通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
To LOVEる -とらぶる- ダークネス (4)... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

To LOVEる -とらぶる- ダークネス (4) (ジャンプコミックス) コミック – 2012/3/2

5つ星のうち 4.9 35件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • To LOVEる -とらぶる- ダークネス (4) (ジャンプコミックス)
  • +
  • To LOVEるダークネス 5 (ジャンプコミックス)
  • +
  • To LOVEる -とらぶる- ダークネス (3) (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,460
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

To LOVEる -とらぶる- ダークネス (4)


登録情報

  • コミック: 193ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/3/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088703944
  • ISBN-13: 978-4088703947
  • 発売日: 2012/3/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
もし、自分が性について悶々としていた中学生時代にこの漫画に出会っていたら、きっと一生忘れられない思い出になっていたことでしょう。展開とノリは一貫していますが、とにかく「これは小中学生でも買えていいのか?」といつも思いながら読んでいます。矢吹神はどこまで限界に挑まれるつもりなのか?いや、神には限界などもはや無いに等しいのか?と感じます。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 ヤミの出生と過去、それについて今回詳しく語られました。同時にヤミの生みの親、ティアーユ・ルナティーク博士についても語られ、そのキャラがそのまま本編にも新キャラとして登場。伏線からここまでの展開、早いなー。
 ヤミのサービスシーンが、これでもかと(実際のもの、妄想のものも含め)てんこ盛りでしたねー。まあダークネスになってからは、美柑始め誰も彼もがサービスシーンは多いのですがそれでも、ね。胸の突起は当たり前、股間も見様によっては――というところ。いやあ、矢吹先生は思春期の青少年にとっての正しく神やでぇ……。
 とはいえ「ダークネス」な精神部分での描写もきちんとあり、単に肌色多めの漫画に終わっていないのがこの漫画のいいところです。モモやメアの、基本暗い(ダークネス)ながらもちらと見せる心の揺らぎ――最高です!5巻も本当に楽しみです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 m.h 投稿日 2012/3/13
形式: コミック Amazonで購入
なんとなく4巻まとめて買いましたが買って正解でした!

エロ単体の内容というわけではなくストーリーの中にうまく溶け込んでおり
バランスの取れた内容になっています。
こういった漫画はワンパターンになりがちと心配していましたが大丈夫そうです
そしてなにより気になったのが絵の品質!
すごく丁寧で絵を見ているだけでも幸せです(笑)

話を楽しみ絵を楽しみ一度で二度おいしいお得感!

気になっている方は是非手に取って見てください
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
とにかくエロい!と噂に聞いていましたが
一般誌でここまでやってくれたか!という感じです。
キャラの可愛さはトップレベルですね。
それでいてストーリー展開も忘れていない所は
非常に好感が持てます。
しかもカラー口絵が4枚も入っている事に驚き。
どれだけサービスがいいんですか…。
これを機に揃えてみたいと思わせる漫画でした!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
自分はSQを買わずにコミックスで読んでいます。
数ヶ月に一度のこの楽しみはたまんないですね。
この巻の作者のコメントにもありましたが、
シリアスな部分が増えてくるのもダークネス
での見どころだとおもいます。
この先の壮絶な展開(いろんな意味でw)に期待
してまた数ヶ月後お目にかかろうと思います。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 el10106 VINE メンバー 投稿日 2012/3/2
形式: コミック
はい。矢吹神のお時間です。

今回も神修正が連発でございます。

本誌を所有している方は、是非比較をしてみてください。
神の妥協を許さぬこだわりを感じられるはずです。

特に驚愕すべきはティアーユの某シーンの修正です。

これは、とある筋によると、某掲示板にてファンが以前、
「ティアーユのち○びはこれくらいだったら嬉しい」
と修正コラをアップしていたそうなのですが、どう見てもそれが反映されているとしか思えない修正だと既に話題になっております。

私もそれを知り、即本誌との比較を行ってみたのですが、間違いなく反映されていると考えて差し支えないと思われます。
だって位置まで細かく反映されていますから!

もはや神は神を超越しようとしています。

つくづく自分が矢吹神と同じ時代に存在していることに感謝せざるをえない・・・
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
全体的には“ヤミちゃん”の過去物語が多いです。かなり地球に馴染み“リト”にも心を開いている、いい話も増えました。もう一つ“ナナ”に「ケダモノ」と言われるリトの裸が、女の子の前に出るシーンも増えました。

1・2話(13・14話)
常に戦闘に備えて深く眠らない“ヤミ”とリトの手が“ララ”の発明品で手が繋がり「えっちぃ」ことが色々。プラス“モモ”の妄想。眠る前にティアーユ博士との幼少時代の話をしていたところで手が離れ、“リト”が喜ぶと“ヤミ”は怒り髪の毛ハンマーで「バカ・・・」と。そのまま気絶したリトの腕にしがみついて、久しぶりの深い眠り。

3話(15話)
“ティアーユ博士”はドタバタもなく、新任教師として冒頭からあっさり登場です。御門先生の発見で。ドジっ子キャラ。表紙も眼鏡の女性です。校長の変態が理解出来ず、リトが救い出し逃げるが、“ララ”に渡された“ぴょんぴょんワープくん”で2人は裸。そこにいたヤミがリトに髪の毛パンチ。再会したヤミを見て博士の口から例の・・・本当の名前が。誕生や別れの秘密が明かされる場面展開後、今の自分は“ヤミちゃん”ですと。

4話(16話)
“メア”がティアーユ博士の前に登場。“お静ちゃん”が守ろうとするが、リト並みのズッコケ体質のティアーユ博士が、モモに渡された相手を
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック