通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 musetto10号店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■【併売商品につき、在庫切れの場合がございます】簡易クリーニング済。中古のため多少の使用感を感じる傷みや、焼け、シミ、書き込み等がある場合がございます。また、帯、付属品や特典が欠品している場合がございます。不明な点に関しましては、お気軽にお問い合わせください。■原則ゆうメールでの発送になりますので、日祝は届きません(追跡サービスや時間帯指定もお受けいたしかねます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲 (英語) ハードカバー – 2013/6/26

5つ星のうち 4.4 69件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 29

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲
  • +
  • 女性(あなた)の知らない7つのルール―男たちのビジネス社会で賢く生きる法
  • +
  • 女性のためのリーダーシップ術 (経営者新書)
総額: ¥4,255
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

日本で10万部突破! ソニー・ピクチャーズが映画化権を取得!
全世界で150万部突破。多くの人の人生が変わり始めています。いま女性も男性も「一歩」踏み出そうする波が広がっています。

■ 米アマゾンで総合第1位。フェイスブックのCOOが書いた、全米大ベストセラーの話題作! その「一歩」を踏み出せば、仕事と人生はこんなに楽しい

■ 新規大卒者の50%が女性となってから30年が経過したにもかかわらず、いまだにアメリカの政府や企業のリーダーの大多数は男性です。つまり、社会生活に大きな影響を与える決定において、女性の声が平等に反映されにくい状況が続いているのです。この問題は、日本ではより顕著です。なぜ女性リーダーが生まれにくいのでしょう? その原因はどこにあるのでしょう?

■ フォーチュン誌の「世界で最も有力な女性50人」、タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選出されたフェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグが、女性たちのポテンシャルをすべて引き出し、自分の幸せとキャリア上の成功を手に入れるための方法をお教えします。

■ 会社での交渉術、メンターの見つけ方、よいキャリア設計、「すべてを手に入れる」という発想をやめる……など、実際的なノウハウを、自分のキャリアと家庭生活と子育てを振り返りながら伝授します。TEDで200万回以上も視聴された動画から生まれた本書は、自分の目標に向かって一歩踏み出し、全力でゴールをめざす女性たちへ、また平等な世界を築きたいと考えている男性たちへ贈る強いメッセージです。

■ マーク・ザッカーバーグ推薦!
「この5年間、シェリルの隣のデスクで働きながら、ほとんど毎日のように彼女から学んできた。彼女にはとてつもない知性が備わっていて、どんな複雑なプロセスやどんな難しい問題にも解決策を探し出してくる。この本は、他人から最高のものを引き出すノウハウと既存の情報とを組み合わせるという彼女の才能が発揮されている。とても優れていて、それでいて正直で、おもしろい本である。 この本は、とりわけ男性に読んでもらいたい。とくにより良いリーダーに、より優れたリーダーになりたい人たちにお勧めである」

内容(「BOOK」データベースより)

新規大卒者の50%が女性となってから30年が経過したにもかかわらず、いまだにアメリカの政府や企業のリーダーの大多数は男性です。つまり、社会生活に大きな影響を与える決定において、女性の声が平等に反映されにくい状況が続いているのです。この問題は、日本ではより顕著です。なぜ女性リーダーが生まれにくいのでしょう?その原因はどこにあるのでしょう?フェイスブックのCOOが書いた全米大ベストセラーの話題作。その「一歩」を踏み出せば、仕事と人生はこんなに楽しい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 304ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2013/6/26)
  • 言語: 英語, 日本語
  • ISBN-10: 4532318971
  • ISBN-13: 978-4532318970
  • 発売日: 2013/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 13.2 x 2.5 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 69件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,006位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
以前,たまたまテレビで,TEDでのシェリル・サンドバーグのスピーチを聞きました。
働く女性に対して,「遠慮せず,まずは会議のテーブルにつきなさい(Sit at the table!)」と叱咤激励する内容でした。
かなり感銘を受けましたが,
その後,本が出ていることに気付き,手に取りました。

二児の母でありながら,facebookのCOOをこなすスーパーウーマン。
能力,資力,よき夫,よき子供にめぐまれているからこそ出来ることだと思います。
ですが,シェルルレベルの能力はなくても,
「私には無理」と尻込みする前に,まずはチャレンジすることが大切だと教えられました。

日本は,男女共同参画という面で他の先進国よりかなり遅れをとっており,
昔ながらの男女役割分担の考えが根強いと思います。
しかし,この本を読む限り,何歩も先をいってるはずのアメリカも根本的には変わらないようで,
長く険しい道に愕然とします。

それでも,職場の上の世代の女性たちは,何か「男らしい」ことをウリにしている感がありましたが,
自分の世代は,女性であることを否定したり忘れたりしなくても仕事ができているし,
下の世代は,さらにノビノビとして,シェリ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/2
形式: ハードカバー
正直なところ、ずいぶん身構えて読んだ。なにしろ世界で最もパワフルな女性ランキングでミシェル・オバマより上につけた女経営者が自身のキャリアについて語った本という打ち出しである。いまとなっては笑い話ですませられるくらいの失敗談をスパイス程度にまぶした、よくある有名人経営者の「節目の記念出版」みたいなものだったときの失望をあらかじめ織り込んで読んだ。これこそ、「成功している女性」への先入観そのものだろう。サンドバーグは最もパワフルな女性ランキングの上位に躍り出たことを否定したり隠したりしようとして同僚に叱られたと告白している。嫌われないように成功を隠したり控えめに言ったり、交渉することをはなから諦めることが習い性となっていた。彼女ほどの女性がである。この本を読むとアメリカが日本と同等かそれ以上に男性上位の社会であり、(産休を法制化しないなど)女性を特別扱いしないことを平等と勘違いしている厄介な国であることがよくわかる。

・成功と好感度は女性の場合は反比例する
・女性はよい仕事をしていれば自ずと認められると考えている(ティアラ・シンドローム)
・「伝統的な」結婚をしている男性は、「現代的な」結婚をしている男性に比べると、職場での女性の存在にあまり好意的ではない
・伝統的な組織で成功する女性は黙って同化し、「男の一人」になりきれる女性
...続きを読む ›
コメント 267人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
シェリルは、私自身であった。

私は看護師をしています。この本を読んで、病院勤務の看護師とは女性差別の二重構造にあると気付きました。
説明しますと、私達が指示を仰がなければならない医師達は、完璧な男社会です。女社会である看護師は、彼らの世話を焼き、様々なことに気が効くということで評価されます。
医師に物申しようものなら、激しく糾弾されてしまいます。

看護師間でも、目立つことは敬遠され、成果を残す者は排除されます。
看護師の離職率が高いことには理由があります。師長以上の幹部達は、離職の原因が自分達にあるとは認めず、「女だから勝手に辞めていく」というロジックから抜け出そうとしません。
若き看護師達は、イジメにあい(医師からのパワハラ、セクハラは日常茶飯事)過酷な労働を強いられ、離職に追い込まれます。いわゆる、組織のスケープゴートとして、この状況を改善してはならないのです。

私は人材育成を進め、離職率を大幅に下げ、かつベッド回転率を上げ収益を上げ、部下達は多くの学会発表を行うなど、改革を推進しました。

が、上司から言われた一言は、「余計なことをしやがって」です。
結果、成果を出したのにも関わらず、閑職に追いやられました。

ここで私は
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
「はっきり言おう。世界はやはりまだ男が動かしている」
挑発的とも取れるこの言葉の後に続くのはしかし
「制度を変えるには時間と機会を要するかもしれないが、内なる壁は自分が決めた瞬間から崩していける」
として
「一歩踏み出し、進み続けてほしい」と女性たちの背中を押すものだった。

単に行動せよと女性の意識をあてにしているわけではない。背中を押すには理由があり、
★テスト用紙に性別記入欄があるだけで、女性の理系問題の正答率が下がるという自己暗示がある。

★女性は資格や能力を100%満たしていると確信しないと応募しないが、男性は60%もあれば応募してくる。
この違いがゆくゆくは大きな差になる。やりながら学んでいける、と女性はもっと思った方がいい。

★(高い地位の男性が時に示す)威張るポーズを2分するだけで闘争ホルモンが上昇し、自信が持てる。

★男性は仕事に野心を持つよう期待されるが、女性は選択肢の一つに過ぎず、好ましくないとされるすらある。
そういった環境で育てられると女性は何が適切かを読み取り、自ら黙ってしまう。

★辞める辞めないは個人の選択だが、見かけほど自分で自由に決めているものでもない。
女性はあ
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック