¥1,834
ポイント: 18pt  (1%)  詳細はこちら
通常配送無料 詳細
お届け日: 9月23日 - 24日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
3 時間 47 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

Journey To Mt. Fuji がカートに入りました

この商品をお持ちですか?

Journey To Mt. Fuji

5つ星のうち5.0 1個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, オリジナルレコーディング, サウンドトラック, 2018/2/7 サウンドトラック, オリジナルレコーディング
¥1,834
¥1,834
CD・DVD スタンプカード

キャンペーンおよび追加情報

  • DREAMS COME TRUE特設ストア : 7/7は「ドリカムの日」。メガジャケ付CDが発売。オリジナルワッペン付CDを期間限定で販売開始。 対象商品はこちらをチェック

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • 梱包サイズ : 14.3 x 12.6 x 1.2 cm; 80 g
  • メーカー : 株式会社リディア/hue records
  • EAN : 4580013920015
  • 時間 : 23 時間 50 分
  • レーベル : 株式会社リディア/hue records
  • ASIN : B079779XSP
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

商品の説明

内容紹介

 日仏米合同製作のアートフィルム『Journey To Mt.Fuji』(フランス人監督:クリス・ユバーマン)のサウンドトラックとして、北原英司によって作曲された全10曲がこのアルバムには収録されている。
 様々な映像的実験がされた幻想的、かつ情緒的な映画の各シーンを、フランス近代音楽やモーダルなジャズの様式を纏った美しいメロディーが包み込んでいるが、これらの音楽は、単なる背景音楽ではなく、映像と独立した純粋な音楽としても聴くに値する独自の高い音楽性を備えている。
 そしてこのスコアは、アメリカで開催された「International Independent Film Awards(2014 Fall)」でGold Awardを、また「Global Music Awards(September 2014)」でSilver Medalと、2つの賞を受賞した!!
 この映画の監督クリス・ユバーマンは次のように語っている。
 「『映画の半分は映像で作られ、もう半分は音楽によって作られる』。北原英司に会ったとき、私たちはすぐに彼との協調精神が、この映画を完全なものにするだろうことがわかりました。実際、映画には、『Waltz of Eclipse』や『Take My Hand』など、音楽的なシーンがいくつかあります。スクリーンのために、入念に考えられ、実現されたこれらのシーンは、映画のハイライトとなっており、無言の主人公を生き生きと描写するのに大きな助けとなりました。この映画で、私とプロデューサーのユキタ・クスノキは、北原英司が作曲した美しい音楽の力を借りて、強い表現スタイルを明示したかったのです。Jazz on movie. Movie of jazz.主人公の名前『Mozzman』はこのコンセプトから生まれました。ジャズの専門家として、北原英司は困難な仕事を受け入れるのに最高の人でした。」
 また、この映画のクリエイティヴ・コンサルタントであるクレア・ユーマンスは次のように語っている。
「『Journey To Mt.Fuji』のオープニング・シーンで、初めて北原英司の音楽を聴いたとき、私の心は舞い上がりました。完璧でした。オープニング曲『A Journey Begins』がそうさせたのです。それは映画の雰囲気を醸し出し、精神を高揚させながら、才能を持った若い映像作家のヴィジョンを実現し、サポートしています。彼の音楽によって、このプロジェクトが、国際的な観客の心と魂に響くだろうことを、私は確信しました。」

アーティストについて

 早稲田大学モダンジャズ研究会でアルト・サックスの演奏活動を始める。在学中、音楽専門学校で佐藤允彦氏等にジャズ理論、アレンジ理論を、その後クラシックの和声と現代音楽和声も学ぶ。大学卒業後、ジャズのライヴや現代音楽のライヴ・エレクトロニクスなどの活動を短期間した後、作編曲の仕事に専念するようになった。
 松竹プロデュースの三島由紀夫連続公演のうち『わが友ヒットラー』(主演:平幹二郎)の劇中歌で作曲を担当したのが最初の仕事で、その後、ニッポン放送のラジオ・ドラマ『野性の証明』などドラマの音楽や、ニッポン放送の『オールナイト・ニッポン』、『タモリの電話リクエスト』、東京FMの『ラブ・ステーション』など番組テーマ曲やジングルなど多数作編曲。また、『サントリー・オールド』『大阪ガス』等々、多数のテレビ、ラジオのCM音楽の作編曲や、『柳昇独演会』(芸術祭優秀賞)などのイベントの音楽、また、ジャズ歌手、キャンディ浅田のアルバム『Welcome back...to you』(ワーナー、リマスタリング盤再発中)などの作編曲プロデュースを手がけた。
 1988年、音楽制作会社、株式会社リディアを設立。1997年、CDレーベル、ヒュー・レコーズ(hue records)を設立し、テクノ・アーティストMIXZASのアルバムの他、J-POPヴォーカリストのオオガケマコト、ポップス・バンド、trumpをプロデュース。trumpは2005年、フジテレビとクラリオンの共同オーディション『クラリオン・ミュージック』で7810組の中からグランプリを受賞した。
 2014年、フランス人映画監督クリス・ユバーマンのアート・フィルム『Journey To Mt.Fuji』の音楽を作編曲し、そのオリジナル・スコアが、アメリカの2つの映画祭、『International Independent Film Awards』(2014 Fall)でGold Awardを、『Global Music Awards 』(September 2014)でSilver Medal を受賞した。
 また、後進の育成にも早くから取り組んでおり、武蔵野音楽学院や、音楽専門学校パン・スクール・オブ・ミュージックで作編曲科講師を務めた。現在は大阪芸術大学の非常勤講師を務め、作編曲理論、実習を担当している。
 著書として、アレンジ理論書『アレンジ入門講座』(株式会社エーティーエヌ)や『のだめカンタービレで覚える楽典レッスン』(シンコーミュージック)等、また、前述の音楽専門学校、大阪芸術大学のテキストも執筆している。
 1996年以降現在も、ジャズ専門誌月刊『ジャズライフ』(有限会社ジャズライフ)の新譜レビュー、解説記事等のレギュラー執筆を務める他、他の音楽雑誌への寄稿や、監修した教則本等は多数にのぼる。