+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Kid a Import

5つ星のうち 4.7 141件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,500 通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Asleepが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:15¥ 2,080より 中古品の出品:23¥ 99より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の レディオヘッド ストア

ミュージック

レディオヘッドのアルバムの画像
レディオヘッドのAmazonアーティストストア
58 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Kid a
  • +
  • Ok Computer
  • +
  • イン・レインボウズ
総額: ¥5,405
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2000/9/14)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Capitol
  • ASIN: B00004XONN
  • JAN: 0724352775323
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 141件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 54,348位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Everything In Its Right Place
  2. Kid A
  3. The National Anthem
  4. How To Disappear Completely
  5. Treefingers
  6. Optimistic
  7. In Limbo
  8. Idioteque
  9. Morning Bell
  10. Motion Picture Soundtrack

商品の説明

内容紹介

Radiohead Photos

   
   

More from Radiohead


OK Computer

The Bends

Hail To The Thief

Pablo Honey

Amnesiac

Airbag/How Am I Driving?

Amazonレビュー

   前作『OKコンピューター』の発表直後から、極度のスランプに陥ったトム・ヨーク。3年間もがき苦しんだ末に、今作で彼が選択したのは、まるですべての感情を削ぎ落としたかのようなエレクトロニックサウンドだった。彼らの最大の特徴であったギター・サウンドは皆無。メロディも極限まで抑えられ、アンビニエントな音像と冷たいリズムだけが淡々と響いてくるのだ。
 「ロックとデジタルの融合」などというくだらない方法論のレベルをはるかに越え、現代人の抱える根源的な虚無へと接近してしまった問題作である。(森 朋之)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
このアルバムからレディオヘッドを聴かなくなったという音楽仲間が周囲に多い。
2nd「The Bends」に熱狂した者たちにとっては、3rd「OK Computer」ですら衝撃の変容であり、
この「KID A」に至っては理解不能であった。なぜ同じバンドがここまで違う音楽を奏でるのか?
「The Bends」のようなアルバムはもう出してくれないのか?と。
かく言う私も例外ではなく、買って数回聴いた後は棚にしばらく眠らせていたクチである。

再会はひょんな事からであった。『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』という番組の
エンディングで流れた曲に聞き覚えが・・・。これは確かレディオヘッド・・・。
その曲は「KID A」の1曲目“Everything In Its Right Place ”であった。
理解不能だったはずの曲に猛烈に魅かれていた。
もう一度聴き直してみるべきだと思った。

2,3回聴いただけで駄目出しをしていた自分が恥ずかしかった。
決して難解なアルバムではないし、聴く者を選ぶアルバムでも無かった。
繰り返し聴いていくと、メロディの美しさや心地よさ、ポップな部分までもあるアルバム
であることが分かった。
「The
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
トム・ヨークという人の思考や自意識が、バンドという枠組みを飛び越えて表出した転換作。

エレクトロニカやクラウト・ロックからの影響は確かに濃い。
しかし、それ以上に感じるのが、トム・ヨークというフロントマンのパーソナリティー。
彼の脳内思考をそのまま音像化させたようなとっ散らかった作品。

一番の聴きどころは2曲目の表題曲。
ボコーダーを使った、まるで中期YMOのようなテクノポップ作品なのだが、音処理も楽曲展開もミニマルで洗練されており、この手の音響作品の中でも特筆に値する凄い完成度。
生ドラムのビートを取り込んで完璧にコントロールしており、まるで音の建築物のように堅牢な仕上がりとなっている。
コリンのベースも楽曲の雰囲気を損なうことなく生のグルーブをサウンドに付加している。
ここが、あくまでバンドサウンドの枠組みで音を追求しているこのグループならではの持ち味だろう。
近作に至るまで彼のベースは重要度を増しながらサウンドの核になっている。

ここで実験したことをさらに発展させていき、トムのソロやAFPとなる。
レディオヘッド本体は次作の路線を突き進んでいく。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
2ndのThe Bendsを中心とする、Radioheadのギターサウンドに惚れている自分としては、当初このKID Aというアルバムが非常に不快でした。

How To Disappear Completely、Optimistic のような、トムの声やギターによる比較的なじみ易い曲もありますが、「メランコリック」という領域を逸脱したアルバム全体のその無機質さに拒否反応が出たのです。

また、常々いわれる「トム・ヨークの虚無感が云々」ということについても、納得出来るような出来ないようなという感じでした。

ところがしばらくして、ある状況で聴いたことで一気に疑問が解消すると共に、アルバムの評価が180度変わってしまいました。

皆さんも是非同様に試してください。

夜の一人ドライブの時に聴くのです。これは効きます。

音が出始めた途端、車窓の外の風景は現実感を失い、妙な孤立感を感じました。

自分は確かに(運転して)現実の社会を動き回っているはずが、まるでこの世界に重なって存在する虚像のような世界に自分ひとりだけ生きているような、狭間にあるような、そんな感覚を呼び起こしたのです。

そして思いました。アルバム制作時のトムは、こ
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
Ok Computerが、Radioheadとその他全てのバンドを分けるための領土宣言だとしたら、Kid Aは、彼らが魔境へとたどり着いた知らせだったのかもしれない。「誰にも聴かれない音楽を作ろうと思った」というトム・ヨークの着想から、00年代のベストアルバムに評価された作品が生まれた。そこには、ワーキング・クラス・ヒーローになったOasisのようなサクセス・ストーリーは存在しない。The Bends→Ok Computer→Kid Aの一連の流れは、人間らしさが剥き出しになったトム・ヨークの感性、それは「若さ」という言葉だけでは到底割り切れない、彼の苦難と絶望の結晶である。当時のバンド内の空気を「スターリンの恐怖政治だった」と揶揄するトム・ヨークが作り出した極限状態の体現、Kid Aは比類なき、歴史を変えた一枚だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー