Jam Films S [DVD] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 未使用品です。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,720
通常配送無料 詳細
発売元: ポロス
カートに入れる
¥ 2,780
通常配送無料 詳細
発売元: Studio 雅
カートに入れる
¥ 3,895
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Jam Films S [DVD]

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 2,700 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,484 (48%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、幸楽レコード 一部熊本から発送が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,700より 中古品の出品:19¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Jam Films S [DVD]
  • +
  • Jam Films 2 [DVD]
総額: ¥7,800
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ZEEBRA, 遠藤憲一, 小雪, 綾瀬はるか, 石原さとみ
  • 形式: Color, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2005/06/24
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009ETCEC
  • EAN: 4974365182267
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 98,618位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   新人監督のプロモーション的意味合いと、若手俳優発見の場として人気のシリーズ最終作。今回は第1作「Jam Films」を手がけた“卒業生”監督たちが、新人監督をそれぞれ指名するかたちでラインアップが決定した。
   堤幸彦監督の指名を受けた園田賢次監督の「Tuesday」は、いささか拍子抜けの映像優先作品。北村龍平監督からバトンを受けた高津隆一監督の「HEAVEN SENT」は、乙葉演じる自称悪魔が遠藤憲一の殺し屋と対峙する作品。ラストのオチも決まっていて、なかなか魅せる。望月六郎監督ご指名の石川均監督の「ブラウス」は、大杉蓮のクリーニング店主人が、小雪扮する女性のブラウスを何度もクリーニングしているうちに、ある衝動が押さえきれなくなってくるという、パトリス・ルコント監督作品を思わせるフェチ・ラブ・ストーリー。小雪の静かな佇まいと、辛抱たまらん!とばかりに発情する大杉の弾けっぷりが絶品。手塚領監督の「NEW HORIZON」も、綾瀬はるかの魅力は表現されているものの、今ひとつ欲求不満が残る。阿部雄一(現アベユーイチ)監督の「すべり台」では少年少女のぎこちない、それでいて笑いを誘う思春期の淡い恋愛模様が活き活きと描かれている。さすがは相米慎二監督に師事した阿部監督だ。原田大三郎監督の「α」だが、さすがにこのパッケージの中では印象が薄い。浜本正機監督「スーツ -suit-」の魅力は、ひたすら小西真奈美!(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

映画監督たちが手掛けた短編を収録したコンピレーション・オムニバス・フィルムの第3弾。今回は“最も才能を感じるクリエイター”として人選した、新進気鋭の7人の監督の個性豊かな独自の世界を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

レンタルのDVD📀を扱ってる店🏢(三洋道書店🏢)で見つけて天使👼の様な笑顔😊が素敵すぎる綾瀬はるかちゃん👩が出演してるのを知って😚いまじん🏢に電話📱をして予約して購入した~😚NEWHORIZONが一番面白かった~😚天使👼の様な笑顔😊が素敵すぎる綾瀬はるかちゃん👩が英語の練習をしてるシーン😚(発音が良すぎていい感じだった~😍&非常に驚いた~😲)&お菓子🍪を食べながらテレビ📺に映っている太極拳をしている人達の真似をするシーン😚&ソファーで眠ってる😪シーンが一番印象的で最高に可愛かった~😚&非常に驚いた~😲(ハ~ッ&アチョ~と言っていた~😚映像で見て動きが想像してた以上に機敏だったので😚非常に驚いた~😲)&素の表情を見せてくれた😚天使👼の様な笑顔😊が可愛すぎる綾瀬はるかちゃん👩に感謝~😂&拍手~👏この作品も映画館で観覧が出来なかった~😭&天使👼の様な笑顔😊が素敵すぎる綾瀬はるかちゃん👩を映画館でじっくり観覧したかった~😭&グッズも購入したかった~😭&DVD📀にメイキング映像&舞台挨拶の映像が無いのが非常に残念すぎる~😭評価の星🌟は5つ以外ありません~😂&評価の星🌟を5つ以上付けても問題ありません~😂&評価の星🌟が5つ以下は絶対にありません~😂お詫び~🙇絵文字は全て独断で選びました~🙇(全てイメージです~🙇)本当にすみませんでした~🙇おい馬鹿アマゾン💢レビューを絶対に削除するなよ💢秋本麗子の恋人改め秋本麗子巡査の恋人より~💢
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FSS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/1/30
「Jam Films」も凡作揃いだったが、それよりさらに落ちる。金を取れる作品は「すべり台」だけ。

・『Tuesday』〜七作品中で最駄作。ある男の奇妙な日常を遠距離から追っているだけで、サスペンスでもコメディでもなく、何が言いたいのか、何を伝えたいのかもさっぱり。見せ方にも工夫が無く、やたらとダラダラしているため短編なのに見ているのが苦痛なレベル。「短編」という事を考慮できていない地点で監督に基本的なセンスが足りてないと言わざるを得ない。映画に限らずだけど、エンタメ業界に携わる者が「お客さん視点」を意識できないようじゃ話にならない。★1つにも値しない駄作。

・『Heavens Sent』〜これもヒドい。世界の中心にいた殺し屋のもとに寂しがり屋の悪魔がやって来て、殺し屋の願いで悪魔が天使になっちゃうお話(笑)。乙葉のメイクもチープでヒドいが、こんな話をギャグでも何でもなく大真面目にやっている監督のセンスが一番ヒドい。★1つ。

・『ブラウス』〜これまた何が言いたいのかよく分からない内容。フェティシズムの話にしてはブラウスに対する執着心や異常性にも欠けるし、サスペンスでもホラーでも恋愛ドラマでもない中途半端な作品。何かひとつですら「徹底」できていない地点で駄作。何のための短編か考えようよ、監督さん。★1つ。
<
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しかばねさん VINE メンバー 投稿日 2011/2/16
前作監督の指名を受けて
若手監督がメガホンを取った短編集。

そんな成り立ちもあって
観る前に何となく期待が持てる魅力的なパッケージです。
何故なら
掛け値無しにそれぞれの監督が全力を込めたであろうことが
容易に想像出来るからで。

7本の短編。
もちろん
ストライクの作品もあれば
大暴投
パスボールも含まれています。

きっと観る人間によって好き好みもあるので
一本のDVD全体を評価することは難しい。

個人的な単純な満足感は☆3つくらいかなあと。
あれこれ抜きにして。

ベストは
「すべり台」
テンポが良く、笑えて、
ジュブナイルな感情を引き出してくれる。
落ちも素敵。

石原さとみが当時17歳だそうで
小学生を演じても違和感無し。

あとは
綾瀬はるかのワンピース姿と小西真奈美のバスタオル姿。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック