この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Kansas City Sessions Import

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 4,683より 中古品の出品:10¥ 1,297より

Amazon の レスター・ヤング ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (1997/1/28)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Verve
  • ASIN: B0000001NN
  • JAN: 0011105040228
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 592,611位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Way Down Yonder In New Orleans #2
  2. Way Down Yonder In New Orleans
  3. Countless Blues
  4. Countless Blues #2
  5. Them There Eyes #2
  6. Them There Eyes
  7. I Want A Little Girl
  8. I Want A Little Girl #2
  9. Pagin' The Devil
  10. Pagin' The Devil #2
  11. Three Little Words #2
  12. Three Little Words
  13. Jo Jo
  14. I Got Rhythm #3
  15. I Got Rhythm #2
  16. I Got Rhythm
  17. Four O'Clock Drag
  18. Four O'Clock Drag #3
  19. Laughing At Life
  20. Good Mornin' Blues
  21. I Know That You Know
  22. Love Me Or Leave Me

商品の説明

Amazonレビュー

Though known as the "Kansas City sessions," Milt Gabler taped these proceedings in New York City for his Commodore label. The musicians, however, represented the soul of the Kansas City influx. The first 10 tracks--five tunes with one alternate each--come from September 1938 and feature a group drawn from the Count Basie Orchestra's ranks. It's the great Basie rhythm section of bassist Walter Page, drummer Jo Jones, and rhythm guitarist Freddie Green (who also sings on "Them There Eyes"), with a frontline of Lester Young, trumpeter Buck Clayton, and Eddie Durham, who's heard far more prominently on electric guitar than trombone. A master of half-valve smears, Clayton sounds superb, whether elegantly muted or expressively open, but it's Young who will rivet a listener's attention, both on tenor sax or playing clarinet with a strikingly original sound and conception.

Young's clarinet virtually defines the sonority of later "cool" alto saxophonists like Lee Konitz and Paul Desmond, and the blend with the transparent textures of the two guitars is particularly advanced. The second session is by a very different Kansas City Six from 1944, with Young and Jones the only returning members. It's a far more conventional setting, with trumpeter Bill Coleman and trombonist Dicky Wells competing in brashness and pianist Joe Bushkin in place of the guitars. The sometimes aggressive cast to the band only highlights Young's superbly relaxed phrasing. His opening solos on the three takes of "I Got Rhythm" are textbook example of relaxed swing, and their inspiration to Wells is apparent in his solos that follow. The CD concludes with four tracks by the Kansas City Five from March 1938, the earliest session here. It's the first Kansas City Six without Young present, still well worth hearing for the superb play of Clayton, Durham, and the rhythm section. --Stuart Broomer


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー2011年5月12日
形式: CD|Amazonで購入
review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち4.6 19 件のカスタマーレビュー
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0A gem pure and simple.
2015年3月6日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち4.0Kansas City Sessions
2013年2月23日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち4.0Always Young
2001年6月4日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち5.0Five Stars
2017年4月6日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち5.0Desert Island disc.
2017年1月21日 - (Amazon.com)
Amazonで購入

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。kansas