まる1からスタートし、この不世出のロック・ユニットの底力をまざまざと感じさせてくれる。III・Vそして『In Through The・・・・』で試したかった音楽は80年代・90年代では多くのミュージシャンが理解して、そのDNAは今や現ミュージック・シーンの中核にあると思える。不世出のロック・ユニット、レッド・ツェッペリンの全てを引き出したかったジミー・ペイジの意図は30年後の今でやっと理解できるものだったのだ。
ひとつだけ残念なのは、LPジャケットだから出来たであろう、ジャケットを回転させたり、スライドさ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック