通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Kadokawa Art Selection レ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。コンディションガイドライン「良い」の状態です。発行年により装丁や定価が異なる場合がございます。ご不明な点は注文前にお問い合わせ下さい。売り切れの場合はキャンセル手続きを致します。通常2営業日以内の発送となります。ゆうメール(配送番号なし)または商品により宅配便等での発送となります。発送日より3日から5日程度での到着となります。日・祝は定休です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Kadokawa Art Selection レンブラント 光と影のリアリティ 文庫 – 2011/2/25

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 967
¥ 967 ¥ 61

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Kadokawa Art Selection  レンブラント  光と影のリアリティ
  • +
  • フェルメール  ――謎めいた生涯と全作品  Kadokawa Art Selection (角川文庫)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

早熟な天才としてのデビュー、画家としての成功による経済的繁栄、そして没落、破産、そして孤独な死……文字通り波乱に満ちた生涯を生きた「光と陰影」の画家の生涯を作品と共に綴る、大好評アートガイド。

内容(「BOOK」データベースより)

“黄金の世紀”と賞賛された17世紀のオランダで、随一の画家として名を馳せたレンブラント。輝かしいデビューを飾り、芸術家としての「華やかなりし前半生」を過ごした彼は、代表作“夜警”を完成させると一転、「転落・没落の後半生」を送ることになる。そんな浮き沈みの激しい生涯、彼は光と影を自由に操り、最後まで傑作を世に出し続けた…。レンブラント絵画の魅力と、その波乱の人生をたどる、レンブラントファン必読のガイド本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 261ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043944128
  • ISBN-13: 978-4043944125
  • 発売日: 2011/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 89,203位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/22
形式: 文庫
 オランダの大画家レンブラントの生涯と彼の画業、作品の特徴等を代表作<夜警>等豊富な図版で紹介しながらまとめられた入門書風の文庫本です。
 私も本書で言及されている2002年の『大レンブラント展』は観させて貰ったので、読みながら展示室の壁に映画館のスクリーンのように掛けられていた巨大な絵画<サムソン>の大迫力を思い出して感慨を覚えました。有名な自画像や息子テティウスの絵、テュルプ博士の解剖学講義等も載ってますがルーブル美術館で観て感動した<ユディト>が載っていなくてちょっと残念。

 本書で扱われている作品は、現在開催中の『光と、闇と、レンブラント』展に出展されているものが多いです(とはいえ<夜警>は来ないですが!)。私はこれから同展を観に行くので、本書を鑑賞前の予習として有難く使わせていただきました。
 本書は、レンブラントが生きた時代のオランダ−故郷レイデンや工房を構えたアムステルダムは勿論、オランダ独立戦争(80年戦争)等のマクロな時代背景まで−の当時の芸術家の社会的地位や役割、影響、流行っていた絵画の様式やまた工房のシステムや経営の様子なども解説されており、時代の雰囲気を感じ取れます。
 また、欠点も多い一人の人間としてのレンブラントと、存命中・死後を問わず評価やキャリアの浮沈を経験しながらも(一般にレンブラントの生涯に関し
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2012/3/3
形式: 文庫
レンブラントの作品を、その生涯に照らし合わせながら鑑賞していくという書籍。20代から肖像画家として富と名声を手に入れてから、破産、家族との死別という晩年までを概観していく。

本書ではレンブラントの本質に適った自然な描写を生み出すための創作的な態度が強調されている。イタリア・ルネッサンスの巨匠へのライバル意識=創造的競争、古典主義的な時代の流れに抗うといった反骨精神が印象的。率直すぎる描写に当時は違和感を感じた人もいたという。レンブラント工房の存在や、コレクションに精進しリファレンスとして自身の芸術に取り入れるといった自己表現のあり方が面白い。

初めてレンブラントに触れるものにとっては最適なガイドブックだと思う。

残念ながら光と影に焦点をあてた記述があまりに少ないので、美術館で鑑賞して感じたものとのギャップが大きい。文庫本サイズの図版では、文中で紹介されている細かな描写が判然としないのも難点だ。絵画として鑑賞するならば、あとがきにもあるとおり大き目の画集が良いのだろう。

17世紀前半のオランダでは芸術家同志があつまってヌードデッサンを行う場をアカデミーと言ってたのね。勉強になります〜
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/7/30
形式: 文庫
レンブラントの絵は明暗の差が激しい。暗い部分は何が描かれているのか?

レンブラントの絵は肖像画でもドラマチックだ。何が感情を刺激するのか?

本書はこれらの疑問に答えてくれる。

例えば夜警。背後の闇に目をこらすとうっすらアーチが見える。ラフェエロの「アテナの学堂」に着想を得たとする説があるとのこと。卓見だと思う。なぜあの人物配置で、あの動きの瞬間で固定したか、説明がつくから。本書によれば、レンブラントは偉大な先人と創造的な競争関係に身をおくことが度々あったから、この説の確度は高そうだ。

感情を刺激するもの。それはパレットナイフや指で厚く絵の具が塗り重ねられた部分もあれば、未完成と見えるほどに手数が少ない部分があったりする、ラフな筆致。ゴッホに「2週間すわっていられるのならば、自分の生涯の10年をささげたっていい」と言わしめた、ゴッホ的なもの、それが正体。

レンブラントの数少ない書簡にある言葉がその作品の本質を言い当てている。「強い光の当るところに、距離を置いて眺められるように作品を掛けてください。そうすれば、この作品は最も光り輝くでしょう。」

遠くから離れて見ることで完全に見える絵画を、文庫版サイズに収めるのは、当然無理がある。その代わり、本書は言葉で十分補っている。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/4/17
形式: 文庫
文庫ですが、カラー図版だけで30数点掲載してありますし、モノクロの図版も数多く載せていますので、作品のサイズを問わなければ十分に満足させられる内容でした。

レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン、所謂「レンブラント」の展覧会が今国立西洋美術館で開催されていることもあり、非常にタイムリーな出版だと思います。
筆者の熊澤弘氏は、現在は国立西洋美術館客員研究員で、オランダ美術史、西洋素描・版画研究を専門とする美術史研究者ですから、本書の執筆には打ってつけでしょう。

過去の研究史を丹念に追い、代表的な論考を引用しながら、レンブラントの作品を論じるだけでなく、その生涯の光と影を浮き彫りにしています。特に代表的な作品の解説はとても参考になりますので、実際の作品と対峙する前に予備知識として読んでおくと観賞が深まると思います。
実際、2002年の京都国立博物館での「大レンブラント展」にかかっていた大作「目を潰されるサムソン」が108ページ以降に紹介してありますが、あの時の感激が蘇りました。「ダナエ」もダメージを受ける前の図版を掲載してありますし、工房での制作をはっきりさせたレンブラント・リサーチ・プロジェクトにも触れられています。

口絵に見開きで掲載してある「夜景」が完成した1642年、最愛の妻サスキアが29歳
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す