現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。

Kvel (クベル) - 音を使って「光の花」を咲かせる LEDキャンドルライト - 本体

5つ星のうち4.0 1個の評価

現在在庫切れです。 在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
  • Kvelは、周囲の音を光のきらめきへと変換する、スティック形状のLEDキャンドルライトです。
  • 商品画像で使用されているグラスは含みません。
  • お好きなグラスに入れて使用します。フラワーベース、ウイスキーグラス、江戸切子など、グラスによって見せる表情は多種多様。
  • 自然な揺らぎと光の模様が、幻想的な空間を生み出し、瞑想やキャンドルヨガの効果を高めます。
  • 外径18mm×190H / 重量60g(電池込). 付属品:単4形アルカリ乾電池2本(電池寿命:約60時間)※充電池使用可

Amazon Launchpad
アイデアあふれる商品で明日をもっとおもしろく。スタートアップ商品をAmazonから。 Amazon Launchpad へ
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!


キャンペーンおよび追加情報

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

この商品を購入した、Amazonコミュニティーのメンバーである出品者、メーカー、またはカスタマーが質問にお答えします。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。


商品の情報

詳細情報

登録情報


商品の説明

自然の火は美しく、私達を癒やしてくれます。 自然の火を超えるような美しさと癒やしを追求し、音の変化を光へと変換させるテクノロジーと、 光をロウソクの火のようにやさしく魅せるデザインを掛け合わせることで、 全く新しい形のLEDキャンドルライトを開発しました。 Kvel(クベル)は、グラスに入れるだけで、癒やし空間を生み出す、スティック形状のキャンドルライト。 1日の疲れを癒やし、美しい明日を迎えるための大切な夜のひとときに、Kvelは「光の花」を咲かせ、安らぎの空間を演出します。

「光」×「音」が生みだす癒しのきらめき

ゼロバイゼロは、光、水、風などの自然物とテクノロジーと掛けあわせ、自然がもつ神秘性・美しさを身近に感じさせる作品を制作しています。様々な現代アート展示会にてインスタレーション・アート作品を展示するほか、自宅などで楽しめるプロダクトの開発をおこなっています。 Kvel(クベル)は、周囲の「音」を「光」のきらめきへと変化させるLEDキャンドルライト。ロウソクのような自然なきらめきと、神秘的な光の模様が、お部屋を癒しの空間へと切り替えます。

新しいキャンドルの形

「グラスに入れて楽しむ」という新たなキャンドルの形を提案。キャンドルの既成概念から離れ、シンプルなスティック状のデザインを採用。表面は金属感のあるシルバーですが、点灯すると光が炎のように浮き出る神秘的なデザインです。小型で乾電池駆動のため、キャンプなどアウトドアにもどうぞ。

グラスの数だけ、楽しみがある

部屋の明かりを落とし、Kvelをゆっくりとグラスに入れてみてください。グラスの模様は「光の花」となってテーブル上に開花します。 フラワーベース、ウイスキーグラス、江戸切子など、グラスによって見せる表情は多種多様。 お使いのシーンなどにあわせて、ぜひお好みの「光の花」を探してみてください。

周囲の音が生む、温かい光

本体に内蔵するマイクにより、周囲の音を光へと変換することで、自然なきらめきを実現。 独自開発したアナログ回路が、ロウソクのような温かみのある光を放ちます。 Kvelを使えば、音楽を聞くだけでなく、視覚的に楽しむことができます。

豊かなきらめきのある食卓

昼の食卓にお花を添えるように、夜の食卓には「光の花」Kvelを。 卓上に温かいきらめきを与えるとともに、部屋を癒し空間へとスイッチします。

より深いリラックスタイムを

Kvelの自然なきらめきと繊細な光の模様が、お部屋を美しく幻想的な空間へと変化させます。リラックスタイムのお部屋の間接照明としてお使いください。ヨガや瞑想、マッサージなどで使えば、Kvelの織り成す神秘的なアート空間が、より深いリラクゼーションへと導きます。

スタートアップについて

Tatsuhiro Iida

Director

Tohru Komahashi

Designer

Shogo Suzuki

Electrical Engineer

商品を3つのキーワードで表現すると?

「光」 × 「音」=「ヒーリング」

商品はどのように着想を得ましたか?

ゼロバイゼロは、2008年に結成し、光、水、風、音などの自然物の美しさ、神秘性を再発見させるインスタレーションアートを制作してきました。 それらの作品を小型化し、自宅などで気軽に楽しんでもらえるような商品を作りたいという考えのもとでKvelを開発しました。 また、レストランやバーをはじめ、様々な場面でロウソクのキャンドルが広く利用されています。ロウソクのきらめきは非常に繊細で美しいのですが、火事のリスクがあり、またロウが溶けて容器が汚れてしまいます。また、ロウソクは消耗品で、日々購入するコストも無視できません。 最近では火を使わないLEDのキャンドルライトも普及し始めていますが、決められたパターンでチカチカと点滅するものがほとんどで、ロウソクのような自然なきらめきはありません。そこでゼロバイゼロでは、周囲の音を利用し光に変換することで、LEDキャンドルライトの便利さと、ロウソクの火の美しさの両立を試みたいと考えました。

商品の最大の売りは?

「ずっと見つめていたくなる、光のきらめき」 Kvelの自然な明滅と、ガラス経由でテーブル映し出される光の模様をお楽しみください。

スタートアップを始めてから最も嬉しかったことは?

使ってくれた方々が、Kvelのきらめきに感動してくれたこと。


カスタマー Q&A