ポイント: 74pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 1月24日 月曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
41 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
Kensington Pro Fit Ergo V... がカートに入りました
無料配送: 1月25日 火曜日 詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazonアウトレットが販売し、Amazon.co.jp が発送します。
シェアする
こちらからもご購入いただけます
追加されました
¥7,300
発売元: 【迅速発送】ネバーレッド(すりかえ対策店)
発売元: 【迅速発送】ネバーレッド(すりかえ対策店)
(82評価)
過去12ヶ月にわたって94%が好意的
在庫あり。
配送料 また、  返品ポリシー
追加されました
¥7,300
& 配送料無料
発売元: YMKM SHOP
発売元: YMKM SHOP
(66評価)
過去12ヶ月にわたって98%が好意的
残り5点 ご注文はお早めに
配送料 また、  返品ポリシー
追加されました
¥7,510
& 配送料無料
発売元: 【志香ショップ】本店
発売元: 【志香ショップ】本店
(16評価)
過去12ヶ月にわたって88%が好意的
残り2点 ご注文はお早めに
配送料 また、  返品ポリシー

Kensington Pro Fit Ergo Vertical ワイヤレストラックボール ホワイトK75264JP

5つ星のうち4.0 341個の評価

価格: ¥7,398
ポイント: 74pt  (1%)  詳細はこちら
無料のプライム配送を提供していない他の出品者からより安く入手できます。
ホワイト

購入を強化する

接続方式 Bluetooth, USB
ブランド ケンジントン(Kensington)
モデル名 Pro Fit Ergo
ムーブメント検出技術 光学
ホワイト

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 握手をする時のような自然な角度の60度の傾斜でマウス操作時の手首と前腕部を負担のかからない位置で操作を可能にし、親指でのコントロールを可能に。エルゴノミストが認めた1日中操作しても快適なデザイン。
  • 従来のマウスのように左クリック、右クリック、スクロールウィールの操作を備え、親指での操作性を加えて、使用しやすくシンプルな使用感に。
  • 精度の高い光学トラッキングセンサー、34㎜の親指動作でコントロールするトラックボール、3段階DPIスイッチでスムーズなカーソルコントロールを可能にし、繊細かつスピードコントロールを可能にします。
  • ディバイスへ3つの接続オプションを実現-2.4GHzナノレシーバー、Bluetoothで2種類の接続可能。
  • Plug and Playで接続して、すぐに使用可能、またはKensingtonWorksでポインターやスクロールのスピードをコントロールしたり、9つの機能ボタンの割当ができます。
  • コネクタタイプ:: USB
もっと見る
リネットジャパンリサイクル 小型家電 宅配リサイクル券

小型家電 宅配リサイクル券 ( パソコン本体 レンジ 炊飯器 プリンター など対象)

小型家電リサイクル法に基づく適正なリサイクルサービスです。

▶詳しくはこちら
本サービスはリネットジャパンリサイクル株式会社が提供する回収サービスです。
対象品目等を必ずご確認ください。


Fashion x Beauty タイムセール祭り開催中 1/24[月]23:59まで
期間限定で人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 今すぐチェック

一緒に購入

  • Kensington Pro Fit Ergo Vertical ワイヤレストラックボール ホワイトK75264JP
  • +
  • ぺリックス PERIPRO-303 GR 34 mm 【10色展開】 交換用 トラックボール トラックボールマウス 光沢仕上げ スピード型 ボール 玉 PERIMICE-517/717/520/720またはロジクール/M575/M570 /エレコムの
  • +
  • エレコム マウス ワイヤレス (レシーバー付属) トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3DRBK
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

詳細情報

登録情報

保証とサポート

返品:Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら

商品の説明

手のひらに快適さを。エルゴノミストが認めた快適さと操作性を持つKensingtonのPro Fit Ergo Verticalワイヤレストラックボール ホワイト。60度の傾斜でマウス操作時の手首と前腕部を負担のかからない位置で操作を可能にします。マウスの使用に近いトラックボールなので、マウスからの移行もしやすく、9つのプログラム可能なボタンがあります。


メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
341 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2020年3月1日に日本でレビュー済み
カラー: ブラックAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち3.0 60度傾斜は革新的。トラックボールの中でもかなり操作しやすい ※1年使った追記あり
ユーザー名: あたし、アスカ、日付: 2020年3月1日
同社の【ExpertMouse】の有線・無線モデルを10年以上使っており、同社初の親指トラックボールに興味があったので購入。
特徴は、親指操作のトラックボールマウス、USB2.4GHzとBluetooth 5.0のデュアルワイヤレス(Bluetoothは2台登録可能)仕様、チルトホイール搭載、単三電池2本で通常18カ月の使用可能、60度の傾斜がついていること、この傾斜のために右手専用であること、などです。

本体の60度傾斜は、他社を含めこれまでに登場したどのトラックボールマウスにもなかった特徴で、最初に製品を見たときは本当に使いやすいのか不安でした。しかし、手を机の上に置くと自然な状態では親指は上を向いており、【Pro Fit Ergo Vertical】マウスはそのまま包み込むように握ることができます。公式の言う“握手をするときのような自然な角度”というのは体験してみると実際その通りでした。

そのため、本体上部に来ているボールは自然な姿勢のまま親指で操作可能です。例えばロジクールの【M570】のように通常ボールの位置は横にありますから、【Pro Fit Ergo Vertical】のように上部にあると手首をひねる必要があると思っておりました。しかし、そんなことはまったくなく、マウスを握ればそのまま親指の位置にボールがくることになります。この設計は見事で、歴史の長いトラックボールマウスの中でも革新的だと個人的には思います。
また、マウス用のパームレストも必要を感じません。手が机の上に完全に接地している状態でも親指はボールの位置に自然に来ます。

マウスボタンは人差し指と中指でクリックしますが、本体の傾斜はあっても使い勝手は他のマウスと変わりません。マウスを握ると、こちらも自然な位置にボタンがくることになります。真ん中のチルトホイールもスクロールはしやすいです。【ExpertMouse】のリングホイールと比べると、圧倒的に【Pro Fit Ergo Vertical】のほうが良いです。【ExpertMouse】はあれが特徴でもありましたが、やっぱりスクロールはボタンやチルトも兼ねられるこちらのほうが機能的だと改めて感じました。

左クリックボタンのすぐ隣には「戻る」「進む」のボタンが設置されております。使用頻度の高いボタンですが、【M570】などに比べると若干大きくはありますが、こちらも違和感なく使いやすい位置にあると思います。

本体サイズは【M570】と比べるとやや大きめ。自分は【Pro Fit Ergo Vertical】がほぼベストな大きさですが、【M570】で丁度良いと感じている方は、すこし大きく感じると思います。

Windows10環境で使っておりますが、付属のUSBドングルをPC本体に差し込めば自動的にドライバがインストールされ、すぐに使うことができます。【ExpertMouse】ではこのUSBドングルが認識されなくなることが多々あり、そのたびに抜き差しするハメになったのですが、【Pro Fit Ergo Vertical】では今のところそういったことはありません(まだ買ったばかりですが)。

2.4GHzとBluetooth 5.0(2台)の切り替えは本体左下にある物理ボタンで切替可能。ボタンを押すたびにUSBとBluetooth1番と2番が順番に切り替わります。

本体底面にはボールを押し出すための物理ボタンがあります。トラックボールはゴミが溜まりやすいので、こうしたメンテナンスのための設計はありがたいです。
また、同じく底面には「DPI」ボタンがあり、押すたびにマウスポインタの速度が3段階で変わります。ユーティリティソフトもありますが、サッと変更できるのは助かります。

ノートPCなどで持ち歩くことを想定する場合、マウスを立てたような形状の【Pro Fit Ergo Vertical】は大きすぎると思います。長さはそれほどでもありませんが立体的な形状なので、カバンに入れても結構なスペースをとるでしょう。また、単三電池を2本使うため重さもありますから、あまりオススメはできません。

まとめとして、本体の傾斜は写真で見るよりもずっと使い勝手が良かったです。というより、より自然な姿勢で使うとしたら、このぐらいの傾斜が必要なのではないかとすら思います。

20年以上トラックボールマウスを使い続けておりますが、ボタンのクリック・マウスポインタの移動、戻る・進むなど、マウス作業が今までで一番楽になりました。トラックボールマウスを使ったことのある方でしたら、最初は戸惑うかもしれませんがすぐに慣れると思います。

買って良かったです。

※2020年3月追記
購入から3週間ほど経過しましたが、専用ソフトが全然インストールできない、できても不安定ですぐフリーズするなど使い物になりません。購入当初から何度かトライしておりますが、全然ダメ。ちゃんとテストしているのでしょうか?ソフトをインストールしなくてもボタンのカスタマイズができないだけで普通に使えますから、インストールはしばらく様子を見たほうがいいと思います。

また、使い勝手ですが、本体をちゃんと持てば使いやすいですが、ちょっとルーズな持ち方をすると左・右クリックボタンに指が届かず押しづらいです。結構ギリギリの位置にあるみたいなので、もうちょっと本体が小さかったほうが使いやすかったのではと思います。

付属のドングルによる無線の受信感度は問題ありません。部屋のレイアウト変更により、PCと机の位置が直線距離で4mほど離れたのですが、しっかり受信してくれます。ドングルの認識問題も今のところ問題は出ておりません。以前の【ExpertMouse】の無線はドングルの距離や認識がかなりシビアだったので、こちらの機種は使いやすくなったと思います。

※2020年12月追記
使用開始からおよそ10か月ほど経過。マウスを持つときの使いやすさは変わらない印象。手で包み込むというのは、やっぱりアリなのだと思います。ボタンのクリック感も良好。ボールはホコリを定期的に取らないと重たくなりますが、底面のボタンのおかげで簡単にボールを取り外しできるので掃除が苦になりません。
問題はホイールで、下方向にスクロールしているのになぜか上に行くときが頻繁にあります。とくに連続してスクロールしていると高確率で発生するため、非常に強いストレスを感じます。メーカーに一度問い合わせようかと思っていますが、対応してくれなければ最悪別な機種にしようかと思っております。

※2021年3月追記
上記スクロールの問題があってしばらくlogiの「M575GR」のほうを使っていたのですが、あちらはちょっと平べったすぎて長時間の作業には向きませんでした(60度傾斜に馴染みすぎたというのもありますが)。結局、こちらを使うためスクロールの不具合をメーカーに伝えたところ、3年の保証期間内ということもあり交換していただきました。交換品は今のところスクロールの問題は起きておりません。
また、交換時には先に代替品を送っていただき不具合品を返送という順番だったのでとても助かりました。発送も迅速だったので、メーカーとしては100点の対応をしていただき満足しております。

※2021年6月追記
交換から3か月が経過。毎日使っておりますがスクロールの逆転現象は起きておらず、まったく不具合なく使用できております。心なしか無線の受信感度も良くなっているようで、途切れることもなく買い的に使えております。60度傾斜さえ慣れてしまえば、現在発売されている無線のトラックボールマウスの中ではベストな選択肢だと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
193人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年3月11日に日本でレビュー済み
カラー: ブラックAmazonで購入
83人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年2月21日に日本でレビュー済み
カラー: ブラック
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 Kensington製 M570+MX ERGO
ユーザー名: あーちん、日付: 2020年2月21日
Kensington初の親指操作モデル。
TurboRing以来となる左右非対称のデザインで、左利き用はありません。
先月、米Amazonで入手した後に、国内でも発売されることを知りました。

9ボタンのうち、スクロールホイールのチルトボタンには僅かな操作ラグがあり、クリックボタンと同じ即応性のあるボタンは、残りの7個。
Turbo Mouse PROでは、11ボタンのうち即応性のあるボタンは5個だったので、クリックを代替え可能なボタンの数は、Kensington史上最多です。

親指操作については、ロジクールや、その他の後塵を拝する形で、否が応にも競合意識が前面に滲み出ています。
老舗ながら、かつてボールの親指操作に否定的だった同社には、苦渋の決断だったかもしれません。

一見、極端な角度を強調したユニークなデザインですが、仕様はユニークでもなく、MX ERGOやM570からの乗り換えに慎重に配慮されています。
マウス風の左右ボタンは見ての通り。
左ボタンの脇の第3-4ボタンは角ばった感触で、手を置いた感触は、M570に似ています。
極端に見える傾きも、実際には、MX ERGOの20°と、それほど差があるとは感じられない。
ボールも同じ大きさで、人差し指の位置をボタンに合わせると、親指の同じ場所がボールに触れる。
写真は、M570を30°傾けて並べたところで、よく見ると、手が触れる部分は、ボディの曲線もそれほど変わらないことがわかります。
模倣と言えばそれまでですが、このあざとさは、狙い通りとも、ユーザーの期待通りとも言えるはず。
MX ERGOやM570のユーザーなら、基本操作で困ることはないはずです。
個人的には、もうひと回り大きくして差別化してもらえると、嬉しかったのですが。

ボールサイズ 34mm、ボールトップ 60mm、重量 200g。
支持球はルビー球、センサーは近年レーザーから復権しつつある高解像度の光学式。
スクロールホイールを含め、経時劣化で加水分解しそうなパーツが見当たらない点もポイントかもしれません。

DPIの切替えボタンが底面にあるのは、気になるところ。
他のボタンで切替えらるように設定が出来ると、用途が広がりそうです。

設定アプリは、Pro Fit Ergoの発売時にKensingtonWorksとして統合され、旧TrackballWorksの機能が踏襲されています。
KensingtonWorksの動作環境は、Mac El Capitan以降、Windows 7以降。
Linuxでは、X-Mouse Button Controlが使えます。
クラッシュやフリーズが起きる場合、高確率でドライバのコンフリクトが原因のため、いったん他社製ポインティングデバイスのドライバをすべてアンインストールしてみてください。

P.S.
ルビー球は、従来のKensington製品より一回り大きいΦ2.5mmで、圧入のため、裏に穴を開けないと、取り出したり交換したりできません。
でも、ボールのサイズを考えると、相当な寿命が期待できそうな気がします。
(ボールサイズ Φ55mm 支持球 Φ2mmのExpertMouseや、SlimBlade Trackballの経験では、1日8時間程度使って、3年程で新品の滑り方とはっきり差が出始め、どちらも7~8年程でボールに細かい筋傷がつくようになり、交換せざるを得なくなりました。)
 
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
113人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する