L change the WorLd [通常版] ... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

L change the WorLd [通常版] [DVD]

5つ星のうち 2.3 64件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,675
価格: ¥ 2,180 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,495 (41%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、えびすストアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,710より 中古品の出品:62¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • L change the WorLd [通常版] [DVD]
  • +
  • DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]
  • +
  • DEATH NOTE デスノート [DVD]
総額: ¥9,660
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松山ケンイチ, 工藤夕貴, 福田麻由子, 南原清隆, 福田響志
  • 監督: 中田秀夫
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2008/06/25
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 64件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001859AQG
  • JAN: 4988021130684
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 31,783位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あの『デスノート』スピンオフ!!

Lが変わるのか。世界が変わるのか。
知られざる“最期の23日間”に目を凝らせ!

■全世界注目の「デスノート」スピンオフ!
■描かれるのは、「L、最期の23日間」。誰もが知りたかった謎が、ついに明かされる!
■Lでさえ予測不能の展開。今度の敵が手にするのは、人間の手で作り出された《死神》?
■主演・松山ケンイチ×監督・中田秀夫。2008年、Lは更なる進化を遂げる。
■豪華キャストとともにはじまる、もうひとつのLの物語。
■主題歌はレニー・クラヴィッツの「I’ll Be Waiting」

※デザイン、仕様・収録内容は変更になる場合がございます。ご了承下さい。

【本編ディスク】のみ
本編129分/カラー/5.1chト゛ルヒ゛ーサラウント゛,2chステレオ/ドルビーデジタル/片面2層/16:9 LB(予告編集4:3)
★本編 ★劇場用予告編集

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

大ヒット作『DEATH NOTE』で緊迫の頭脳戦を繰り広げた青年“L”に焦点を当てたスピンオフ映画。キラとの闘いを終えさらなる難事件に挑む“L”の最期の23日間を描く。主演は松山ケンイチ、監督は『リング』の中田秀夫。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 映画版デス・ノートの最後を保管する「Lの最後の23日間」を描いたスピンオフ作品…………いや、単なる蛇足にしかなっていない作品。もう、デス・ノートとは全く別物で、某評論家は「でちゅ・のーと」と言ってたが、全くの同感。

 サイバーテロと戦うLという設定なのだが、ウィルスの設定も扱いも「世界さいきょーの毒薬」のような幼稚でもう頭を抱えたくなるし、FBI捜査官で登場する南原清隆さんの「あまりにも」な演技には、「頭痛が痛くなる」。

 映画版デス・ノートを絶賛した上で、松山ケンイチさんが演じるLが好きだという人以外に薦めようのない作品で、レンタルで借りてきた自分が嫌になった。

 敢えて評価するなら、重要な役割を演じた福田麻由子さんの演技力と、ラストのBoyの扱い方。これだけでなんとか☆1つ分我慢しました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 -mo- VINE メンバー 投稿日 2009/1/17
ヒット作のスピンオフだからある程度数字が読めるとはいえ、ちょっと手を抜きすぎだねえ。テロリスト集団(といってもわずか5名也)の信念と行動は唐突で説得力ないし、Lはちっともアタマ使わないし、学校の理科室程度のところで抗ウィルス薬が数日で開発できちゃうし、、。とてもプロの脚本とは思えないけど、或いは意図的にあえてチープな味わい(南原のFBI捜査官は演技・演出とも正気の沙汰とは思えない)として突っ込みどころ満載で作ったのか、、と深読みさえしてしまう。
テロリストはウィルスパニックで人類の粛清を狙っているけど、実際にはウィルスを持っていないので結局パニックは起こせない。でも、自分にウィルス注射してあちこち動き回る女の子って一体なんだ、お父さん殺されて可哀そうというより、一般市民への感染など考えもしないほうがよっぽど凶悪だぞ。
メイキングはよく出来ていて(市販もされている)すごくおもしろそうに思えたけど、これはすっかり騙された感じがするね。
動く松ケンが見られればそれで良しという人はともかく、映画として楽しみたいのであれば他にいくらでもおもしろい映画があるので、わざわざ観る必要なし。特にデスノートファンは不愉快になるだけなので、黙殺したほうがいいかも。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
松山ケンイチさんの好演がもったいない映画だった。

「デスノート」前編・後編を通してワクワクした
Lの追いつめるような頭脳戦がなく期待はずれ。

しかも敵が、藤原竜也さんのキラのような魅力がなく
犯行動機もビミョ〜、いまいち弱くてハマれなかった。

鶴見慎吾さんの最期のセリフなど聞き取れないし、
南原清隆さんも、なんだかなぁ〜という役どころ。

松山ケンイチさんや出演者のファンならOKだけど、
Lが別人のような薄いキャラで淋しかったなぁ〜。

突っ込みどころも多いし、物足りなさが残った。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
デスノート前編後編ともに素晴らしかったのに、今作は最悪の出来。
松山ケンイチさんがかわいそうになる酷さ。
DVDで飛ばし飛ばしでも、観るのがしんどい。これを映画館でなんて退屈すぎる。
Lの頭脳、Lの個性、何にも生かし切れていない。Lがバカすぎる。自転車に乗るシーンのLなんて、正直Lじゃなかった。行動派すぎるだろうL。肉体派すぎて、Lらしくない。
ストーリーも、ホラーなんだかギャグなんだかサスペンスなんだか分からない映画。ウッチャンナンチャンは好きだが、もっとまじめな演技派を使ってほしかった。
そしてデスノートも全然出てこない。デスノートの映画本編の結末を知っている者には理解できるだろうが、前二作を観たことがない人はポカンとすると思う。
松山Lが好きだとしても、今作は観るに値しない。前二作とも原作の漫画とも世界観のまったく異なる映画。松山さんはこんな脚本にも関わらずよく頑張っていると思う。☆1は映画に対してであり、松山さんには☆5をあげたい。これは松山ケンイチの無駄遣い。
ラストの部分だが、デスノート後編のLが死ぬ場面をなぜ入れないのか。あれでは、Lがどのように死んだかも分からないし、そこはちゃんと前二作につなげるべきじゃないのか?
終始納得できない出来だった。中学生の妄想じゃないんだから、もう少しちゃん
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー