Jackson Browne がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,660
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Skynet
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Jackson Browne CD, Import

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 896 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:27¥ 451より 中古品の出品:12¥ 345より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ジャクソン・ブラウン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Jackson Browne
  • +
  • For Everyman
  • +
  • プリテンダー
総額: ¥3,205
ポイントの合計: 152pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1994/9/14)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Asylum Records
  • ASIN: B000002GYL
  • EAN: 0075596062220
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 85,195位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
2
30
3:59
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
3
30
5:23
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
4
30
3:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
5
30
3:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
6
30
3:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
7
30
4:09
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
8
30
4:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
9
30
4:12
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
10
30
4:44
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
このジャケット写真について正しい情報を共有したいと思います。
これはコーヒーの麻袋ではなく、水入れの布袋です。1930-50年代、アメリカでは車で長距離を走る際にエンジンの過熱故障を防ぐべく、このような厚地の布袋に水をいれてラジエーターの上にロープでくくりつけて使っていました。Saturate before usingとは、使用の前にこの布袋をしっかり水に浸してください(そうすると繊維が膨張して布地の織り目がつまるので水がもれにくくなくなります)という意味で、ジャクソンの作品がこのレコード発売前から広く浸透していたというのはまったくの誤訳誤解です。これについては「アサイラムレコードとその時代」という本にも書いてるし、Under the coversというDVDではジャクソン自身がこのジャケットについて説明する様子が収録されています。

もちろん、こんなこと知らなくても楽しめる、すばらしい名盤!
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
本アルバムは1972年にリリースされた“Jackson Browne”の1stアルバムである。“Jackson Browne”が初期のイーグルスやリンダ・ロンシュタットの楽曲(アルバム)プロデュースに関わっていたことは今更だが、この同じ年にイーグルスの1stアルバム『Eagles』もリリースされている。但し“Jackson Browne”は1月の、イーグルスは6月のリリースであるから、厳密には“Jackson Browne”の方が早いと言うことになる。本アルバム制作にはイーグルスのメンバーは直接に関わっていないようだが、イーグルスの前掲デビュー・アルバムに、“Jackson Browne”はグレン・フライと共に制作した「Take It Easy」を提供しているが、後にこのナンバーは“Jackson Browne”の2ndアルバム『For Everyman』(1973年)でフィーチャーされる。本アルバムでの注目ナンバーは、やはり...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャクソン・ブラウンの1972年リリースの1stアルバム。当時はまだ24歳のジャクソン・ブラウンはメロディも声も歌いまわしも、もちろん詞も、それから顔つきも、思い切り青臭く内省的だ。どの曲もいいが、1).Jamaica Say You Will、4).Doctor My Eyesは特にお気に入り。2).A Child in These Hillsと7).Under the Falling Skyではアルバート・リー、4).Doctor My Eyesではジェシ・エド・デイビス、2人の名手の切れ味のいいギターが聴けるのもこのアルバムの楽しみの一つだ。

パーソネル

Jackson Browne:voc.,A.guit.,piano,Russell Kunkel:drums,Leland Sklar:bass,Clarence White:A.guit.,Craig Doerge:piano,David Jackson:piano,Albert Lee:E.guit.,Jesse Davis:E.guit.,Jim Gordon:organ,Sneaky Pete:pedal steel,Jim Fadden:mouth harp,David Campbell:viola,Leah Kunkel,David Crosby:back voc.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
レコードは持っていたけれどCDまで買い換えることがおろそかになっていた。むしょうにジャクソン・ブラウンを聴きたくなった時に思わず注文してしまった。ノスタルジックにゆったりと当時の記憶を思い起こしながら聴いています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 ジャケットの感触はなくとも、1970年代初頭のアメリカ ウエストコースト音楽の中では恐らくしっかりした骨の部分を形成していたような、ある意味で当時のアメリカの一面を象徴する、光と影を持っていて、それでいて情に流されないぎりぎりの甘さの音楽をやっていた感じがします。
 アルバム中で心惹かれるカウンターソングを歌う、レア カンケル ジェームス・テーラーのバックバンドのドラマーと結婚した名前のままの彼女は、あの西海岸音楽の雄、「ママス・アンド・パパス」のひとり、亡くなったママキャスエリオットの妹ですが、アルバム中の歌を聞いて、在大阪の某レコードショップの店長でも会ったAさんが、そのファンジン「very rare old」のなかで、「はやくソロアルバムが出て欲しい」と、その昔強い期待を表明されていました。
 ボニーレイットは、アルバム中の「my opening farewell」を70年代中期の「sweet foregiveness」で
カバーするのですが、当時の来日の頃には、たしかこの曲を唄うと涙が止まらなくなるとの趣旨のインタビューがあります。「song for Adam」もいろいろ逸話がありますが、他の方の紹介をお待ちしたいと思います。
 このアルバムに収められた曲は、他の方のレビューにもあるように、彼のクラシックとも言えるような、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック