KORG アナログループシンセサイザー volca... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 11,880
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 14,040
+ 関東への配送料無料
発売元: ギタープラネットWebショップ
カートに入れる
¥ 15,223
+ 関東への配送料無料
発売元: JEUGIA 楽器ONLINE SHOP
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

KORG アナログループシンセサイザー volca keys ヴォルカキーズ

5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 19,440
価格: ¥ 13,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,640 (29%)
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、マークスミュージックが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 11,880より 中古品の出品:1¥ 43,120より
  • コルグ ヴォルカ キーズ Analoge Loop Synth


楽器サマーセール 後半
お買い得品多数。レジで割引ほか。楽器サマーセールをお見逃しなく。7/31まで。 楽器サマーセール 後半をチェック

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 【全国送料無料】◇店舗在庫あります!即納可能!◇



よく一緒に購入されている商品

  • KORG アナログループシンセサイザー volca keys ヴォルカキーズ
  • +
  • KORG ACアダプター KA350
総額: ¥15,798
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
電池:6 AA 電池(付属)
メーカー型番VOLCAKEYS
鍵盤数 27
  
登録情報
ASINB00CAKSVTU
おすすめ度 5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 楽器 - 3,697位 (ベストセラーを見る)
発送重量748 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/4/10
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

volca keysはKORG アナログループシンセサイザーです。
最もスタンダードなアナログ音源とループ・シーケンサーを備える、最高の入門シンセサイザー
シンプルな3音アナログ・シンセサイザー
誰でも簡単に音作りできるVOICING機


メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
まさかこの価格で3VCOのステップシーケンサー付きアナログシンセが発売されるなんて、という世界が驚いた製品。
発売直後に入手、今日まで色々弄って来ました。既に評価が定まってるし需要も一巡してると思いますが、改めてレビューしてみます。

ハードウェアとしての出来は、回路規模、大きさ、そして価格の制約のなか、よくここまで整理して詰め込んだな、と、非常によく出来てる感じがします。新世代のアナログシンセの要素技術が詰まっている気がします。今後これがどう発展してゆくのか楽しみな商品分野でもあります。

静電タッチセンスの鍵盤は、白鍵、黒鍵が普通の鍵盤と相似な配列なので、弾きやすいとは言い難いが、一応は弾けるものになっています。残念ながらトランスポーズ機能は無いので、Cスケール以外はなかなか弾きづらいと思いますが、なかにはYouTubeでそこそこ弾きこなしてる人もいますね。
きっちり確実に弾きたい場合はMIDI INポートを利用してMIDIキーボードから鳴せと言う事でしょうね。
本体鍵盤ではポルタメントを強めにかけて、指でスライドさせるように弾くのが弾きやすくかつ楽しい。これは静電タッチ式鍵盤の本機ならではの特徴的な弾き方かもしれません。

シンセサイザーと言っても音作りの幅はそれほど広いわけではないです
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
長さ: 5:43 分
発売がBassとBeatsから遅れて登場したVolcaシリーズ、リード等、
上物担当のマシンですが、使い方次第ではベース系としても使用可能の
音造りの幅がVolca Bassより広いマシンです。

ゴールドのパネルがシリーズ中一番高級感を醸し出していて、
VCOのメインの黒いツマミ2個とのコントラストが見た目的にシブい
感じです。

個人的に一番好きな機能は、Motion Sequenceで特定のツマミの
動きを記憶出来る点で、これで単調なシーケンスフレーズに揺らぎと
グルーヴ感の表現を足すのが可能です。

エフェクトとしてDelayも内蔵していますが、Monotron Delay
の様にスペーシーな感じのDelayがかけれない点がちょっと残念。

あくまでもオマケ程度の機能ですが、外部エフェクターを持ち歩か
なくても良いので無いよりは良いです。

Keysはリアルタイムの入力しか出来ない為か、Bassには
無かったメトロノームも内蔵なのが嬉しいですね(これは助かる)。
これはBassにも足して欲しかった機能です。

VCOセクションのVoiceで個人的に最も出番が
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
モノトライブでアナログシンセの出音にやられました。
ですが、持ち歩くには重い/でかい。モノトロンでは物足りない。

そこでvolca keysです!!これは素晴らしい!
まず、鍵盤が2オクターブの上、あります。しかも一般的な手鍵盤配列です。
歌もの演奏いけます。
volca bassでは、一列に並んでしまっているので、弾きにくいです。鍵盤数も少ないです。
タッチ・パネル鍵盤には慣れが必要です。静電容量式スイッチ(スマートフォンと同じ)で、
キーが小さいので、MIDIキーボードをつけるのもありです。
が、グリッサンド演奏が可能と考えればいいんですよ!スタイロフォンでおなじみの!

デジタルシンセ、スマートフォンでは出ない、あたたかみのある豊かな音(ノイズを含めて)。
アンプ、スピーカーにつなぐと驚くほどいい音が出ます。
本体のスピーカーはダメ子なので(そもそも本体裏から音が出るという)、
布団の中ではちびスピーカーをつないでいます。
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
volcaシリーズで最も衝撃的だったのは、このkeysでした。
なにせアナログのポリフォニックシンセがこのサイズと価格で復活してしまったんですから、これは何気に凄い話です。

最近iPhoneやiPad向けに、アナログポリシンセをシミュレートしたアプリが(当のコルグからも)多数リリースされており、サウンドも非常に良く出来ているんですが、どうしても物足りなさは否めません。
ノブを摘まむ動作が出音に直結するのはやはり心地よいもんです。

肝心のサウンドですが、先代のmonotronやmonotribe、それらのベースとなったMS-20と比べると無難というか、かなり上品に感じられます。
とは言え、VCFのEG INTや、LFOのCUTOFF INTを併用すれば、誰もがイメージするレゾナンスの効いたシンセサウンドからノイジーでアナーキーなサウンドも作れます。
monotribeの特徴でもある高速度LFOはここでも健在です。

またボイシング機能に搭載されているリングモジュレーターはかなり使えます。CUTOFFを閉じ気味にすると、80年代初期のビョーキサウンドも簡単に得られます。

ディレイはmonotron delayほどぶっ飛んだものではないにしろ、いま時にはないローフ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー