中古品
¥1
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

 全てをチェック
何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


Java・J2EE・オープンソース Spring入門 ~より良いWebアプリケーションの設計と実装 単行本 – 2005/4/16

5つ星のうち2.7 14個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
¥1
お届け日 (配送料: ¥300 ): 9月20日 - 25日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

「Java・J2EEによるWebアプリケーション開発のさきがけ」
Spring Frameworkとは、これまでのWebアプリケーション開発をもっと楽に、そしてもっと軽快に行うことができるフレームワークです。その特徴は、EJBのような処理の複雑さ・重さに対する反省から生まれた軽量コンテナ(DIコンテナ)にあります。これには制御の逆転と呼ばれる発想の転換がなされており、POJO(Plain Old Java Object)を必要なときに呼び出すという仕組みがあります。
 本書は、新しい概念である軽量コンテナを使いこなすためにさまざまな面からSpring Frameworkの解説を行います。ソースコードを読みながら理解していくと、この技術のすばらしさに雷に打たれたような衝撃を受けるでしょう。また、オブジェクト指向を補完する新たな技術として「アスペクト指向」が、そろそろ注目を浴びてきました。Spring Frameworkはアスペクト指向の実装もされています。最先端のJava技術を学びたい方に本書をとくにお勧めします。

著者について

■伊藤清人(いとうきよひと)
 1977年京都生まれ。学生時代にOOをかじり,OOの仕事がしたくて豆蔵に入社。
 趣味は,バスケ,サッカー,スノボと転々としてきましたが,昨年からフライフィッシングを始めました。フライフィッシングとは昆虫などに似せた毛ばり(フライ)を使用して,渓流で岩魚や山女などを釣る釣りです。もともとフライフィッシングはTVで見かけた程度でしたが,あのブラッド・ピッドが出演している映画「A River Runs Through It」を観た瞬間,趣味にすることを決意しました。理由は,キャスティング(フライを魚の側に正確に投げる動作)がカッコイイからです。まるで長いムチを扱うようなものです(実際にムチを扱ったことなんてありませんよ)。昨年は始めたのが遅かったので,1回しか行けませんでしたが,それでも2匹釣りました。今年は何匹釣れるか楽しみです。

■岩永寿来(いわながとしき)
 1976年福岡県生まれ。2004年より株式会社豆蔵に所属。
 趣味は麻雀と三味線。麻雀で度胸と忍耐力を日々精進中。麻雀も人生も冬の時代をいかに辛抱できるかが鍵だと思う今日この頃。津軽三味線は演奏する人の個性を表現する楽器だそうです。残念ながらパソコンのキーボードのようには上手く扱うことは出来ず,なかなか上達しませんが,私の個性はどのように現れてくるのかを楽しみにして練習しています。

■大野渉(おおのわたる)
 1976年富山県高岡市に生まれる。1995年に上京し,田無(現西東京市),高田馬場と渡り歩き,現在は板橋在住。2000年問題に盛り上がった1999年,某SI会社に就職。オブジェクト指向技術に興味を持ち,2003年に豆蔵に入社。今に至る。
 2002年のM-1グランプリ(ますだおかだ優勝)を見て以来,大のお笑い好き。好きな芸人はアンタッチャブル。おととし最終決戦に進出してから(去年は優勝),テレビでもよく見れるようになった。それはそれでうれしいが,よく出ている某お笑い番組「エ○タの神様」ではコントしかやらない。あのつっこみは漫才でこそ生かされるのに!!と常々「残念!!」に思う。
 最近はまっているのは泡盛。ついこの間買った,珊瑚礁5年古酒(クース)にはまっている。あ,気づけば大好きな「与那国(花酒=60度のお酒)」がなくなりそうだ。次は「どなん(同じく花酒)」を飲んでみようかな♪

■長谷川裕一(はせがわゆういち)
 1964年東京生まれ。先鋭的なクライミングで知られる日本モダンクライマーズクラブ(JMCC)に所属し,フリークライミングの大会にも参加していたが,今では子供達をキャンプに連れて行くのが楽しみのキャンプ・パパに成り下がり,クラブのメンバからは軽蔑されているらしい。
 クライミングもプログラミング(アーキテクチャ)も創造的なところが似ているが,プログラミング(アーキテクチャ)では失敗しても死ぬどころか怪我すらしないのでお気楽だと思っている。――将来は人里離れた山に移り住んでハイジのおじいさんのようになりたいかも。


登録情報

  • 発売日 : 2005/4/16
  • 単行本 : 316ページ
  • ISBN-10 : 4774123412
  • ISBN-13 : 978-4774123417
  • 出版社 : 技術評論社 (2005/4/16)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち2.7 14個の評価