¥ 2,200
通常配送無料 詳細
発売予定日は2020年6月3日です。 在庫状況について
ただいま予約受付中です。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。

January Thirty + Uneasiness シングル


仕様
価格
新品 中古品
CD (国内盤)(新品)(正規品)
¥2,200
¥2,200
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細
クーポンコード「0000」の入力で、シングルCD・マキシシングルCDの配送料が無料
本商品は2,000円未満の注文でも、クーポンコード「0000」の入力で通常配送料が無料になります。 対象商品の詳細はこちら。

Amazon の kazuma kubota ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2020/6/3)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: シングル
  • レーベル: [...]DOTSMARK
  • 収録時間: 30 分
  • ASIN: B084X4MY22
  • JAN: 4526180518266
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 79,742位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. January Thirty
  2. Uneasiness

商品の説明

内容紹介

Post Harsh Noiseの旗手Kazuma Kubotaの現在廃盤となっている代表作品をCD化し2タイトル同時リリース!

"真面目で甘酸っぱい音楽/音。 フィルムや小説の短編集に近い感触。 今後どうなっていくか聴いてみたいと思わせる作品でした。 " - 朝生愛

本作は2012年にイタリアのレーベルA Dear Girl Called Wendyから限定リリースされたワンサイドLPと、2009年に20部(!)限定でセルフリリースしたEPを1枚のCDにコンパイル。断続と反復を多用したブレイク感溢れる冷たくも激しいハーシュノイズと穏やかなアンビエントの狭間を揺らぎながら突き進んで行く"January Thirty"、雨音のフィールドレコーディングとギターのアルペジオから幕を開け従前のノイズ観を独自の美意識で更新した意欲作"Uneasiness"。ともに21世紀以降そして2020年以降のノイズの発展性を占う重要な内容だ。

◆国際シーンで人気を獲得し既に各地にフォロワーをも生み出している新たなるノイズ・フォーマットの提唱者の隠された マスターピース、いまここに初の正規流通!
◆両作品ともリマスタリングエンジニアにex- Khanate, O.L.D.のJames Plotkinを起用!
◆スリーヴケースジャケット+Kubota本人による撮りおろしの風景写真がふんだんに収録された12Pフルカラーブックレット同梱!

Kazuma Kubota
ノイズ・実験系イベントへの出演はもちろんのこと、ハードコア・カオティック系 のバンドとも共演する機会を多数持つ。スピード感とブレイク感溢れるノイズと美麗なアンビエント/ドローンサウンド、フィールド レコーディング等によって構築された繊細でドラマチックな作風はノイズファンのみならずエレクトロニカ、シュー ゲイザー、ハードコア他あらゆるエモーショナルな音を求めるリスナーへの訴求力を持つ。

バイオグラフィー
1980年埼玉県に生まれる。学生の頃にニューウェーブ、オルタナティブロック、イ ンダストリアル等の音楽を聴くようになる。2004年から"Bloody Letter"名義でレコ ーディングを開始。2005年からはライブ 活動を開始して自主制作テープや海外のレーベルから作品をリリースするようになる。2007年から本名名義に変更。2010年アメリカのPitchphaseからリリースされた"A Sense Of Loss"がノイズファンに高い 評価を受けてその存在が広く認知されるようになる。2011年イギリスの音楽誌"WIRE"にアメリカのPhage TapesからリリースされたKazumoto Endo & Kazuma Kubota"Switches And Knobs"のレビューが 掲載される。2012年イタリアのA Dear Girl Called Wendyから自身初のLP作品"January Thirty"をリリース。2013年アメリカのNinth Circle Musicから1stフルレングスアルバム"Dis-Connected"をリリース。 2014年には日本の[...]dotsmarkから自身初の国内正規流通作品"Two of a Kind"をリリース。2016年にはアメリカのオハイオ州で開催されたAmplified Humans Festivalにヘッドライナーとして招致された。 2017年アメリカのAmethyst Sunsetから"Utsuroi"(オリジナルは同レーベルから2015年にリリースされたカセットテープ作品)がLPでリイシューされる。2019年には台湾で二日間の公演を行う。現在は ハーシュノイズをメインに様々なサウンドスタイルを融合させる新しいジャンルとして"Post Harsh Noise"を提唱している。Cecilia、The Cracked Mirror、Downcasts(with Hakobune)、 KKTK(withTommi Keranen)等のサイドプロジェクトでの活動も行なっている。

メディア掲載レビューほか

国際シーンで人気を獲得し既に各地にフォロワーをも生み出している新たなるノイズ・フォーマットの提唱者の隠されたマスターピース、いまここに初の正規流通!本作は2012年にイタリアのレーベルA Dear Girl Called Wendyから限定リリースされたワンサイドLPと、2009年に20部(!)限定でセルフリリースしたEPを1枚のCDにコンパイル。断続と反復を多用したブレイク感溢れる冷たくも激しいハーシュノイズと穏やかなアンビエントの狭間を揺らぎながら突き進んで行く「JanuaryThirty」、雨音のフィールドレコーディングとギターのアルペジオから幕を開け従前のノイズ観を独自の美意識で更新した意欲作「Uneasiness」。ともに21世紀以降そして2020年以降のノイズの発展性を占う重要な内容だ。 (C)RS

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません