この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻 文庫 – 2015

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2015
"もう一度試してください。"
¥ 750
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

『自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)』その名が騒がれたのはもう随分前のこと。 オーランド博士が肉声の言葉を書き記す機械を作った。 当初は愛する妻のためだけに作られた機械だったが、いつしか世界に普及し、それを貸し出し提供する機関も出来た。 「お客様がお望みならどこでも駆けつけます。自動手記人形サービス、ヴァイオレット・エヴァーガーデンです」 物語から飛び出してきたような格好の金髪碧眼の女は無機質な美しさのまま玲瓏な声でそう言った。 ≪第5回京都アニメーション大賞 初の大賞受賞作!≫ ■商品詳細 サイズ:文庫判(H148mm×W105mm) 印刷:表紙・巻頭イラスト・カラー/本文・モノクロ ページ数:口絵カラー・4ページ(うち三つ折2ページ)/本文モノクロ・348ページ 著者:暁 佳奈 イラスト:高瀬亜貴子 ISBNコード:ISBN 978-4-907064-43-3 発行元:京都アニメーション (C) 暁 佳奈/京都アニメーション


登録情報

  • 文庫
  • 出版社: 京都アニメーション (2015)
  • ISBN-10: 4907064438
  • ISBN-13: 978-4907064433
  • 発売日: 2015
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,573位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 上下巻通してのレビューです。

 2017年1月現在、京都アニメーション大賞唯一の大賞作品ということで、興味を持って読んでみました。

 文体は若干特殊ですが、ライトノベル界ではスタンダードな方で三人称小説。
 上手い部類に入り、読みやすかったです。

 ストーリーは王道。
 元軍人で、現在代筆家の主人公が、色々な出来事に遭遇する短編を収録した小説。連続した話ではなく、時間がゴチャゴチャですがストーリー上の繋がりを考えた構成なので、全体として見れば長編小説です。
 しかし短編集としては楽しめましたが、長編小説と考えた場合、締めのラストの話はつまらなかったです。

 最終話までは期待して読んでいたのですが、ラストでガッカリという作品。
 ☆5をつけようかと思っていましたが、マイナス1しました。

 特に気になったのは、上下巻を通して戦争の悲惨さを描いていたように思えたのですが、ラストに近づくにつれて、軍人賛美の方向にシフトしていった点です。一言で言って残念。
 おまけに下巻の帯に『戦闘シーンが書いていて面白い』と作者のメッセージがあり、作品の雰囲気とも矛盾していて、さらに残念でした。

 長編小説と考えた場合『この
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
カラーイラストなどをもっと採用されると面白い感じなので「コミカライズ版」を強く期待します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ヴァイオレット・エヴァーガーデンという女性が少し特殊な代筆屋として様々な依頼者と出会い、彼らの人生に触れていくという話です。

語り口が特殊で、ヴァイオレット視点ではなく、それぞれのエピソードに主人公がおり、そのキャラクターから見たヴァイオレット・エヴァーガーデンが描かれています。
"上巻"とつけられていますが、1冊の中で一貫した物語が描かれるのではなく、各章ごとに異なるエピソードが描かれています。

エンターテインメント性という観点ではこの上巻だけでは満足できませんでした。
ヴァイオレットあるいは彼女が所属する組織が目標を達成しようとする物語ではないというのもあり、読み手の焦点がブレてしまう印象です。短編集に近い。
ゆえに、「先を知りたい」という気持ちがあまり湧いてきません。
また、何故彼女が『自動手記人形』になったのかというエピソードが語られていないのも大きいです。

最後のエピソードではヴァイオレットの過去の一部が語られていますが、彼女が子供の頃から無類の強さを誇るのは何故なのか、その起源は語られておらず、「なんだかよくわからないけどとりあえず強い」というのは土台の弱さや説得力のなさを感じます。

上巻下巻通して評価するべき作品ですが、とりあえず上巻では単純に面白かったか否かで点数をつけました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
物語の背景描写が美しく、良い作品でした。

アニメが楽しみな作品ですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
京都アニメーション大賞の小説部門で受賞した作品にはアニメ化で大ヒットしたものが多くある。
そんな京都アニメーション大賞は2009年から開催されているが小説部門で大賞を取った作品は
これしかない。アニメ化企画も進んでおり、個人的に大注目の1作である。

内容は1話完結型のストーリー構成で、その一つ一つのクオリティがすごく高いと思う。
また情景描写と挿絵がマッチしている点も素晴らしいと感じた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告