この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Kingdom Come / Machinations Import


価格: ¥ 2,246 通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,246より 中古品の出品:2¥ 3,347より

Cyber Mondayのセール対象商品です

Amazon の Your Works ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • オーケストラ: Oakland Youth Orchestra
  • 指揮: Gerhard Samuel, Robert Hughes
  • 作曲: Henry Brant
  • CD (1996/6/18)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Phoenix
  • ASIN: B000009LUW
  • EAN: 0094629301273
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 1,814,910位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

In most chronicles of 20th-century music, Henry Brant is given a special place as an innovator whose works explore the "spatial" possibilities of music. In many of his pieces, groups of performers are not only placed in different parts of the hall but are also given strikingly contrasting music, often requiring more than one conductor. The first piece on this disc, Kingdom Come, uses two orchestras. In live performances, Brant asks that one orchestra be onstage, the other in the balcony (for the recording, they were recorded in separate sessions). The first orchestra is a standard symphonic group with organ; its music is tense, dissonant, and played loudly and consistently throughout the piece. The second orchestra is, as the composer says, a kind of circus band, consisting of "slide trumpets, slide whistles, sirens, klaxons, buzzers, electric bells, ratchets, air compressors and a soprano who impersonates a psychotic Valkyrie." This curious assortment of instruments produces a strange merry-go-round music that intermittently clashes in an almost tragicomic manner with the serious, modernist tone of the stage orchestra. This is a fascinating piece, and it suggests layers of meaning far beyond those that the composer discusses in his useful notes.

The second piece, Machinations, is interesting chiefly because Brant, through the miracle of the tape recorder, plays all of the instruments himself -- timpani, chimes, xylophone, glockenspiel, organ, a number of varieties of flute, and harp. The work was improvised in a studio, and in the final mix some of the parts were altered electronically.

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ



フィードバック