LAZZARO がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内送料無料!Amazonプライム対象商品】 ディスクにキズはありません。ケースもキレイです。★100%在庫切れの心配もございません!★ご注文後、直ちに【Amazon.co.jp 配送センター】にて梱包され、迅速・確実に発送致します。どうぞ安心してご注文下さい!
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,380
通常配送無料 詳細
発売元: かばいち堂 【古物営業許可証:第651010000548号】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

LAZZARO

5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,240
価格: ¥ 2,384 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 856 (26%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の D’ERLANGER ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • LAZZARO
  • +
  • the price of being a rose is loneliness(初回限定盤)(DVD付)
総額: ¥7,364
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2007/3/14)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: カッティング・エッジ
  • 収録時間: 46 分
  • ASIN: B000MM0E9S
  • JAN: 4945817145253
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 73,978位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
4:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
3:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
3:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
3:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
2:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
7
30
4:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
8
30
3:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
9
30
4:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
10
30
4:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
11
30
2:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
12
30
4:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
13
30
0:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

内容紹介

伝説のバンドが遂に復活!NEW ALBUMリリース!
1989年にメジャー・デビューし、2枚のオリジナルALBUMをリリース後、突然解散した伝説のバンドD'ERLANGER。90年代に台頭したビジュアル・ロック・ブームの先駆けとして、この後のバンドに大きな影響を与えた彼らが、約16年ぶりに解散時のオリジナル・メンバーkyo、CIPHER、SEELA、TETSUの4名で再結成!3枚目となるNEW ALBUMをリリース。NEW ALBUMはオリジナル・メンバーによる全曲新録曲。

メディア掲載レビューほか

「MARIA」「dummy blue」「ALONE」「月光」「Romeo and Juliet」他を収録したアルバム。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cwalk 投稿日 2007/3/15
形式: CD Amazonで購入
「再結成だけど単純な再結成だと思われたくない」

その言葉どおり自分が好きだった頃のD'ERLANGERよりも断然進化してると思います。

個人的にはがっかりはしませんでした。むしろあの頃のD'ERLANGERのイメージのままでなくて良かったな、と。確かに落ち着くとは思うけれどそれ以上の感激や驚きはない訳で、つまるところせっかくの再結成どのように進化した音を聞かせてくれるのか?

そこに重点を置いていました。

結果的にCIPHERはやっぱり天才だという事。Kyoはどうしてもカッコいいという事。

CRAZEを継承するようなPOPなメロディにD'ERLANGERの特有のダークさが見事に融合していて、誰が何と言おうとその音にKyoのボーカルが乗っかればそれだけでD'ERLANGERです。

4人それぞれがこのこの再結成まで立ち止まっていた訳ではないのでD'ERLANGERの基礎にそれぞれが歩んできたテイストが盛り込まれていても何ら不思議ではないと確信しました。

あの頃を思い出して懐かしさと感激に浸りながら聞いてます。

けど一番の収穫はまた再びこの4人の音が聞けたという事。

もしかしての再結成を望んでき
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
年とるとあらゆる情報に疎くなって('〜`;)
デランジェが再結成してたなんて知らんかったです('〜`;)

レビューで予備知識あったからですけど、やっぱデランジェ…ではないなぁ(・_・;)
「クレイズの新ボーカリストにKYO加入」もしくは「ハードになったダイインクライズ」ですね(・_・;)
別にどっちも好きやったんで、大歓迎しかないです(^o^)/
ただ…リアルタイムにデランジェが解散してなくてこのアルバム出したら、「エッ…」って思ったやろぅとは思いますが(・_・;)
で、ジャケットや歌詞カードのデザインが「バジリスク」っぽいのはワザとなんでしょうか!?

何はともあれ、この年になって、まさかデランジェの新譜を聴けるとは思ってもみませんでした(^o^)/
今度は末長く続けて下さいねm(_ _)m
本当にありがとう(*^o^*)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
この17年でリスナーとしてのROCKの価値観が大分変わりました。

率直な感想は、懐かしく安心するバンドサウンド。

D'ERLANGERの進化系と云うより、Die In Cries + CRAZE後期 の延長線上に聴こえます。

Kyoは枯れた大人の声質になり、ダークな表現力が増した。

一郎は当時のシングルコイル寄りのサウンドではなく、CRAZEの流れでハムバッキングーアンプ直の様な、ソリッドカッティング。もちろん一郎ならではの音。

5曲目イントロのリードギターは、当時を彷彿とさせます。

哲はこれまでのダイナミズム重視の重低音から、シャープでタイトな方向性のサウンドに。

もちろん手癖は哲ならでは。

ベースに関しては飯田成一であって欲しかったけど、成一の輪郭のはっきりとしたピック弾きでは出せない雰囲気。

SEELAのうねるベースだからこそD'ERLANGERと云えるのかもしれません。

ベースは非常に上手いです。

30歳前後のリスナーが圧倒的に多いアルバムでしょうね。

若いJ-ROCKファンがこのアルバムを聴いて、どんな感想を抱くのか非常に気になります。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一郎の弟 投稿日 2007/3/23
形式: CD
17年振りに再結成されたD’ERLANGERのメジャー通算二枚目のオリジナルアルバム。ファンが待ちに待ったアルバムでは、ないだろうか…内容は、昔のような曲全体が耳に残るポップさは、ないのだが今のD’ERLANGERには、一曲一曲のキメ,タメのリフがとにかく似合う。あの四人が出す音には、何か惹かれてしょうがない…激しくも安定した芸術的なドラムに勢いを増させるうねるベース音。そしてより攻撃的な音になったギターに決して負けないKyoちゃんの声が最高です。そこらのロックバンドとは、格の違いを見せ付けられた衝撃的なアルバムでは、ないでしょうか…
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す