中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【商品説明】この商品はコンディション3(良い)の商品です。状態は良好ですが、万が一不備があった場合は、迅速にご返金させて頂きます。※全品クリーニングの後、防水梱包にて、ご発送させて頂きます。Amazon専用商品。g1332
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Javaパフォーマンステクニック―サーバサイドプログラミングの最適化 (Java Performance and Scalability Vo) 単行本 – 2001/6

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 3,191 ¥ 764

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

メディア掲載レビューほか

Javaパフォーマンステクニック サーバサイドプログラミングの最適化
 高速でメモリー効率のよいJavaアプリケーションを開発するための手法を解説。パフォーマンスに悪影響を及ぼす実装上の典型的な落とし穴を示しながら,その解決策を示す。


(日経インターネットテクノロジー 2001/09/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

本書ではサーバ側のパフォーマンス向上に奮闘した著者の経験に基づき、パフォーマンスに重要な役割を果たす48項目を掲げ、実践的なヒントとパフォーマンス向上のための解決策を伝授しています。メモリ管理から、ガベジコレクション、キャッシュ、マルチスレッド処理など、パフォーマンスに決定的な分野をカバーしています。また、本書の最後には、本書で紹介したテクニックを複合的に活かしたパフォーマンス最適化の効果を実証するアプリケーションも紹介します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 307ページ
  • 出版社: ピアソンエデュケーション (2001/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894714523
  • ISBN-13: 978-4894714526
  • 発売日: 2001/06
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 744,627位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
Javaのパフォーマンス特性に影響を与える48項目を抽出し、コーディングスタイルとそのオーバーヘッドを丁寧に説明しながらパフォーマンス向上のためのテクニックを提示している実践的な本。定量的な測定結果を随時示すことによって説得力も増しています。内容は、String、StringBuffer、StringTokenizerなどを使った文字列処理のオーバーヘッド、VectorやHashtableの操作といった基礎的な部分に始まり、キャッシュ、I/O、オブジェクトプール、スレッドといった話題へ発展していきます。私は10章(Servlet)と11章(Web Server)の内容を読むだけでもこの本を買う価値があると思います。10章では特にキャッシュドライバのコードがよかったですね。11章では、本書で提示している最適化テクニックを利用して既存のWebサーバのコードを効率化していく過程を説明しています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者はインターネット上最大規模といわれるWebサイト(アトランタオリンピックのサイト等)を供給するIBM Domino-Go Webのパフォーマンス設計技師を務めた経験を持つ人物である。
実際の計測データに基づく客観的で論理的なアプローチは非常に信頼できるものである。この本で扱われている最適化の中にはコードの可読性を損なうものや、汎用的な機能を犠牲にするものが多々あるが、それらを実際にどのような局面で使うかが重要であり、この本ははそのことについても十分な示唆を読み手に与えてくれる。
また、日常のコーディングにおいて少し気を使うだけで、パフォーマンス上の無駄なオーバーヘッドを回避することができることも教えてくれる。パフォーマンスに問題を抱えたとき、よりよいコーディングを目指すとき、この本は良い参考書となるであろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
Javaは登場当時から可搬性に優れている反面、実行効率の低さが問題となっていた。本書はその良さ(scalability)を失わずに実行効率の向上を図るための方法を定量的なデータを裏付けに解説したもの。副題に「Server-Side」とあるが、拘る必要はないだろう。尚、本書はJava VMやJIT Compiler、garbage collection等の知識を前提に書かれており、中級以上のJavaプログラマを対象にしている。

第一章では、Javaプログラムの実行時間の多くが文字列の扱いに費やされているとし(例えばWeb AP)、String, StringBuffer, StringTokenizerクラスの扱いについて解説される。第二章では、Javaプログラムに多く見られるoverheadが指摘される。methodの無駄なtraceや連結における無駄な演算、タイミングの悪いオブジェクト生成、多重の初期化、領域の無駄な先行クリア等が、各々詳細なコード例を基に説明される。何気なく書いたコードが実行効率を落としている事に気付かされ、役に立つ。有名な「80-20%」ルールも語られる。第三章では、やはり実行効率に与えるCollectionの代表として、Vector, Hashtable, ArrayListの説明がなされる。第四章では、高度な技法だが、自分でデータのc
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック