通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Lance N' Masques (ランス・アンド... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Lance N' Masques (ランス・アンド・マスクス) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ) 文庫 – 2013/12/3

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Lance N' Masques (ランス・アンド・マスクス) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
  • +
  • Lance N' Masques (2) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
  • +
  • Lance N' Masques (3)~ランス・アンド・マスクス~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

現代日本を舞台に、騎士道とは、強さとは、をテーマにしたナイトアクションバトルストーリー


●作家は『GJ部』や『アキカン』でシリーズ構成をつとめ、『ゆるゆり』、『ラブライブ! 』など
ヒット作品の脚本を手がける子安秀明がライトノベルを執筆。

●イラストレーターは『神様のいない日曜日』ほかライトノベルの挿絵を担当している
新進気鋭の注目若手イラストレーター・茨乃。

●『咲-Saki-』シリーズ、『断裁分離のクライムエッジ』、『織田信奈の野望』、『きんいろモザイク』など
クオリティに定評のあるアニメーションスタジオ・Studio五組が編集として参加。

[スタッフキャスト]
原作:子安秀明
イラスト:茨乃
編集:Studio五組


[発売元]ぽにきゃんBOOKS

(C)子安秀明 イラスト:茨乃(仮)


登録情報

  • 文庫: 389ページ
  • 出版社: ポニーキャニオン (2013/12/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865290095
  • ISBN-13: 978-4865290097
  • 発売日: 2013/12/3
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 674,070位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
アニメを見て気になり購入。380ページと長いイメージですが、改行が多いのでサクサク進みます。
内容は現代社会に生きる騎士がいる世界。そんな中、騎士を辞めたい主人公は叩き込まれた体質のせいでヒロインの真緒の問題に首を突っ込んでいく。騎士ということでやはり、囚われのお姫様を助けに行く騎士、といったものです。
やはりアニメでは(進行の都合上)語られない設定もあり、金剛寺が鬼堂院総帥についた理由にちゃんと納得できるものがあります。しかし6歳の娘を政略結婚させるつもりで、しかし愛情がなかったわけではないという所に「いやそれはどうなのサ?」と首を傾げました。心変わりした描写ないの?と思いましたが、それも葉太朗の推測なので総帥にはどんな思惑があるのかと言えなくもありません。そもそも小学校は義務教育、金の力で行かせない理由もなく、その辺りは国からお叱りを受けたのかは不明。
キャラクターたちも良いですがユイエン、ユイファの中国子らに少しイラッと来るところがありました。
作品としては気に入ってます。そして一番驚いたのはアリスの年齢。13歳であのおっぱ―(ry
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
アニメ化するらしいので読んでみました。
まずはこの作品の簡単なあらすじ。
大財閥の令嬢である6歳の少女と騎士の少年が出会って、交流して、少女の父親の命令によって突然別れが訪れるも、少年が立ちあがって少女を取り戻す、といった話。

ああ、紅のダメな部分だけ抜き出しちゃったな、と思いました。
ページ数は400近くあるものの、前半190ページまでヤマが一切なし。
ひたすらヒロインたちとの日常や会話が続きます。見ててしんどかった。

そして脚本の都合上、父親はいきなり娘を養子に出します。行き先が外国なので、6歳でも結婚オーケーになるという理論で政略結婚をさせるという腹づもりなのですが、今まで放置していた娘にそんな命令をしといて、終盤主人公がカチコミをかけるとあっさり娘を返します。
すると、主人公はモノローグでこう思います。あの父親は娘に愛情がないわけではなく、距離の取り方がわからないのではないか、と。
いや、ねえよ。どこの世界に距離の取り方がわからなかったら、自分の利益のために外国へ嫁に出す奴がいるんだよ。

他にも現代に存在する騎士や騎士団とかいうふわっふわな設定や、普段はう、やら、ああ、やらひたすらどもるカオナシ口調の主人公は見ていてウンザリしちゃいます。
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告