Kind of Blue がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,171
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 900MP3アルバムを購入

Kind of Blue Original recording remastered, Import, Extra tracks

5つ星のうち 4.6 180件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,171 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 779より 中古品の出品:13¥ 554より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の マイルス・デイビス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Kind of Blue
  • +
  • Waltz for Debby
  • +
  • SAXOPHONE COLOSSUS
総額: ¥4,420
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1997/3/27)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Extra tracks, Original recording remastered, Import
  • レーベル: COLUMBIA/LEGACY
  • ASIN: B000002ADT
  • JAN: 0074646493526
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 180件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 1,092位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
9:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
9:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
5:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
11:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
9:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
9:32
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
マイルスデイビスのCDを購入していますが、外れはありません。本作品もじっくりと聴いています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ブルースペックCDの方が高音で若干クリアな感じがするが、SACDの音表現は目の前で聴いてる錯覚を起こす。特にサックスの音の自然な豊かさに驚かせられた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たすく 投稿日 2017/3/23
形式: CD Amazonで購入
素晴らしいアルバムです。往年の名盤でジャズファンなら必ず持っている一枚だと思いますが、それも当然という 素晴らしいアルバムです。染み込んで来ます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海印三昧 トップ1000レビュアー 投稿日 2013/8/29
形式: CD Amazonで購入
もう批評を書く必要さえない名盤中の名盤。
文句無し。
コーヒータイムに一曲目の「so what?」を流すだけで至福のひとときが味わえる。
最後のフラメンコ・スケッチズまで、まったく隙がない。
余計な演奏やら、ミス・トーンもない。
まさに神作!
天衣無縫とは、この事だろう。
「blue in green」は、落涙モノの名演。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1曲目のソー・ワットのリーダーはビル・エヴァンスですよね。彼のピアノから始まって、チェンバースがベースを合わせ、マイルス、コルトレーン、キャノンボールの順にソロを取っていく。皆イマジネーション溢れるプレイだ。特にトレーンのテナーが素晴らしいね。
2曲目のタイトルはフレディ・フリー・ローダー。何かいい加減なタイトルだが、その実態は、ソー・ワットの倍テン別テイク。ピアノをビル・エヴァンスから、ウィントン・ケリーに換えてぐっと乗りが良くなっている。トレーン、キャノンボールもファーストテイクよりもファンキーなプレイに終始する。エヴァンスを退け、イニシャティブを取ったマイルスのリーダーシップが冴える。君はどっちのテイクがお好きですか?マイルスは、フレディ・フリーローダーのタイトルではなく、ソー・ワットで何回かこの曲をライブ録音しているが、その全部がエヴァンス色を一掃していて(フォー・アンド・モア等)、その実態は本曲のライブである。
3曲目のブルー・イン・グリーンもまたエヴァンスのピアノソロから始まる、エヴァンス色の強い曲である。深い孤独を湛えたマイルスのミュートが卵の殻の上を歩き続ける。続けてソロを取るコルトレーンのテナーも心に浸みる。脳天気な?キャノンボールは此処ではお呼びではなかったようだ。まさにこれぞ「カインド・オブ・ブルー」だ。三人の一世一代の名演に背筋に寒気が走
...続きを読む ›
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
音質がとても良いです!録音が良いのだと思います。このようなSACDがこれからも出てくれると良いですね!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 JFK 投稿日 2014/1/19
形式: CD Amazonで購入
マイルスデービスのトランペットは、すすり泣くと言われておりますが、まさにその通り。
長距離ドライブにピッタリのアルバムであります。
ちなみにタモリさんの早大時代のトランペットは、すすり笑うと言われており、マイルスとは、正反対にあるとか?
タモリさんらしい愉快なエピソードですな。(笑)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1959年にリリースされたモダン・ジャズの傑作中の傑作がこの作品です。
マイルス・デイヴィスがラヴェルなどクラシック音楽を
聴いて研究した中から生み出された旋法(モード)を披露する。
そして、そのマイルスの探究心・開拓力にエヴァンスと
いうアイデアの塊がとけこむ事によって、こんな永遠のような
サウンドが完成した。小賢しい技巧の後を感じさせないのに
完全無欠の質感を放つ。まさに天衣無縫という仕上がりではないか。
全曲静かな緊張感を持ちながら、霊感に似た閃きと共に陶酔がにじみでる。
個人的に好きなのはビル・エヴァンスの浮世離れしたセンスから
生まれた「ブルー・イン・グリーン」。この曲を聴いてると
幽玄な世界にひきずり込まれ、あまりの美しさにうっとりしてしまう。
この作品はジャズファンの方には広く愛聴されているけど
ジャズを聴いたことない方にも是非お薦め。男女年齢問わず
誰にでも薦めます。寧ろジャズを普段聴かない方のほうが嵌まるかも。
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
メロディーはキレイだし、雰囲気はあるし、
ビバップにありがちなブローしまくり吹きまくり、ってのも無いし。
メンツも、コルトレーンにエヴァンス、ウィントンケリー。

これってさぁ〜、どっちかというとJazzというよりも「クラシック的」じゃないすか ?
というか「メロディー重視」というか。

ま、そういう「わかりやすい」のが日本人にはウケるんだろうね。
おそらく、俺の予想は、アルバムの大部分がエヴァンスによるものだと思う。
間違いない。アイディアとかモチーフとかね。
だから「メロディー重視」なんだよね。
ソロだって、「かけあい」みたいなものは無いし、各楽器のパートがきっちり「棲み分け」してあって。。。

で、日本人にウケるんだけど、誰一人として「キャノンボール」を話題にする人はいない(笑)
こういうのも、いかにも日本人らしさというか。
豪華なメンツなら、それで満足なんでしょ?
ポルチェンとジミーコブの名前を挙げて、さも「俺は通だ」みたいな口をきくんだけど、
キャノンボールの名前はいっこうに出てこないという(笑)

このアルバム、すごい聴きやすいからねぇ。
あくまでも、日本人が理想とするJa
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー