¥ 11,634 + 配送料無料
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 9,801 (70%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,833
Kindle版
¥ 11,634
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 9,801 (70%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
  • 参考価格: ¥ 13,946
  • OFF: ¥ 2,312 (17%)
残り10点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ブックデポジトリー (Book Depository) が販売、発送します。
¥ 11,634 + 配送料無料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Japan and the War on Terror: Military Force and Political Pressure in the US-Japanese Alliance (International Library of Relations) (英語) ハードカバー – 2014/4/24


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
ハードカバー
¥ 11,634
¥ 11,634 ¥ 13,533
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

The role of the Far East is becoming increasingly important in global geopolitics. Japan's economic might and sphere of geographical influence, between China, North Korea and the US, means it has the potential to be a major ally in the war on terror. While Japan's constitution does not allow for militarism or acts of war, in the post 9/11 world the use of the Japanese nation's 'Self-Defence Force' has become increasingly normal – a result of the exploitation of legal loopholes and political double-speak that has been used to bypass Japan's pacifist ideology. Here, Michael Penn assesses the role of US diplomats and lobbyists in Tokyo, the politicians who see the war on terror as a means of self-advancement and the influence of Washington in the unprecedented deployment of Japanese troops in Iraq. Written using a huge range of primary source material, including interviews with US insiders and Japanese policy makers, this is a scholarly and lucid account of Japan's relationship to the US and the Middle East from 9/11 to Barack Obama and the death of Osama Bin Laden.

レビュー

'Michael Penn's important study of Japan's response to the War on Terror, including diplomatic, financial and military support for the US in Iraq, appears at a critical moment in the emergence of new conflicts in the Asia-Pacific and the Middle East. Drawing on the close study of Japanese and US official and journalist sources, Japan and the War on Terror offers new light on the changing trajectory of Japanese politics, US-Japan relations and Japan's role in East Asia, the Middle East and globally.' Mark Selden, Senior Research Associate in the East Asia Program at Cornell University and Emeritus Professor of History and Sociology at Binghamton University

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 376ページ
  • 出版社: Tauris Academic Studies (2014/4/24)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1780763697
  • ISBN-13: 978-1780763699
  • 発売日: 2014/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 14.3 x 3.5 x 22.3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 501,228位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう