通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
To LOVEる -とらぶる- ダークネス (1)... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

To LOVEる -とらぶる- ダークネス (1) (ジャンプコミックス) コミック – 2011/3/4

5つ星のうち 4.6 67件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • To LOVEる -とらぶる- ダークネス (1) (ジャンプコミックス)
  • +
  • To LOVEる -とらぶる- ダークネス (2) (ジャンプコミックス)
  • +
  • To LOVEる -とらぶる- ダークネス (3) (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,542
ポイントの合計: 116pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

リトのトラブルな日常が帰ってきた。ララの双子の妹・モモとナナが彩南高校に転入。モモは、「ハーレムを創る」という怪しい計画を練り、リトを肉食男子に変身させようとするが……!? 更には、謎の敵がリトを襲撃して!?


登録情報

  • コミック: 228ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088702050
  • ISBN-13: 978-4088702056
  • 発売日: 2011/3/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
もっと早く読めば良かったです。
すごいとしか言いようがない。
エロや萌えの絵はもちろん、この脚本も。

エロというのはキャッチーですが、一見キッチュなフィルターがかかりやすいものです。
「たしかにエロはすばらしいけれど、それだけ」
そんな印象を持ちやすい。
画に目が行きがちで、それを支えている脚本に目が行きにくいものです。

それでも、気づけばもう疑いようがありません。
矢吹健太朗氏と長谷見沙貴氏の、その能力がどれほど高いか。

12巻まで通しで読みました。
えっちぃシーンはもう本当にえっちくて最高。
これはもう誰もが口を揃えて言う話。

そして、読み返しながら気づくのは
ヒロイン(楽園計画の候補者)の好感度が
自分の中で全員高いということです。

キャラ萌えに極振り特化したマンガは数え切れないほどにあります。
ストーリーなんて二の次で、とにかくキャラがかわいいことを追求する、
そんな作品は、名作から駄作までいくつもあります。

けれども、ここまで“全ヒロインに萌える”“全ヒロインがかわいい”マンガは
読んだことがありません。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ToLOVEる単行本化の際の、毎回恒例大量修正、もとい描き直し。
矢吹さん、ダークネスでもやってくれました。
スクエア誌上では既に先端が解禁されている為どうなるかと思ったが、心配無用でした。

・誌上では存在しなかった、さらなる先端の解禁
・お風呂シーンでのスジらしきものの追加
・ヤミ蜜柑、ふくらみの減少(更にロリっぽく)
・まさかの追加ページ
・他多数

数えるとキリが無い加筆修正の数々に驚愕すること間違いなしです。
個人的には掲載時Verの単行本も欲しいなーなんて思ったり。
お願いします、集英社および矢吹神。
コメント 155人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
タイトル通り、モモの可愛さが尋常じゃないです。モモ中心のストーリー展開なので、前作のTo LOVEると違って、よりモモの可愛さが際立っています。

それに矢吹先生の絵は相変わらずお上手で、描写の見せ方がとても巧みなので、本当に読んでいて楽しいです。

というわけで、次の巻が非常に楽しみです。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
5年近く前に始まったタイトル。更に1年ブランクでも、今が旬だと言わんばかり。(アニメ2期では逆の印象しか持たなかった俺は、やはり原作派なんだろう。

乳首の力凄し(笑)というよりは、矢吹さん、長谷見氏ペア!の力凄しとしか言う他ないと思います。
殊、絵に関しては矢吹氏の表現力が逸脱。始めて見たわけでもないのに、今更「やべーw」なんて初心を思い出されてキャラの色気に魅入ってしまう。
アダルトな作風だけを観るならアニメも漫画も沢山ありますが、少年時代を思い起こさせるようなドキドキ感を的確に突ついてくる作品はレアで、月日が経とうともこういった作品を追い求めてしまう♂の悲しくも有難い性があります…^^;

妹達に光を当てたスピンオフというのも面白い試みであり、またスピンオフそれ自体が個人的に好きなので期待してます。
(また今後アニメ化があるかもないかもですが…。もうしないでほしいとは全く思いません。してほしいとも思いません。これだけの人気作がアニメという一つの偉大なメディアで新しい価値をあまり見出せていないと感じるのは、ちょっと寂しい。そんな気持ちなだけですよ^^;)
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ララの妹のモモによるリトと正妻&側室とのハーレム達成計画を描く続編。
掲載誌が移動したことで表現が前作以上に大胆になり、最初から
・ララ
・春菜
・モモ
・ヤミ
・ナナ
・唯
の六人との間に将来的なリトとの子作り(=妊娠)が織り込まれます。

しかも六人中、ララ・ナナ・モモの三人は実の姉妹で、将来的に生まれる子供同士も「異母兄弟姉妹」になることを
示唆され、母子二代で兄弟姉妹という凄い家族関係が堂々と予言される。

「みんなで幸せになる」というのがどうやらコンセプトらしく、確かにそれを果たすエンドは「複数妻END」しかないように思える。
ヒロインの一人「ヤミ」の過去がこのシリーズのもう一つの軸で、ヤミの命を狙う連中の襲撃も度々入るなどします。

モモの計画もあって、リトはとっくに複数名と肉体関係を結んでいても何らおかしくない状態。
むしろ「一人もいないとしたら逆に不自然」なくらい(こんな環境で!)

画とキャラについては特Aランクなので、要は設定と物語で引き付けられるかなんだが・・・・・
原作者が別に付いてるほどの意味合いがあるのかは謎(別にひとりでも考えられるんでは?)

最終的に主人公がヒロインの中から一人を選ぶなどという展開がこれ程想像できない漫画も他にない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー