この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Japan Rising: The Resurgence of Japanese Power and Purpose (Century Foundation Books (PublicAffairs)) (英語) ペーパーバック – 2008/4/29

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 3,517 ¥ 1,583
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 2,119 ¥ 2,584
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【50%-70%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

商品説明

日本はいま、大きな転換を目前にしている。50年以上にわたる国家的な平和主義と孤立、そして「失われた10年」と呼ばれる1990年代をくぐり抜けた日本は、静かに、そしてひそかに目覚めつつある。21世紀の戦略的闘争の主役に躍り出ようと日本が身構えているいま、その動機をめぐる重大な疑問が生まれている。国際組織での日本の役割に影響を与える駆動力は何か? 世界政治の新たな状況に対する日本の反応を説明するうえで、役に立つ典型的なパターンはあるのか?

日本の特性や目的をめぐるアメリカの理解は、せいぜいよくても薄っぺらという程度だ。アメリカはたびたび、外交政策における日本の存在を過小評価してきた。日本が活力と国際貢献の兆しを見せはじめたいま、日本を駆り立てる原動力を理解することがいっそう重要になっている。『Japan Rising』では、著名な日本研究者ケネス・パイルが、現代の日本に見られるとりとめのない戦略をつなぐ共通の糸を見つけだしている。日本がなぜいま台頭してきたのか――そしてこれからどうなるのかを理解したい人には必読の書だ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

Japan is on the verge of a sea change. After more than fifty years of national pacifism and isolation including the "lost decade" of the 1990s, Japan is quietly, stealthily awakening. As Japan prepares to become a major player in the strategic struggles of the 21st century, critical questions arise about its motivations. What are the driving forces that influence how Japan will act in the international system? Are there recurrent patterns that will help explain how Japan will respond to the emerging environment of world politics?

American understanding of Japanese character and purpose has been tenuous at best. We have repeatedly underestimated Japan in the realm of foreign policy. Now as Japan shows signs of vitality and international engagement, it is more important than ever that we understand the forces that drive Japan. In Japan Rising, renowned expert Kenneth Pyle identities the common threads that bind the divergent strategies of modern Japan, providing essential reading for anyone seeking to understand how Japan arrived at this moment—and what to expect in the future.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 448ページ
  • 出版社: PublicAffairs; Reprint版 (2008/4/29)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1586485679
  • ISBN-13: 978-1586485672
  • 発売日: 2008/4/29
  • 商品パッケージの寸法: 14 x 2.6 x 20.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 71,779位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
現在はThe rise of Chinaの時代であり、米国のアジア専門家の目も中国に注がれている。そんな中、日本が「台頭」しているという異彩を放った主張をしているのが本書だ。パイル教授には実際に会ったことがあるが、紳士であり、堅実な研究をしている方だという印象を持っている。本書は開国から現代までの日本外交を分析し、国際秩序の構築ではなく、それへの適応こそが日本外交の特質であり、今後もそれは続くであろうとしている。教授によると、開国から20世紀後半までは、西洋へ追いつくという国家目標が明確に存在していたため、適応型の外交がうまくハマり、日本は驚異的な発展を遂げたが、冷戦終結以降は、国際秩序の激変には未だ日本はうまく適応できていない、としている。

それでも教授は日本の将来に楽観的である。バブル崩壊後の15年、日本は停滞しているが、これは激変する国際秩序を慎重に見極めているからであるとし、過去のしがらみにとらわれず、グローバル主義である平成世代の台頭により、日本は国際政治の舞台に復活してくるだろう、としている。日本人として日本に前向きな評価をしてくれるのは嬉しいことだが、さすがに楽観的すぎるのではないか、と思った。教授は小泉改革がターニングポイントだったとしているが、果たして現在、小泉改革の残滓がどれだけ残っているか。平成世代がどれだけ政治の世界で力を持っているか。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 5つ星のうち 4.1 9 件のカスタマーレビュー
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 A good text book for Studying Japan 2013/2/16
投稿者 Xuecheng Liu - (Amazon.com)
形式: ハードカバー Amazonで購入
It is one of the best books for studying Japan's rise and its driving factors behind its rise.
The author also addresses the challenges the Janese are facing and analyzing its causes.
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 The Sun Also Rises 2007/5/3
投稿者 Christian Schlect - (Amazon.com)
形式: ハードカバー Amazonで購入
Japan is a country that has faded into the background for many Americans. It is there, but not front and center like China or even Korea (North/South.) But the terms of our two countries' basically comfortable bilateral relationship may soon shift.

Professor Pyle, a well-informed academic, reminds his readers that Japan is important not only as a current major world economic force but as an emerging political and military power in the future of Asia. Change is afoot in Japan -- with a younger population not grounded in the searing aftermath of World War II -- as it adjusts its foreign policy to post-Cold War realities.

A book for those serious about understanding both historical and modern Japan, and its possible future in relation to China, Taiwan, Russia, Korea, and the United States.
5 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 Realist Critique of a Liberal Nation 2012/4/27
投稿者 Scott M - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック Amazonで購入
Pyle's view on contemporary Japan is indeed a compelling one. Drawing on historical evidence, he provides the framework for the future motivations of an increasingly assertive Japan. In a very realist style, talking in concepts of power, we are supposedly meant to think that Japan will become increasingly isolated.

If you want to buy into the realist critique, you'll find solace in this book. However, I as more of a constructivist-liberal thinker, I found a lot of his arguments a little flawed and I felt overall that it didn't really cover as much as it could have. Social motivations are overlooked to a degree and we are lead to believe that power governs all.

An interesting book, but with a reformist DPJ in power, it is seemingly becoming dated.
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 Good history of Japan since the Industrial Revolution 2011/12/10
投稿者 Newton Ooi - (Amazon.com)
形式: ハードカバー
This book examines the changes in Japanese culture and society over the past 160 years, essentially from the time Commodore Perry opened up her ports to the end of the 20th century. The author writes the book with one central idea in mind; how have the changes come internally from Japan, versus coming as a reaction to some outside influence. For most of Japan's history as covered in this book, every change in Japan was copied directly from foreigners, or came about as a reaction to some foreign influence. This tendency to identify itself in relation to foreign influences has led to cultural insecurity on the part of the Japanese people at all levels of society. This insecurity, and its manifestations, are also explored in depth by this book. The author examines all of these themes in regards to topics like Japan's relations with the US and China, the treatment of foreigners within Japan versus the treatment of Japanese in other countries, the nuclear option, foreign aid, and of course, Japan's industrial might and trade with other countries. All in all, the author covers a wide breadth of material. There were several items that I found lacking with the book. First, the author often refers to Japan's bureaucracy in discussions of Japanese politics and political change. Yet he never characterizes them very well; i.e. who do they include, how big of the population are they, how is their status defined legally, how does one join this bureaucracy, etc.... Another miss from this book was a good quantifiable breakdown of Japanese society. For examples, what percentage of Japanese actually vote; what percentage of Japanese actually work in life-long occupations in companies, versus in self-employed businesses, etc... A book of this topic deserves to put some numbers behind its statements. Because of these misses, I give this book a 4/5 stars, when it could have gotten 5/5 stars.
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 Adopt, Adapt, and Improve... 2007/12/17
投稿者 tgfabthunderbird - (Amazon.com)
形式: ハードカバー
Kenneth Pyle's examination of Japan's history and its ability to move with the flow of the times is well-done, detailed and very intriguing. He takes the reader through a sometimes clinical, but understandable tour of Japan's changes from the times of feudalism up through its 21st Century situation.

Japan has often taken a possibly Taoist stance on the changes put before it over the decades; to adopt, adapt and improve on what went about around it. The acceptance of western ways from the time of America's first appearance in the 1850's to the time of the Meiji Restoration show the ability to take up the way of others without losing one's own identity.

In recent decades that appears to be more of a concern; Japan's identity crisis is examined in great detail, from the time of the Yoshida influence, the maverick nature of the Nakasone administration, to the rise of Ozawa and the "Heisei Generation."

The relations between Japan and its neighbors is a balancing act, with regard to the US as well, and the gestures between the Koreas and China with Japan still have much to reconcile. In particular, the military atrocities in those countries during the Second World War, which are still open wounds to many.

A great history lesson, all in all.
これらのレビューは参考になりましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。


フィードバック