お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Learning to Crawl CD, Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 797 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:23¥ 349より 中古品の出品:5¥ 332より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・プリテンダーズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Learning to Crawl
  • +
  • Pretenders
  • +
  • Get Close
総額: ¥4,709
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2007/6/5)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Rhino / Wea
  • ASIN: B000NA2ALY
  • JAN: 0081227999872
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 104,477位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Middle Of The Road
  2. Back On The Chain Gang
  3. Time The Avenger
  4. Watching The Clothes
  5. Show Me
  6. Thumbelina
  7. My City Was Gone
  8. Thin Line Between Love And Hate
  9. I Hurt You
  10. 2000 Miles
  11. Fast Or Slow [The Law's The Law]
  12. Tequila
  13. I Hurt You
  14. When I Change My Life
  15. Ramblin' Rob
  16. My City Was Gone
  17. Money


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
1984年発表、全米アルバムチャート最高5位。
ジェイムス・ハニーマン・スコット(ギター)、ピート・ファーンドン(ベース)
の相次ぐ死を乗り越え復活したプリテンダーズの3作目にて最高傑作。
今回のリマスターは音質・音圧とも最高と言って差し支えない物です。
ランディ・ニューマンに「発音が綺麗」と言わしめたクリッシー・ハインドの歌声は健在で
前年に映画「キング・オブ・コメディ」の主題歌で
全米シングルチャート最高5位まで上った2.『Back On The Chain Gang』収録
さらに1.『Middle Of The Road』(全米シングルチャート最高19位)
5.『Show Me』(同28位)、クリスマスソング10.『2000 Miles』もヒット
1971年のヒット、ザ・ パースウェイダーズのカヴァー8も素晴らしい出来で
アグレッシヴかつ優しさを包み込んだ最高傑作と思います。

(80’sレビュー25)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
イギリスの音楽誌ニュー・ミュージカル・エキスプレス(NME)の記者だったクリッシーさんを中心に'79年に華々しデビューを飾ったPretenders
当時恋仲だったベースのピートファードンの解雇後の死やギター/ジェームス・ハニーマン・スコットのドラッグ死により活動停止を余儀なくされた。

その間 KinksのRay Daviesさんとの結婚〜出産を挟みメンバー探しと並行して本作レコーディングも続けられた。
本作は地獄からの復活作・最高傑作と成るのだが、全曲が新メンバーでの録音では無く、元Rockpileのギター/Billy Bremnerさん 
Rumoreのベーシスト/Andrew Bodnerさん、鍵盤のPaul Carrackさんらパブ・ロックの猛者達にHelpを仰いだ所が 60年代Rockへのオマージュ溢れるクリッシーさんらしい!

リマスターも"The Who/ My Generation"へのオマージュで有るジャケットの写真が鮮明に成ったのと比例して 良い仕事しています♪
今迄聞こえ無かった音が随所で聴かれ(聴こえ やな)新たな発見が盛り沢山ですぜ。

#1 Pretendersらしい疾走感豊かな名曲!全体のノリを支配しているの
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 JJ 投稿日 2002/1/27
形式: CD
 1970年代末にデビューした彼らの、全キャリアを通じての最高傑作です。メンバーの死や脱退が相次ぐというバンド最大の危機を乗り越えて制作されたこの作品は、中心人物Chrissie Hyndeの楽曲も気合いの入った素晴らい出来で、職人肌の新メンバー達と素晴らしいバンドサウンドを聴かせます。POPな楽曲と一塊りになったBand Suondの絶妙のブレンドが、この作品の最大の魅力です。しかし、この作品以降のPretendersはメンバーが流動化し、この素晴らしいBandアンサンブルはこの作品一枚だけで終わってしまいました。緊張感ある、勢いとリラックスが交錯する80年代を代表する傑作Rock Albumです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最高傑作は個人的にはデビュー作だとは思いますが、あの飛ばしまくっているアルバムとは一転して、落ち着きのあるこのアルバムも傑作である事は疑いがないでしょう。
「Middle of the Road」「Back on the Chain Gang」のヒット曲、「Thin Line Between Love and Hate」「2000 Miles」のメローな曲、バランスが取れています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 k 投稿日 2013/3/13
形式: CD
リアルタイムでLPを購入して聴いた記憶が鮮明によみがえります。

1984年のビルボードチャートを調べてみると、まさにMTVの全盛時だったのが一目瞭然。
プリンス、ティナ・ターナー、ライオネル・リッチーあたりが白人層にも受け入れられ、カルチャークラブ、デュランデュランなんかは地道なツアーもせずに、ほぼPVのみで全米を席巻します。いわゆる<何もなかった80年代>が凝縮されているのがこの年だったのかもしれません。
そんな中でプリテンダーズのこのアルバムは異質と言えば異質でした。

自分にとって初めて「これがロックンロールバンドってやつ?」と感じた音楽でした。ストーンズはディスコやらヒップホップなんかに手を染めてたし、スプリングスティーンはノリが自分には鈍重に聴こえました。LAメタルやらバンヘイレンなんかは別に嫌いではなかったけど、音圧やテクニックが前面に出すぎてちょっと違うと思ってたし、70年代パンクもちょっと聴いてたけどグルーブ感が感じられませんでした。
バンドアンサンブルとよく言われますが、今考えればまさにそこが自分にヒットしたポイントだったんだと思います。

その後、テクノやヒップホップ、ジャズ、オールディーズなど、良いと言われるものは貪欲に聴いてきましたが、ふと立ち返ってこういう音を聴くと、うまく言えないけど「ああ、やっぱ4ピースのロックバンドはいいなぁ。。。」と素直に思えます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告