¥ 315
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Lady Chatterley's Lover (Wordsworth Classics) (英語) ペーパーバック – 2005/8/5

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(164)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,344
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 315
¥ 227 ¥ 1
CD, Abridged, Audiobook, Classical
"もう一度試してください。"
¥ 2,103 ¥ 2,362
カセット
"もう一度試してください。"
¥ 2,184

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Lady Chatterley's Lover (Wordsworth Classics)
  • +
  • チャタレイ夫人の恋人 (新潮文庫)
総額: ¥1,276
ポイントの合計: 29pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Notes and Introduction by David Ellis, University of Kent at Canterbury.

With its four-letter words and its explicit descriptions of sexual intercourse, Lady Chatterley's Lover is the novel with which D.H. Lawrence is most often associated. First published privately in Florence in 1928, it only became a world-wide best-seller after Penguin Books had successfully resisted an attempt by the British Director of Public Prosecutions to prevent them offering an unexpurgated edition. The famous 'Lady Chatterley trial' heralded the sexual revolution of the coming decades and signalled the defeat of Establishment prudery.

Yet Lawrence himself was hardly a liberationist and the conservativism of many aspects of his novel would later lay it open to attacks from the political avant-garde and from feminists. The story of how the wife of Sir Clifford Chatterley responds when her husband returns from the war paralysed from the waist down, and of the tender love which then develops between her and her husband's gamekeeper, is a complex one open to a variety of conflicting interpretations.

This edition of the novel offers an occasion for a new generation of readers to discover what all the fuss was about; to appraise Lawrence's bitter indictment of modern industrial society, and to ask themselves what lessons there might be for the 21st century in his intense exploration of the complicated relations between love and sex.

出版社からのコメント

Lyric and sensual, D.H. Lawrence's last novel is one of the major works of fiction of the twentieth century. Filled with scenes of intimate beauty, explores the emotions of a lonely woman trapped in a sterile marriage and her growing love for the robust gamekeeper of her husband's estate. The most controversial of Lawrence's books, Lady Chatterly's Lover joyously affirms the author's vision of individual regeneration through sexual love. The book's power, complexity, and psychological intricacy make this a completely original work--a triumph of passion, an erotic celebration of life.

"Nobody concerned with the novel in our century can afford not to read it." -- Lawrence Durrell

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 276ページ
  • 出版社: Wordsworth Classics; New版 (2005/8/5)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1840224886
  • ISBN-13: 978-1840224887
  • 発売日: 2005/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 12.4 x 1.3 x 19.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 66,334位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
Connieは戦争で下半身不随となった夫Cliffordとの結婚生活に耐えられなくなり
森番Mellorsとの不倫に走る。1928年に発行された時の内容としては
衝撃的で発禁となったことがわかる。しかし内容は官能小説とは違い
男女の本当の愛とは何かを問うている。牧歌的なイングランドの景色を背景に
密会を重ねる二人。夫CliffordはConnieが他の男の子供を生み、後継ぎとする
ことに異論をはさまない。しかし森番との関係はCliffordにとって予想外で憎むべきものであった。
Cliffordと介護士のMrs.Boltonとの微妙な関係は何なのか。それもConnieにとっては
不満であった。多くを考えさせる小説であり、読者に問題を投げかける一作である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
中古で注文しましたが、書き込みやアンダーライン、折込など、本の傷みがいちじるしかった。
濃厚な香水も、不快です。急いでいたので受け取りましたが、本当は、代替品がほしかった。
作品の評価ではありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
現代の基準でこの作品を読むと「保守的」ということになるのだろう。一対の男女が、肉体と精神の両面から全人格的に自分を互いに捧げ、一生を添い遂げるのが理想の男女関係であり、それは結婚という形態において昇華されうるという考え方だからだ。今だったら、「生活のパートナーと性のそれは別よ」と割り切るような関係もあるし、全人格を捧げるなんてかえって「うざい」というような場合もあるだろう。しかし、この作品が一種の普遍的価値を有するのは、チャタレイ夫人とクリフォードの問題はやはり現代の男女が抱える多くの問題でもあるからだ。人間にとっての「親密性」は時代とともに変遷してきたが、性を制度的なものを超越し、生を称揚する営みとして全うすることは、現代に生きる我々にとっても大きな課題であり続けている。ましてや、ヴィクトリア朝時代の性的モラルを引きずる当時においてこの作品が与えたインパクトは想像するに余りある。最後に英語のことを書く。格調は高く、今はもう使われないような表現もあるが、なかなか判りやすく、かなり英文を読み込んできている方であれば問題なく読めるだろう。ただ、Mellorsが方言と思しき言葉遣いをするので、その部分だけはやや解りにくいが、それほど多くはないので、本作を原文で読むための妨げにはならない。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2010/4/15
形式: ペーパーバック
Connieは戦争で下半身不随となった夫Cliffordとの結婚生活に耐えられなくなり
森番Mellorsとの不倫に走る。1928年に発行された時の内容としては
衝撃的で発禁となったことがわかる。しかし内容は官能小説とは違い
男女の本当の愛とは何かを問うている。牧歌的なイングランドの景色を背景に
密会を重ねる二人。夫CliffordはConnieが他の男の子供を生み、後継ぎとする
ことに異論をはさまない。しかし森番との関係はCliffordにとって予想外で憎むべきものであった。
Cliffordと介護士のMrs.Boltonとの微妙な関係は何なのか。それもConnieにとっては
不満であった。多くを考えさせる小説であり、読者に問題を投げかける一作である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
プチ玉の輿に乗った、チャタレイ夫人。 堅苦しい環境で、足の不自由な
だんなさんのお世話と社交生活にも亀裂が生じ、知り合った男性2人と不倫します。1人目の芸術家とは、遊びだったが、2人目の森番メラ-とは、本気になってします。 結局、子供が欲しいという欲望も高まり、炭鉱経営に
熱心になっていくだんなさんと別れ、メラーと農場で再出発することに。
一方、メラーも先妻との不和から離婚し、相性のいいチャタレイとの生活に
満足するという。 不倫ということで、世間体は悪く、信者に怒られそうですが、こういう、様々な障害の多い場合、うまくゆくのなら、不倫もOKなのかもなんて思ってしまいます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す