LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 [... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,424
価格: ¥ 4,212 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,212 (50%)
残り18点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 4,212より 中古品の出品:7¥ 3,807より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 [Blu-ray]
  • +
  • LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]
  • +
  • LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門 限定版 [Blu-ray]
総額: ¥26,181
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 栗田貫一, 小林清志, 沢城みゆき, 山寺宏一, 皆瀬まりか
  • 監督: 小池 健
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日 2014/11/28
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00MHNEP2C
  • EAN: 4988111902801
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 850位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

あばよ、次元。
ハードで危険。ヤツらが帰ってきた…! 原点回帰「LUPIN the Third」シリーズ最新作が登場。

■特典
<Blu-ray限定版・DVD限定版特典>
小池健描き下ろし三方背BOX
監督・小池健が本作のイメージを描き下ろした、スペシャル三方背BOX!
豪華設定資料集「次元BOOK」(約100p)
キャストやスタッフのインタビューを盛り込んだ約100p豪華設定資料集。「次元大介」の魅力を完全解説!
「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 原画集」
本作の精巧な絵の魅力を余すことなく紹介した、ファン垂涎の別冊原画集!
【映像特典】
予告編集
【音声特典】
豪華二本立てオーディオコメンタリー!(予定)
キャストによるオーディオコメンタリー(出演:栗田貫一、小林清志ほか)
スタッフによるオーディオコメンタリー(出演:小池健監督、浄園祐プロデューサーほか)

■ストーリー
秘宝「リトルコメット」を狙い東ドロアに潜入したルパン三世と次元大介。
ルパン達は「リトルコメット」を盗み出すが、何故か行く先々に警察が待ち構えている。
かいくぐり逃走するルパンと次元だったが、どこからも死角のはずのビル影から飛び出した瞬間、一発の銃弾が次元を襲う!
次元はルパンとともに墓地を訪れる。
そこには『次元大介』の名が記された墓が!次元は噂を耳にしていた。
ターゲットの墓を事前に用意する殺し屋・ヤエル奥崎のことを。
その男に墓を用意され生き延びた者はいないという。
ルパンと次元は、墓に残された花を手掛かりに、ヤエル奥崎のアジトを特定、潜入する。
武器工房のような一室にモニターがあり、そこには囚われた不二子の姿が!
驚く2人の前に、遂にヤエル奥崎が姿を現す。
ついに対決の時を迎える二人のガンマン、ヤエル奥崎と次元大介。
一瞬の間。空気を切り裂き銃声が響く。
撃たれたのは――!!!

■キャスト
ルパン三世/栗田貫一
次元大介/小林清志
峰不二子/沢城みゆき
銭形警部/山寺宏一
クイーン=マルタ/皆瀬まりか(歌:Beverly Staunton)
ヤエル奥崎/広瀬彰勇

■スタッフ
原作/モンキー・パンチ
監督・演出/小池 健
プロデューサー/浄園 祐
企画/加藤州平 加藤良太
脚本/高橋悠也
クリエイティブ・アドバイザー/石井克人
音楽/ジェイムス下地
キャラクターデザイン・メカニックデザイン・作画監督/小池 健
美術監督/田村せいき
ビジュアルコーディネーター/斎藤裕子
色彩設定/茂木孝浩
タイトルデザイン/関口修男
デザインワークス/山下敏幸
撮影監督/田沢二郎
編集/笠原義宏
音響監督/清水洋史
音響効果/徳永義明
録音調整/丸井庸男
アニメーション制作/テレコム・アニメーションフィルム
製作・著作/トムス・エンタテインメント

原作:モンキー・パンチ(C)TMS

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

モンキー・パンチ原作「LUPIN THE 3RD」シリーズ第2弾。孤高のガンマン・次元大介を主役に、ルパンと相棒になっていく男の生き様を描く。秘宝“リトルコメット”を狙い東ドロアに潜入したルパンたち。だが、逃走する次元を1発の銃弾が襲い…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
1stルパンを小学生の時に観ていました。2ndルパンになった時、楽しみながらも???な違和感を感じ、やがてあまり楽しく感じなくなりました。私がルパンに求めるもの、それは、大人のエンターテインメント。ハラハラドキドキする冒険、奇想天外な仕掛け、危険、セクシャルなサービスショットと、ほろ苦く、淋しいハードボイルドな雰囲気。前作「不二子という女」も悪くはなかった。ドタバタ活劇のようなルパンとは一線を画し、原作や旧ルパンのテイストを現代に落とし込む姿勢にエールを送りたい。ただ、ちょっと暗かったですね。日常生活にウンザリしているであろう、多くの視聴者が求めるのは、ルパンという物語が生み出すカタルシス。本作「次元大介の墓標」はスタイリッシュな映像、アクション、カーチェイス、謎、危険な敵、お色気、ハードボイルドな雰囲気、すべてを満たす良作です。ちょっと値段が高いけど…。クリエイターの皆さん、次作もお願いします。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
他の方々のレビューにある通り、素晴らしい作品。
当方は、小学生時代に1stや2ndを再放送で何度も何度も見ていた、そんな世代。
しばらくぶりに本放送されたPARTⅢや劇場版1作目・2作目含め、それぞれ良さはあったが、
その後の毎年恒例となったTVスペシャルからは遠ざかっていくことになった。
代わりに、ちょっとお金に自由出来る歳になってから、
定価10万円ほどの1st~PARTⅢ、劇場版1・2(ついでに3も)が入ったDVD-BOXを購入して、
空き時間があればこれを繰り返し見てきた。
久々にシリーズ化されたスピンオフ前作の不二子版に期待していたが、TV放送で見て個人的にはガッカリして、
その流れもあり、本品購入もしばらく考えていなかった。
しかし、amazonレビューでの評価の高さに期待して、発売から一年ぐらい経って、ようやく本品を購入。
結論⇒もっと早く購入しておけば良かった。
詳細は皆さんが既に書いてくれているし、文章が上手くないので差し控えるが、
ハードボイルドな世界観、ルパン・次元に対する表現の深さは、昔ながらのルパンファンなら間違いなく感動モノ。
1st前半や劇場版1作目の雰囲気に近いかな。
本作には五右衛門は出てこないが、本作の世界観
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ルパンのスピンオフ・アニメ『峰不二子という女』のスタッフが再び集結。前作で作画監督を務めた小池健氏が、今度は監督に挑戦したのが本作『次元大介の墓標』だ。
元々はOVAとして企画されたそうだが、6月に限定上映され、土日の前売りは売り切れ、平日も満員状態という人気ぶりで、この一見マニアックで渋すぎるきらいすら感じられる本作の話題・人気ぶりを見せつけた。

東西冷戦の時代に、とある東側の国に潜入したルパンと次元の前に立ち塞がる、強敵スナイパー・ヤエル奥崎。正確無比な狙撃の腕、そして次元をも凌ぐ早撃ち・・・放たれた凶弾が、次元を貫く!

本作の魅力は、あの時代を憶えている人間にはたまらない、ざらついた感覚である。小池健氏による、モンキー・パンチのスタイルに近い、ねっとりとしたタッチの画のみならず、あえて時代まで冷戦の最中に逆行させたことで、ピンと張り詰めた空気までが映像の中に凝縮されている。
アクション映画がかつて持っていた、クールでニヒルでドライな肌触りが、フィルムの中に再び息を吹き込まれたのである。
考えてみれば、冷戦構造が崩壊したことは、国際社会のみならず人間の営み、文化・・・さまざまなものに影響を及ぼした。緊張の糸が切れたことで、文化は豪奢な方向へひた進み、’80年代から’90年代にかけて、アクション映画はただ銃
...続きを読む ›
4 コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ルパンと次元はほんとにかっこいいなあ……
いつもお茶の間で愛されるルパンとはまったくの別物、おそらく最も原作に近いルパンと次元がここにいます。
ルパンと次元は怪盗とガンマンですから、まったく別の性質の人間です。お互いの気持ちは分かり合っているわけではなく、違う所をうまく摺り合わせながらコンビを組んでいるのです。そんなふたりがどうしてこんなにも完璧に見えるコンビなのか、それは間違いなく、お互いをのの知り合いながらも、喧嘩しながらも、とても尊敬して自慢に思っているからでしょう。この作品にはそんなふたりのやりとりが端々に見られます。
大切にしているわけでもなく、尊重しているわけでもなく、あーあ仕方ねえなあこいつは、なんて呆れながら、それでもうまが合うなんて、不思議ですよね。
だからこんなにもふたりのことが好きなんだろうなあ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック