中古品
¥ 223
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Jenkins実践入門 ~ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/11

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,000 ¥ 201
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビルドやテストを自動化し、問題発見を容易にして、品質の高いソフトを効率的に開発するためのツールとして、あのApache Software Foundationでも多くのプロジェクトで利用されているJenkins。本書はインストールなどの基本から、JUnitによるテスト、カバレッジの取得、インスペクション、コードステップ数のカウント、分散ソースコード管理システムやバグトラッカーとの連携、メールやTwitterへの通知など、Jenkinsを実開発で使うためのポイントを解説。さらに分散ビルド、成果物のデプロイ、Seleniumによる結合テストの自動化などの高度なトピック、バージョンアップ、チューニング、データ領域の変更、セキュリティへの配慮、バックアップとリストア、ログ管理など運用管理の方法もおさえました。Jenkinsの生みの親・川口耕介氏も推薦の1冊。

内容(「BOOK」データベースより)

ビルドやテストを自動化、問題発見を容易にし、品質の高いソフトを効率的に開発するためのツールとして、あのApache Software Foundationでも多くのプロジェクトで利用されているJenkins。本書はインストールなどの基本からJUnitによるテスト、ソースコード管理システムとの連携、メールやTwitterへの通知など、Jenkinsを実開発で使うためのポイントを解説。さらに分散ビルド、成果物のデプロイ、Seleniumによる結合テストの自動化や運用管理などのトピックもおさえた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 336ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2011/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774148911
  • ISBN-13: 978-4774148915
  • 発売日: 2011/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 151,432位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Jenkinsというのは、オープンソースの継続的インテグレーションツール。
ビルド自動化ツールなわけですが、プラグインアーキテクチャが採用されており、プラグインをインストールするだけで、簡単に色々なカスタマイズができます。
とりあえず僕がいいなと思ったのは、自動ビルドはもちろんのこと、
バージョン管理ツールとの連携
静的解析
結果の通知(メールやIRCなど)
テストの自動化
バグトラッカーとの連携
といったところでしょうか。

さて本書ですが、具体例がたくさん載っています。
具体例というのは、実際にインストールした際のファイルパス、スクリーンショット、実際に表示される文字列やxmlなどです。
これらが豊富に載っていて、非常に読みやすいです。
まだ試したわけではないのですが、これだけ具体例が載っていれば、実際の導入するのにもすごい手助けになると思います。
一方で、実際に試さなくても、この本を読むだけでかなり感じがつかめると思います。

早く実際の開発に導入してみたいです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gma 投稿日 2012/2/2
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 私はJenkinsに改名される前のHudson時代から愛用していました。
当時は情報も少なく苦労しました。
この本が当時あればどれほど助かったことかと感じました。
 ターゲットとなる読者はJenkinsを初めて導入する方、向けでしょう。
Jenkinsを使いこなしている方には物足りないでしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
このJenkinsと云うツールが、執事を意味し前身のHudsonも同じ意味だと云う事、この本の監修者(日本人)が作成したこと知り、大変親しみを感じました。

私はすでに会社をリタイヤし自分で小さなJavaのプログラムを組む老人ですが、こういったシステムがソフトウェアを会社で開発していた時期にあればどんなに楽だったろうかと思うばかりです。

今はEclipse,Tomcatなどで私とは関係がありそうなところですが、実際は大規模開発で使えば有効なツールとなると感じました。

今はJenkinsのインストールが簡単、WEBブラウザだけで操作できる、大規模でも複数環境でも対応できる、プラグインで好みの機能を追加できる、オープンソースで公開されている、さまざまな言語で利用できる、といった特徴の中でテストする以前(インスペクション)にバグ候補を知らせる、コーディングステップをカウントするなどが使えるのではないかと思っています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Jenkinsの生みの親である川口氏が監修された書籍です。

活用例がJavaに寄っていますがJenkinsの歴史から始まり
インストールから初期設定、各種プラグインの解説、
さらには運用管理に至るまで1冊にまとまっておりこれから
Jenkinsに触る人はもちろん利用している人にもなにかしら
得るところのある書籍となっています。

基本的な流れのなかではsubversionとの連携が説明されており、
応用的な扱いでGitとの連携が載っているあたりは時間の流れを
感じますが情報としての価値はまだ衰えていません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
実践入門というタイトルだが、本書は十分に基本から学べる。
Jenkinsを使ってどんなことができるのか、どんなプラグインがあるのかが、
多少のっているのでイメージしながら学習するには良い書籍だと思う。

個人的には、いろいろできるからこそ、こういう使い方もできる、とか、
簡単なプラグインを作るところまで解説があれば良かった、ということで★4つにしました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
価格の割に内容が薄いです。

全12章のうち9章はJenkinsの導入方法とプロジェクトの作り方で占められています。
Windows/Linux/Mac各環境での手順が、豊富なスクリーンショットと共に説明されています。
残りの3章は分散ビルドの方法や便利なプラグインについて、簡潔に触れられている程度です。

このレベルの内容なら「Jenkins インストール方法 分散ビルド プラグイン」などのキーワードで検索すれば簡単に見つかるでしょう。
最近は日本語のドキュメントも充実してきているので、特に困ることはないはずです。

「Jenkinsとは何か?」「CI(継続的インテグレーション)とはどうやるのか?」から学びたい方には価値があるかもしれません。
導入手順が知りたいだけならばネットの情報で十分です。パッケージがよくできているので難しくありません。
それ以上の中・上級者向けトピックが知りたければ、オライリーのJenkins: The Definitive Guideか、英語コミュニティを探せば良いでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告