¥ 963
通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Kafka on the Shore (Vinta... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Kafka on the Shore (Vintage International) (英語) ペーパーバック – 2005/10/6

5つ星のうち 4.6 28件のカスタマーレビュー

その他(8)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 16,893 ¥ 2,100
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 963
¥ 705 ¥ 912
CD, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 3,923 ¥ 3,212

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Kafka on the Shore (Vintage International)
  • +
  • Norwegian Wood (Vintage International)
  • +
  • The Wind-Up Bird Chronicle
総額: ¥3,116
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【25%-50%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

商品説明

   村上春樹の『Kafka on the Shore』(原題『海辺のカフカ』)は『The Wind-Up Bird Chronicle』(原題『ねじまき鳥クロニクル』)と同様、どの点をとっても、壮大で無限な広がりを感じさせる小説だ。『ねじまき鳥』が、並々ならぬ意欲作で完成度の高い作品として世界中で絶賛され、その人気がいまだ衰えることをしらないことを考えると、この小説も長く読み続けられていくことになるだろう。

   この優れた新作小説も過去の作品と同じく、驚異的な拡張性と、読者を仰天させ、楽しませ、魅了する力をもっている。メタフィジカルな現実を描いたこの力作を動かすのは、2人の人物だ。1人は10代の少年、田村カフカ。彼は、オイディプス王と同じ恐ろしい予言(父親を殺し、母親と交わるだろうというもの)から逃れ、長い間行方の分からない母と姉を探すために家を出る。もう1人は、戦時中の苦悩から立ち直ることのできないナカタという頭の弱い老人。日常生活の基本的な営みさえ理解することができない彼は、理由も分からないまま、カフカの方に引き寄せられていく。2人の長い冒険は、読者にとっても当事者たちにとっても謎めいているが、生き生きとした共演者たちと夢のような出来事により、一貫して中味の濃いものになっている。たとえば、猫と人間の会話、ヘーゲルの言葉を引用する売春女を雇っている亡霊のような客引き、森をさまよう第2次世界大戦のころままの兵士、空から降ってくる魚の雨。犠牲者、加害者ともにその正体が謎に包まれている殺人事件。これについては、その他諸々のことがらと同様、最後に答えが見えてくる。カフカとナカタさんの絡みあった運命はしだいに明らかにされていき、1人は完全に自分の宿命から脱出し、もう1人は自力で新たなスタートを切ることになる。

   大傑作『Kafka on the Shore』は、世界が誇る真に偉大な作家のひとりである村上春樹の力量が、最高に発揮されている小説だ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

With Kafka on the Shore, Haruki Murakami gives us a novel every bit as ambitious and expansive as The Wind-Up Bird Chronicle, which has been acclaimed both here and around the world for its uncommon ambition and achievement, and whose still-growing popularity suggests that it will be read and admired for decades to come.

This magnificent new novel has a similarly extraordinary scope and the same capacity to amaze, entertain, and bewitch the reader. A tour de force of metaphysical reality, it is powered by two remarkable characters: a teenage boy, Kafka Tamura, who runs away from home either to escape a gruesome oedipal prophecy or to search for his long-missing mother and sister; and an aging simpleton called Nakata, who never recovered from a wartime affliction and now is drawn toward Kafka for reasons that, like the most basic activities of daily life, he cannot fathom. Their odyssey, as mysterious to them as it is to us, is enriched throughout by vivid accomplices and mesmerizing events. Cats and people carry on conversations, a ghostlike pimp employs a Hegel-quoting prostitute, a forest harbors soldiers apparently unaged since World War II, and rainstorms of fish (and worse) fall from the sky. There is a brutal murder, with the identity of both victim and perpetrator a riddle–yet this, along with everything else, is eventually answered, just as the entwined destinies of Kafka and Nakata are gradually revealed, with one escaping his fate entirely and the other given a fresh start on his own.

Extravagant in its accomplishment, Kafka on the Shore displays one of the world’s truly great storytellers at the height of his powers.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 496ページ
  • 出版社: Vintage (2005/10/6)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 9780307275264
  • ISBN-13: 978-0307275264
  • ASIN: 0307275264
  • 発売日: 2005/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 10.6 x 2.7 x 17.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 7,193位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
全体のイメージとしては、原文も英文もパワーとしては同じだけど、英文のほうが斜字体にガイドされて、よりプロットが見えやすい感じ。とにかく読みやすいです。日本!!!の風物や、言語表現や、駄洒落や、思想が、どう訳されているのかを見るのも楽しかった。英語版星野ちゃん言葉や、ナカタさんの口調もイメージ通り。(うどんがそのまんまudonなのに、カフカ君が使う通貨がドルというのは、日本人としては少々違和感があるけれど、ゲイブリエルさん、苦労したけど楽しかっただろうな)
ところで、アメリカの編集者に1ページほど省略されそうになった箇所があったそうだ。でも、ゲイブリエルさんが断固拒否したそう。(身体の一部、落とされたらたまらないですよね。ゲイブリエルさん、本当によくがんばってくれました)
イギリスではすでにベストセラーらしい。日本の作家の新刊が、勘違いのエキゾチズムのヴェールに包まれることなく、Japanのコーナーに閉じ込められることもなく、心待ちにされ、外の世界に出てごく普通に読まれるようになったのが、純粋に、単純に、ものすごくうれしい。
    まさにこの本そのものが、カフカ君自身に思えてきた。
原書も含めて通読10回近くにして、ああ、この終わり方でいいんだ、と初めてやっとストンと心に落ちた。
どちらのカフカ君も無事生き延びられるのを願わずにいられない。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
前から気にはなっていたのですが、最近の村上さんの文体(短編は別として)の「くどさ」に手が出ないでいました。

この英語版は、その点、すごく読みやすかったです。英訳というフィルターを通して物語がシンプルな英語でしっかり伝わってきました。小難しい「理屈文学」にならずに、スリリングにこれだけ複雑な物語を語れるのは、ムラカミさん以外にはカズオ・イシグロさんくらいしか思い浮かびません。

ナカタさんに会いたいなあ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
それほど英語が得意ではない私でも、スラスラと読めました。
単語レベルは、受験英語で十分といった感じにも関わらず、
原作の雰囲気も感じられて、非常に好感触でした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
食っちゃねして子供もなさず、可愛がられて死んでいく、飼い猫の生に意味はあるか?
答えは「ある」。その猫は、自分をいやすと同時に、飼い主、家族を癒して、元気づけ、子供や大人の成長の手助けをするから。
ならば子供のころに記憶や読み書き能力を失って以来、ただ生きていただけでも言えそうな、ナカタさんの生に意味はあったか?
答えは・・・

ノルウェイの森では永沢さん、ねじまき鳥ではシナモンという非常に有能なキャラクターに魅力を感じてきたが、春樹はここである意味真逆のキャラを描いた。
そして彼は同じく魅力的だ。
彼の存在が表す、村上春樹の思想を考えると心が温まる。
彼の作品中でも、とても暖かい小説。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: マスマーケット
 先ず、相変わらずFhilip Gabrielの英訳が良い。もともと村上春樹自身が英語に堪能と云うこともあり、その執筆過程に言語学的な英語の影響が在ることを考えて猶、彼の翻訳は美しい。「Hear the Wind Song」の悪訳とは対照的である。

 さて、本作品。村上春樹の専売特許「年上の女性」・「近親相姦」・「上流階級の青少年の未成熟」といつもの調子ではあるが、主人公の年齢がいつもより低いこともあり、その精神的成熟の度合いが低い。その為にその成長過程にページが割かれていることに村上自身の作家としての成熟を、自分は見ている。また、珍しく魅力的な男性キャラクターが複数出てきており、これも彼の作品に於いては特筆に値する。

「Norwegian Wood」以来の、彼の日本の梅雨のような叙情的作風が、この作品によって一転している。著者にとってのターニング・ポイントが本作品であることは間違いないだろう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
海辺のカフカは、村上春樹の中でも、特に面白く感じました!
コミカルな面も多く、誰に勧めても面白いと言ってくれました。
わたしもとても気に入ったので、
英語と日本語と両方とも何度も読み返して楽しみましたが、、、
なんだか、英語の方が楽しく感じてしまいました!
たぶん英語の方が、スピード感があるような気がしたんですが、、、
ともかく、海辺のカフカはとても面白いです!
野良猫と話しが出来るおじさんとかが出てくるんですよ!!
村上春樹のファンじゃないかたにもおすすめです!
英語版も読みやすいと思います!おすすめです!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー