James Blake がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 996
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

James Blake CD, Import

5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,750 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、フルフィルメント エクスプレスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:20¥ 645より 中古品の出品:22¥ 221より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ジェイムス・ブレイク ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • James Blake
  • +
  • Overgrown
  • +
  • The Colour In Anything (CD)
総額: ¥3,742
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/3/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Republic
  • 収録時間: 38 分
  • ASIN: B004CR5TD0
  • JAN: 0602527554709
  • その他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 9,275位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Unluck
  2. The Wilhelm Scream
  3. I Never Learnt To Share
  4. Lindesfarne I
  5. Lindesfarne II
  6. Limit To Your Love
  7. Give Me My Month
  8. To Care (Like You)
  9. Why Don't You Call Me
  10. I Mind
  11. Measurements


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
国内盤にのみ2曲収録されているボーナストラックですが、
内1曲、これ、なぜか冒頭に収録されています。
決してアルバム全体の雰囲気を壊す曲ではありませんが、
1曲目から2曲目に入る前、一呼吸どうしても置いてしまいます。
やはりあるのとないのとでは印象が変わってしまう感じは否めません。
内向的な曲が多いので、特にそう感じるのかもしれませんが、
気になる方は輸入盤の購入をオススメします。

気にならない方は、対訳カードも付いていますので国内盤で良いかと思います。
2 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: MP3 ダウンロード Amazonで購入
ダブ・ステップ、といわれる音楽をこの作品で初めて聴きました。前々から興味はあったのですが、ダウンロード出来なかったのでやっと聴けて嬉しかったです。
全体的に隙間の多い空間に電子音が鳴り、その中を浮遊する感じのヴォーカルが乗るというスタイルに聴こえました。聴く前の情報でダブ・ステップというジャンルがダンス系と聞いていたので、些か戸惑ったのが正直な感想です。今の若い人はこういう音楽で踊るのですかね。私にはフロア向けには聴こえませんでしたが・・・。昔のフォーク系の人がアコギの引き語りでやっていたことを電子音でやっているように思えました。奇しくもDisc 2にJoni Mitchellのカバーも入っているし・・・。
あと、たまたま最近Laurie Andersonのアンソロジーをダウンロードしたのですが、なんとなく近しい感触を持ちました。特にヒットした「O Superman」などかなり参考にしたのではないかと思いましたが、穿ち過ぎでしょうか。それと声がAntony Hegartyに多少似ている感じもしました。
私みたいなRoses再結成に死にそうになったロートル・ロックおたくには好きになるまで多少時間がかかりそうですが、今の若い人が私なんかより先にいってるのが判って良かったです。ロックは常に新しく、若い人向けの方がいいと思うので。
蛇足ですが、できれば来日前にダウンロード可能にしてもらいたかったですね。来日前に聴いてたら観に行ったかもしれないので。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ロンドン出身の22歳。10代のころからクラブ・ミュージックやR&Bに影響を受け音楽制作を開始。2010年に3枚のEPを立て続け
に発表、その個性が各音楽メディアから急速に注目されこの度待望の初フル・アルバムの発表に至る。

彼の音楽の特徴を一言で集約すると「ブルー・アイド・ソウル+ダブサウンド」といったもの。声の線は決して太くはないが、何処
か儚げな感情を想起させるBlakeの耽美的ファルセットも彼の個性。その上で本作の方向を決定づけているのが、彼の病的なま
での音の拘りだ。音数は決して多くは無いが、音の「間」を絶妙に活かしたビートや諸音響処理への高い美意識。D'angeloに影
響を受けたという割には黒人音楽に特徴的なリズムへの執着は余り感じられない。中にはビートを全く敷かずに彼のエフェクト
処理されたボーカルだけが、宙に浮かぶような特異な楽曲(「Lindisfarne, Pt. 1」)も見受けられる。

彼の音楽が革新的かと言えば決してそうではなく、似た路線の開拓者として90年代半ばに登場した英ブルー・アイド・ソウルの先
輩株Lewis Taylorが居る。しかしLewisがありとあらゆる種類の音を敷きつめる創りであるのに対し、Jamesの場合は空白たっぷ
りの音空間に
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
昔であれば間違いなくギターで弾き語りをやっていたであろう天才が、
現在の時流である音響を取り入れたスタイルでの表現を鮮やかに示した
1stにして傑作。

本作により、シンガーソングライターの表現は、またひとつアップデートされた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zkizm 投稿日 2011/2/16
形式: CD
昨年のEPが絶賛され、BBC Sound of 2011にも選ばれたJames Blake。
今年最もアルバムの発売が待ち望まれた新人と言って良いでしょう。

EPの方では比較的ストレートなクラブミュージックでしたが、アルバムではやや方向性を転換。
ミニマルがちょこっと多くなり、実験音楽としてのダブステップの色合いが濃くなったように聞こえます。
そのせいか、38分というアルバムにしてはかなり短い尺にもかかわらず、一部中だるみする場面もありました。

逆に、良い意味で驚かされたのが音の進化。
EPの時点で既に20代前半とは思えないパワフルかつソウルフルなボーカルを発していましたが、今作ではそれに加えて、
ダブステップ特有の追加録音による疑似コーラスやエフェクト、バックサウンドが非常に手のこんだものになりました。
これだけで前半にあげた欠点を補って余りあるほど。
特に「The Wilhelm Scream」と「Lindesfarne II」は個人的に今年のベストトラック級。
ありきたりな表現ですが、音により深みができて、聞けば聞くほど味がでるアルバムに仕上がっていると思います。
(普段ダブステップをリピートして聞く気にはなかなかならないのですが、このアルバム
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー