LOOSER 失い続けてしまうアルバム [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

LOOSER 失い続けてしまうアルバム [DVD]

5つ星のうち 4.4 73件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,298
価格: ¥ 3,324 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 974 (23%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • LOOSER 失い続けてしまうアルバム [DVD]
  • +
  • TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ [DVD]
  • +
  • HONOR ~守り続けた痛みと共に [DVD]
総額: ¥9,972
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: TEAM-NACS, 森崎博之, 安田顕, 佐藤重幸, 大泉洋
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2004/12/24
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 73件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00030609C
  • EAN: 4527427627604
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,936位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

全18ステージで11,600人を動員した劇団TEAM-NACSの「LOOSER 失い続けてしまうアルバム」を映像商品化。新撰組をモチーフにしたオリジナル・ストーリーを収録。

レビュー

出演: 大泉洋/音尾琢真/佐藤重幸/森崎博之/安田顕
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「水曜どうでしょう」からNACSを知った一人です。

一時、演劇が好きで、SETや第三舞台など、有名劇団の役者さんがたくさん出演している演劇を
見てきました。

だからでしょうか。
たった5人しか舞台に立たないというNACSに、意外な驚きとおもしろさを感じました。

ひとり3役4役は当たり前。演じ分けに衣裳の早替え。
しかし、よくやってると思います。
5人の出演者で舞台を構成し、まとめるというのは非常に難しい作業だと思います。

でも、このことを彼らは楽しんでいるようで、それがよく伝わってくる。
(副音声を聞くと、さらにこのことを感じて貰えるのではないかと思います)

このことがNACSの一番の魅力だと思うし、見どころだと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
演劇に詳しい方の厳しい意見も拝見して、覚悟して買いました。
私は全くの素人ですが、劇団としての未熟な感じは漠然と感じる部分
もありました。確かに。

ですが、NACSファンになった私には、演技の未熟さなどはふっと
ばす、NACSメンバーの熱い演技が心に染みました。

いつも思うのですが、小説にせよ演劇にせよ音楽にせよ。
未熟なのか熟達しているのか、というよりも、いかに観る者聴く者の
心に響かせられるのか、と言うことの方が大事ではないかと。

専門家の方々のおっしゃることはそれはそれ、NACSの皆さんは心
に留め、今後も精進なさるのでしょうが、未熟なNACSの演技で心
が動くのは、やはりNACSの魅力なのではないでしょうか。

安田顕さんにあまり興味がなかったのですが、これを見て驚きました。
芹沢鴨。この歴史上の人物も興味を持ちました。凄みのある演技。声。
ヤスケンさん、すごい人かも。
あと音尾さんの歯切れのよい、聞きやすい声が魅力でしたね。

大泉洋氏の大ファンで、NACSに興味を持ちましたが、こんな初心者
の私にも十分楽しめる舞台でしたよ。

あと、特典
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私は楽しみました。笑いましたし、感動しました。
正直ちょっと泣きました。

モチーフとして新撰組とはまた新鮮じゃないなあとも思いましたし解釈も別段新しいとはおもいませんでしたが、
テーマに手垢が云々とか、劇団としてかくあるべき的発言とかいうのは個人の理想論でしょう?

私は大上段に演劇を裁けるほど演劇に造詣が深くないのですが、
それでも5人を使いまわした構成には感心しましたし、演者それぞれのムラもたのしみました。

それは“演劇”ならではの面白さだと思いました。

まだまだ成長過程の劇団のひとつの成果として、買って後悔無しの大満足です。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hide 投稿日 2008/11/2
Amazonで購入
勢いのある北海道の劇団という風の噂は聞いていたけど、DVDを買おうと思ったのは、「ハケンの品格」で気になった大泉洋の舞台のお芝居を観てみたいと思ったから。

1度目は、何だが荒削りだなという印象でした。おもしろいんだけど、主張が声高でうるさいなというところもあって・・・。背景の説明も親切と言うより、ちょっと煩わしい感じ。でも、すごく好きなところもあって、何となく気になるヤツ。何度観ても笑えるし。

気になって2度目も観ました。1度目よりすんなりみれました。

そして、3度目、4度目と、今まで何度観たかわかりません。

完成度の高いお芝居もあるでしょうし、芸術性の高いお芝居、志の高いお芝居もあるでしょう。見終わったときには、心が震え、しばらくじっとその場にすわっていたくなるような・・・。でも、そんなお芝居は、何度も見返さない。少なくとも私はそうです。

このNACSの「LOOSER」は、何度も観たくなる。そんなお芝居です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品はシアターテレビジョンで放送されたものを観ました。
客演を迎えず、本当にTEAM-NACSの5人だけで構成した作品でしたが、
これだけの登場人物をよく演じきっていたと思います。
一人何役もこなすのを逆手に取った設定も見事。
かなり「生みの苦しみ」を味わった作品だったそうですが、
最後まであがいた分、いい作品に仕上がっていると思います。
個人的には、登場人物の一人である「佐藤重幸」が他人に思えなくて...。
誰が誰だか混乱するかもしれないですが(一人何役もこなしてますから)、
一度といわず二度三度と観ていくと、何かじんわり感じるものがあるんじゃないでしょうか。
ぜひお手元で何度も観てほしい。私はこれで芹沢鴨が好きになりました。
それにしても、テレビでは見られない「いいお顔」をしていらした、5人とも。
舞台に上がると眼が変わるんですね。演劇と真摯に向き合ってるからなんでしょう。
大泉さんが「タレントと役者、両方でバランスが取れてる。両方やりたいんです」と
おっしゃった意味がわかった気がします。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック