この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

LEVI’S(R) BLACK PRESENTS アナザー・サイド・オブ・ミー Limited Edition

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の マーカス・ミラー ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2006/7/19)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 67 分
  • ASIN: B000FIHC6C
  • EAN: 4988002507641
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 172,756位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ブラジリアン・ライム
  2. テイキン・イット・トウ・ザ・ストリート
  3. ガールズ・アンド・ボーイズ
  4. ブーメラン
  5. カム・トゥゲザー
  6. ラッシュ・オーヴァー
  7. パワー
  8. イッツ・ミー・アゲイン
  9. スネイクス
  10. ユア・アメイジング・グレイス
  11. シルヴァー・レイン〔Guitar Mix〕
  12. ブラック

商品の説明

メディア掲載レビュー

Levi`s(R)BLACKとの共同プロジェクト。マーカス・ミラーの書きおろし楽曲、エリック・クラプトンやTAKE6、チャカ・カーン他とのコラボレーション曲を中心にセレクトしたコラボレーション・アルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
アルバムはベーシストで選べば失敗しない、とはよく言われることですが、いつ聴いても飽きない珠玉のアルバムです。

リチャード・ボナも大好きですが、リチャード・ボナの演奏からはアフリカの大地を駆け巡る野性的な疾走感やうねりを感じるのに対し、マーカス・ミラーの演奏からはとても洗練された感をいつも受けています。

その、マーカス・ミラーがスーパーアーティスト達のバックで演奏しているのがこのアルバム。 正直言うと、マーカス・ミラー本人のアルバムは、ベースが出すぎている感もあるので、僕はこれくらいが一番聞いていて楽しいです。 僕が一番気に入っているのが、デヴィッド・サンボーンとの共演の"Snakes"。リズムが好きな人なら、このイントロにメロメロになってしまう事でしょう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
とにかくカッコイイ!

ジャケ買いってのもアリなCDです。

初回限定のLevi'sのデニムにラッピングされてそれもカッコイイ!

楽曲はというと、軽いマーカスBESTになっています。

この曲って前回のCDと一緒じゃんってのもあります。

違うバージョンで聞けなかったから星は4つにしましたが、マーカス好きなら、買うべきでしょう!

これからマーカスってどんな人?と興味がある人も聞いてみて下さい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2008/12/29
形式: CD
聴き続けられるアルバムです、クルマで朝出勤または休日ドライブの時、満員電車でも一曲目のBrazilian Rhymeめちゃくちゃ気分良く一日をスタートできます!!!ゲスト陣も多彩で一曲一曲じっくり聴けます、ベースプレイヤーは特にMarcusはアレンジは天才ですね!曲に味付けを加えるのがいいんですよ! こういう一枚どうですか、疲れてる人? 特に元気でますよ!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 n-adam15 VINE メンバー 投稿日 2010/6/2
形式: CD Amazonで購入
マーカス・ミラーはかなり黒い音楽をいまだにやっている。なるほどマイルスが愛でただけはある。昨年のZEP札幌でのライブは比較的オーソドックスな現代ジャズコンサートだったが、なんとも才能にまだまだ余裕をもたせて活動している印象がかっこよかった。昨今のアルバムではジミヘン、ビートルズ、ベートーベンの曲までをも利用して自分らしい解釈によって成功を収めている。本作でもクラプトンとの『SILVER RAIN』が再登場しているが、このように優れた楽曲やミュージシャンをボーダレスにして活用するあたり、マーカス・ミラーの懐の深さと音楽性の質の高さを実感できる。それにしても初回限定というふれこみでリーバイスのブラックジーンズをカバーに付けたのはいいが、リリースより4年経った今現在でも入手簡単というのは、なんともこのジャンル(こういう色分けは好きではないが・・・)の人気度が垣間見れる悲しいひとときを感じた。ちなみに一部のロック紙ジャケなんてどうせリマスタされて数年以内にアンコールリリースされることがわかっているにもかかわらずあっという間に入手困難になるというのに。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kasa2001 トップ500レビュアー 投稿日 2012/4/28
形式: CD
何にも聴きたくない時に、気まぐれで所謂テクニシャン&フージョン系の作品を買うことがある。
そこには、もしかして凄まじいダイナミズムに遭遇すかもしれないという期待があるかもしれない。
またはテクニックに裏づけされた安定したサウンドに身を任せてみたいという欲求があるかもしれない。

しかし、そんな期待や欲求は、大抵は裏切られ満たされることはない。
残念ながらこの作品も駄目だった。

なんというか、この人バカテクなのに退屈なリズムが続くのである。
ベースがうるさいって・・・、完全に怒られますね、私・・・。
D1は良いと思ったが、そもそも原曲が短くも素晴らしいインタールードなのだし、D2、D3、D5あたりのカバーは原曲の足元にも及ばない出来だ。
なんとか、D6が聴けたかな。

相性最悪ってことで。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック