この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Kaputt [12 inch Analog] Import

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,974 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
Amazon.co.jpフラストレーション・フリー・パッケージで販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,509より 中古品の出品:1¥ 8,463より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の デストロイヤー ストア

ミュージック

デストロイヤーのアルバムの画像
デストロイヤーのAmazonアーティストストア
12 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • LP Record (2011/1/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Merge Records
  • ASIN: B004DY4Z46
  • JAN: 0673855036915
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 507,544位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
The New PornographersのDan Bejar氏によるソロ・プロジェクト、Destroyerのアルバムです。か細く不安定なボーカルと甘美なメロディーの絶妙な味わい、ディスコ風シンセビートとジャジーなサックスの融合など、大人の切ない陶酔とほろ苦い喪失とが同居したAORサウンドは、懐かしいのに新しいという奇妙な感覚を引き起こします。さらに、自然なようで不自然、純粋なのかひねくれているのか、真面目にやってるのかふざけてるのかわからない、独特の「つかめなさ」は本作最大の特徴であり魅力であると思います。聴きこむうちにどんどんクセになり、発売当初から現在まで、私の愛聴盤として重要な位置を占めている不思議な作品です。

イントロの旋律から既に眩暈を感じそうな<#1 Chinatown>、インディーファン以外の心も鷲掴みにするであろうキャッチーな<#2 Blue Eyes>、シンセやギターの手触りなどNew Orderを彷彿とさせる<#3 Savage Night at the Opera>、儚げなギター&フルートの導入部から勇ましいトランペットが乱れ飛ぶ終盤まで見事な構成の<#4 Suicide Demo for Kara Walker>、優雅なホーンが印象的なリラックスしたムードの<#5 Poor in Love>、80年代への
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
何とも言えないもどかしさがあり、ゆったりとした曲調に悲観的で辛辣な歌詞。これはすべての曲にいえるが、特に7.Downtownはその雰囲気に飲み込まれてしまう。

だけど暖かくゆるいボーカルが、すべてを受け入れてくれるような包容力がある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告