KIDS 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,210
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

KIDS 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,208 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,816 (60%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、湘南カイビー【即日発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,208より 中古品の出品:13¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小池徹平, 玉木宏, 栗山千明, 永岡佑, 岡あゆみ
  • 監督: 荻島達也
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日 2008/08/08
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0019EJWPK
  • JAN: 4988064269150
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 127,033位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

小池徹平&玉木宏W主演!!映画トレイラーは<a <a>

あなたの生きる理由って何ですか?

劇場公開作品「KIDS」待望のDVD化!原作は“切なさの達人”乙一
「いじめ」「虐待」など様々な問題にぶつかりながらも 小池徹平玉木 宏が傷だらけでピュアな友情を演じる。

人の傷を自分の体に移すことができるという特殊な能力をもち、純粋であるがゆえに傷を抱え持つ主人公アサトに小池徹平
他人の痛みを自分の痛みとして感じ、自らが傷を負って人々を癒していく……。
元気で活発な役を演じてきた彼が一変、笑顔を封印し、ガラスのように繊細なアサトを好演。

一方、アサトと出会うことで過去から開放され、ワイルドさの中にも優しさをみせるタケオに玉木宏
「ただ、君を愛してる」スタッフが再びタッグを組み、大人になると忘れてしまいそうな、
大切なもの―― 友情・夢・希望・人を信じる心 ‥‥を美しく描き上げる!!



「KIDS」 通常版
収録内容
・本編
・メイキングオブKIDS
・予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気作家・乙一のベストセラー短編を小池徹平、玉木宏、栗山千明共演で映画化。人の傷を自分の体に移せるという特殊能力を持つアサトと、過去に傷害事件を起こし夢も希望もない生活を送るタケオ。共通点のないふたりは出会い、友情を深めていくが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

トップカスタマーレビュー

  泉谷しげるが演じる保護司はこの映画でタケオ、アサト、シホを結びつけるキーパーソンだ。「テメーに守秘義務はないのか!」「ねーよ、そんなもん。」と言う調子でタケオの過去をアサトに知らしめ、シホに対してはアサトが保護観察を受けている理由をごまかし、それに感心したタケオにシホの過去を伝える。保護司にあってはならない行動だろう。結果として三人に友情が芽生えたのだから結果オーライと言って良いのかどうか。職に課せられた義務を踏み越えるには相当の覚悟が要るが、この人はどうだったんだろう。などど本筋と外れたところに考え込んでしまうのは、泉谷の配役がぴったりだったからだろう。
 泉谷の好演と玉木のワイルドなビジュアルは良かったが、後はついていけなかった。子供が公園でけがをして痛がっているのが可哀想だとその傷を取るアサトの行為は、危ないからと鉛筆削りの小刀を取り上げ、ビリの子が出るからと徒競走を運動会から無くし、などを連想して不愉快だった。けがの中から、痛みに耐えることから子供達が学ぶことは一杯ある。それを奪ってはいけない。

 玉木宏のワイルドなビジュアルは、とてもイイ。これを生かす企画が他に出ることを願う。(ただし、発声には問題があった。「辛ければ友達に頼れ。」が聞きとれない。感情を込めた叫び声の出し方が課題だな。)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『きみにしか聞こえない』に続き2作連続で、乙一原作の短編小説を荻島達也監督が映画化している。原作が良かったのか脚色が良かったのかはさだかではないが、前作のせつなすぎるラストに思わず涙した人も多かったことだろう。乙一の原作は読んでいないので何ともいえないが、プロットの展開力で強引に読者の涙を誘う手法は、昨今の若手小説家共通の傾向のように思える。本作品においてもその傾向値は顕著にあらわれており、ジワジワと感動がこみ上げてくる映画には仕上がっていない。「さあ、ここで悲しんで、ここで泣いてください」と予め決められているようなマニュアル映画をどうも好きになれない。

他人の体の傷を自らの肉体に移し変える(その逆も可な)特殊能力を持ったアサト(小池撤兵)とタケオ(玉木宏)の友情物語となってる。ちなみにタイトルの『KIDS』は“傷(キズ)”の掛詞らしい(くだらねぇー)。父親からのDVを受けた過去のあるタケオ、母親の愛を受けることのなかったアサト、そして何やら暗い過去のありそうなマスク少女シホ(栗山千明)。“心の傷”を背負った3人が知り合い意気投合していく過程で、三者三様のトラウマの原因が次第に明らかになっていくのだが・・・。

体の傷は取り除けても心の傷までは癒せない。おそらくそんなことを言いたかった映画(もしくは原作)なのだろうが、どうも心に響いてこない
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
年齢を引き上げるべきではありませんでした。子供の純真さ、残酷がある為に訴えかけてくるものがあったのですが、それが半減したように私は思います。 シホに関しても結末が全く違ってしまい残念でした。ハッピーエンドが悪いとは言いませんが。 ここからは本編のレヴューではありません。 原作ファンとして言わせてもらいます。他の方のレヴューで原作を読んでいないのに元ネタなど推測で述べている方がいますが、原作に言及するなら読んでからにして下さい。事務所の先輩云々は何の事でしょう?誰の事を言いたいのか分かりますが、彼と小池君は同じ事務所ではありませんよ。 乱文失礼致しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大きな傷を負った過去を持った三人が、とある街で偶然であう。
生きていることさえ無駄だと考えているのだけれど、ピュアな心が引き寄せる。
ワイルドで喧嘩三昧の不良、いじめに合い顔に傷を残した女の子、他人の傷を自分に移動させる能力をもつ男。
あまりにも切なく、引き起こる残酷な現実にいたたまれなくなりました。
小池徹平役があまりにも優しすぎる!
最後には三人が笑顔でいられたまま終わったのが救いです。
乙一さん原作の映画、小説も読んでみたくなりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告