現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。
お届け先を選択
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Jabra 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリングElite Active 75t ワイヤレス充電モデル ネイビー IP57 防塵防水 Bluetooth® 5.0 マルチポイント [国内正規品]

5つ星のうち4.4 855個の評価

現在在庫切れです。 在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
ワイヤレス充電機能搭載 ネイビー
ブランド Jabra(ジャブラ)
ワイヤレス充電機能搭載 ネイビー
接続技術 無線
モデル名 JABRA Elite Active 75t WLC
ヘッドホン型式 インイヤー

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • Amazon.co.jpなど、日本正規代理店でご購入いただいた製品は、メーカー窓口でのサポートが可能です。安心してご購入いただくために、販売元が日本正規代理店であることをご確認ください。
  • ワイヤレスチャージモデル (Qi規格の充電器に対応)
  • 安定した接続性。 Bluetooth 5.0で、通信範囲と通信速度が飛躍的に向上。
  • 最長7.5時間使用可能のロングバッテリー。ケース充電と併せて最長28時間使用可能。
  • IP57準拠の防塵防水性。スポーツ時の汗にも安心。Jabra Sound+アプリに登録で、防塵・防水性について2年間保証。
  • マルチポイント対応。最大8台のBluetoothデバイスとペアリング登録可能。 うち、2台のデバイスと同時接続可能。
もっと見る

ゲーミングスタンプカード実施中


商品の情報

詳細情報

登録情報

商品の説明

Jabra Elite Active 75tは、音楽、通話、スポーツのために設計された完全ワイヤレスイヤホンです。あらゆる耳の形にフィットするよう設計され、使用時にも外れにくく、快適にお使いいただけます。 独自の4-マイクテクノロジーを採用し、周囲の雑音を効果的に低減。 遮音性に優れ、通話時や音楽再生時の雑音も気になりません。また、ワンタッチで、ヒアスルー(外音取込)機能に切り替えることも可能。 Bluetooth® 5.0で、通信範囲と通信速度が飛躍的に向上。左右の音声も途切れにくく、常に安定した接続性。 イヤホン本体で最長7.5時間。ケース充電を併せて最長28時間使用可能。Qi規格のワイヤレス充電器に対応。 IP57準拠の防塵・防水性。スポーツ時の汗にも安心。Jabra Sound+アプリに登録で、防塵・防水について2年間保証。 2台同時接続可能。(マルチポイント) 音声アシスタントにワンタッチアクセス。 リモコン・マイク対応 製品に関するお問い合わせ Jabraウェブサイトサポートページのよくある質問をご覧いただくか日本国内のジャブラサポートセンターにて日本人スタッフが使い方の説明などのご案内いたします。 0120-605-188 9:00-17:00(土日祝日を除く)


メーカーによる説明

どんな場面でも、最適なフィット感。

どんな場面でも、フィット感

3サイズのシリコン製イヤージェルで、自分に合うフィット感に。圧力を調整するベントにより、快適に周囲の雑音をカット。グリップ力を高めるドライ加工を施し、汗をかいてもしっかりと固定するので、スポーツにも適切。

どんな場面でも、最適なフィット感。

防水仕様で、汗にも強い。スポーツにも最適。

HearThrough (外音取り込み機能)

最大28時間使用可能のロングバッテリー

Jabra Elite Active 75t Jabra Elite 75t Jabra Elite 85t Jabra Elite 65t
Jabra Elite Active 75t Jabra Elite 75t Jabra Elite 85t Jabra Elite 65t
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング パッシブノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング パッシブノイズキャンセリング Jabraアドバンスト アクティブノイズキャンセリングTM パッシブノイズキャンセリング
マイク性能 4-マイクテクノロジー 4-マイクテクノロジー 6-マイクテクノロジー 4-マイクテクノロジー
スピーカー 6mm 6mm 12mm 6mm
バッテリー持続時間 (ANCオン)イヤホン本体 5.5時間、ケース充電と併用で最長24時間 (ANCオフ)イヤホン本体 7.5時間、ケース充電と併用で最長28時間 (ANCオン)イヤホン本体 5.5時間、ケース充電と併用で最長24時間 (ANCオフ)イヤホン本体 7.5時間、ケース充電と併用で最長28時間 (ANCオン)イヤホン本体 5.5時間、ケース充電と併用で最長25時間 (ANCオフ)イヤホン本体 7時間、ケース充電と併用で最長31時間 イヤホン本体 5時間、ケース充電と併用で最長15時間
急速充電 15分の充電で1時間使用可能 15分の充電で1時間使用可能 15分の充電で1時間使用可能 15分の充電で1時間使用可能
ワイヤレス充電 ネイビーのみ、ワイヤレス充電対応モデルを販売中。 Qi規格のワイヤレス充電器に対応 *充電器は付属していません。 チタニウムブラックのみ、ワイヤレス充電対応モデルを販売中。 Qi規格のワイヤレス充電器に対応 *充電器は付属していません。 Qi規格のワイヤレス充電器に対応 *充電器は付属していません。
防塵・防水性能 IP57準拠 IP55準拠 IPX4準拠 IP55準拠
Bluetooth 5.0 5.0 5.1 5.0
マルチポイント(同時接続) 8台までペアリング可能 そのうち2台まで同時接続 8台までペアリング可能 そのうち2台まで同時接続 8台までペアリング可能 そのうち2台まで同時接続 8台までペアリング可能 そのうち2台まで同時接続
その他の機能 Jabra Sound+アプリ *イコライザー *MySound *MyControl Jabra Sound+アプリ *イコライザー *MySound *MyControl Jabra Sound+アプリ *イコライザー *MySound *MyControl Jabra Sound+アプリ *イコライザー

カスタマー Q&A

Q&A を表示

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
855 件のグローバル評価
項目別評価
音質
4.34.3
低音の音質
4.34.3
ノイズ除去
3.93.9

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2020年3月19日に日本でレビュー済み
色: ネイビーVine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 ハンズフリー機能も重視した高品質なBTイヤホンです
ユーザー名: あさぎりるん、日付: 2020年3月19日
スマホ(android/iPhone)と接続して使うブルートゥースイヤホンです。
先行販売され高評価のJabra Elite 75tの能力をそのままに、耐水性能を高めたスポーツ&エクササイズモデルです。
本体のコンパクトさと耳へのおさまりは、全イヤホンの中でもトップレベルです。意図したかはわかりませんが、ランニング時の風切音もほとんど感じず、効果を実感できます。
なお、エクササイズモデルという位置づけとは言え、ベースとなるElite 75tが通話機能重視のモデルであるため、本機でもその特徴は色濃く残っています。

◆音質について
このイヤホンを使ってみて、まず初めに誰もが感じるであろう印象は重厚な低音です。コンパクトに作られるBTイヤホンの場合、低音に強いとされるタイプでも100Hz前後を厚くしてズンズン感を出すようなものが一般的です。
言い換えるなら60Hz前後の低音は鳴りづらいと言えます。ところがこのイヤホンの場合、60Hz付近のドンドン音まで十分に音が出ます。これは単に低音を無理にブーストしたものではなく、付随しがちな音のこもりを抑えた良質なサウンドです。
また、中音~高音にかけてもクリアーで解像感のあるテイストに仕上がっており、他のBTイヤホン(の上位機)と比べても見劣りはありません。

こうなると他と比べた音質の善し悪しはほぼ好みの差になってきますが、専用アプリにはイコライザ機能があるのでこれが使えます。例えば、低音が強すぎると感じるのであれば60Hz帯を、ビリビリとした高音が気になるならば7.6KHz帯を下げると聴きやすくなります。半分以下にまで下げても不思議と音のバランスは崩れません。

接続コーデックはSBCとAACの両方に対応しており、最近のスマホであれば、AndroidでもiPhoneでも自動的にAACが選択されます。AACに対応していない機器の場合は、自動的にSBCが選択されるので、ユーザーが意識する必要はありません。
SBCとAACで聴き比べた所、分かる様な音質の差はありませんでした。しかしSBC接続では音が右だけ極めて僅かに先に再生される現象を確認できました。音楽を聴いている最中には気になりませんが、音の鳴り始めだけは気になるかもしれません。
この問題は2020年3月時点での最新のファームウェアに更新しても発生しました。
※(追記)2020年4月時点で最新のファームウェアに更新することでSBC接続時のこの問題は発生しなくなりました。

AACではこの左側だけの遅れは出ませんが、ワイヤレスに付きものの再生遅延はあります。キークリック音を有効にしている場合はハッキリと体感できますし、リズムゲームのプレイには不向きでしょう。アニメや映画の口パクも意識すれば違和感を感じます。これらの部分を重視する場合は素直にAptXLLに対応したイヤホンがおススメです。

本製品はどちらかと言うと、再生遅延に多少目をつむったとしても、音切れを減らす方に振った設計思想が感じられます。実際、音切れはしづらいですし、再生遅延は音楽のリスニング用途では全く気になりません。

また、細かく電源管理を行って再生時間を延ばすタイプなので、スマホでキー操作音をありにしている場合は、電源に伴うプチプチした音を感じることがあります。
ただしこちらは、ファームウェアの更新によって気にならないレベルまで低減できたので、ひと手間掛ける前提であれば問題にならないでしょう。

◆通話機能について
本機の特徴は実は音質ではなく、その卓越した通話機能にあります。
BTイヤホンでハンズフリー通話に対応している製品は珍しくありません。しかしながら、通話できるとは言っても一応できる程度で、品質を考えるとイマイチ実用的ではない場合がほとんどです。口から声を出すのにマイクが耳についているのだから当然でしょう。
つまり、この問題を解決するには専用の設計が必要になるわけですが、BTイヤホンの通話機能はほぼ重視されていないのが現状です。

この点、伝統的に通話重視のJabraにはノウハウの蓄積も多く、本機でも通話機能は重要な項目として設計されているのを感じます。マイクが耳についているとは思えないほど声の拾いが良く、またサブのマイクを使った周辺ノイズの低減もうまく働いているのを実感できるクリアーさです。
実際、BTイヤホンで通話に使ってもよいと感じたのはこれが初めてです。

マルチポイントでの接続に対応している点も見逃せません。
普通のBTイヤホンの場合、(当たり前ですが)一台としか接続しかできません。ですから、接続済みの機器との接続を解除してからもうひとつの機器と接続し直す必要があります。気の利いた機器でも後からの手動接続を優先する乗っ取りが出来る程度です。しかし本機の場合は2台との同時接続が可能であるため、何の操作も必要とせず2台の再生をシームレスに行えます。(両者が混ざって鳴るのではなく、いずれか再生している側の音声が鳴ります)

例えばバッテリーの持ちなどを考慮してメインとサブの2機種を使っている場合には、大変便利に使えます。
また、個人用と会社用でスマホを2台持っており、その両方で待ち受けする場合などでも有効に使えます。この使い方の場合は、専用アプリに「通話に使用するBT接続を優先」という機能があり、これを有効にすると着信時には他との接続を一時的に切断し、通話中の機器専用にできます。もちろん、終話後は自動的に復帰します。
細かいですが実運用に即した優れた機能です。

ヒアースルーという機能も特徴的で、これはイヤホンを付けたまま外の音を聞く機能です。マイクを使って外音を拾いそれを再生するもので、イヤホンを付けていないかのような使用感になります。
これはイヤホンの左側のボタンを1回押すだけで瞬時にON/OFFでき、ヒアースルーをONにした場合に音楽を止める/止めないの設定も可能です。コンビニのレジなどで使う場合は音楽を止める設定にしておけばいいですし、市街地を走る際に継続的に使う場合には音楽を止めない設定にもできます。

◆イヤーピースについて
イヤーピースは背の低いタイプで軸は細めです。
交換用にS、M、Lの3サイズが付属するので耳に合わせて選べます。ちなみに私の場合は、MでもLでも普通に使えましたが、音は分かるほど変わりました。大きい方が低音も高音もより伸びる傾向なのですが、本機の場合は強く出過ぎるかもしれません。

イヤーピースの背の低さは充電ケースに収める際に問題になりやすく、JVCスパイラルドットに換装すると、ギリギリケースには入るものの接触不良となり充電されませんでした。軸もJVCよりは細いので、スパイラルドット++など軸径に繊細なイヤーピースを使う場合は抜けやすくなると思われます。
社外品のイヤーピースと交換する場合は、背の低いタイプには対応すると思いますが、一般的な交換イヤーピースは使えない事が多いと考えた方がよいでしょう。
添付写真は、左側が本製品付属のLサイズ。右側がスパイラルドットのMLです。

ちなみに充電ケースは小型薄型でズボンのポケットに入れても厚みが気にならないサイズです。フタの開閉にも煩わしいボタン操作はなく、単にくいッと引き上げるだけで開き、閉じた時にはマグネットでくっつきます。
充電端子も接触がへたりづらいUSB-Cタイプであり、非常に優れたケースです。前述したように、これでもう少しイヤーピースの許容性が高ければ完璧でした。

サイズ感が分かる写真を添付しておきます。中央下が本製品の充電ケース。左上はJVCのBTイヤホンのケース、右上はJaybirdのスポーツモデルのケースです。机に寝かせた状態で撮影していますが、本製品のケースは前モデルとは異なり縦に自立できます。

◆専用アプリについて
スマホ(Android/iPhone)それぞれに専用アプリがあります。専用アプリではイヤホンの様々な設定が行えるほかイコライザの機能も有しています。
イヤホンや充電ケースのファームウェアのアップデートも専用アプリを介して行うので、事実上必須となるアプリだと言えます。

ファームウェアのアップデートと、「接続しました」などの音声ガイダンスの言語切り替えにはダウンロードを伴うアップデートが必要になります。
しかしこの接続にはサーバー側に問題があるのか、私が試した2020年3月時点においては極めて失敗しやすい状況でした。どちらの場合も何十回も再トライをし、1時間以上かけてようやくアップデートができました。逆に言えば、非常に失敗しやすいですが全くアップデートができない訳ではありません。
なお、ダウンロード後の更新時には充電ケースにイヤホンを収めて更新するのですが、この時充電ケースに社外品のUSBケーブルが刺さっているとアップデートが始まりませんでした。更新をする場合には、充電ケースを満充電した状態でUSBケーブルを抜いて行うとよいと思います。

イコライザの機能は低音が強めに出る本機を、一般的なイヤホン並やモニター的なサウンドにするのに使えます。
ただし専用アプリのイコライザは粒度が低く、「60Hzを抑えたいが120Hzは上げたい」みたいな細かな調整はできません(画像参照)。ある程度の割り切りが必要です。

◆まとめ
音声データを圧縮送信するBTイヤホンには音質的な上限があります。有名メーカーの2万円前後の機器の場合、この上限付近の音質は当たり前に確保しており、本製品も例外ではありません。

この製品はアクティブノイズキャンセルを使った更なる試聴感の向上ではなく、十分な高音質を前提に、普段使いでの使い勝手と快適性、ハンズフリー機器としての性能に着目した製品であると言えます。
やや高価でコストパフォーマンス面では良くない製品ですが、デザインと使用感は明らかに一流です。これらを重視する場合は有力な候補になる事でしょう。

なお、音質はベースモデルのElite 75t、スポーツタイプの前モデルElite active 65tと大きな差はないという報告もあるので、目立つ違いはサイズ(デザイン)と耐水性能くらいです。
耐水性はIP55であっても雨程度なら十分ですし、本機のIP57ならではの使い方もちょっと想像できません。価格差なども併せて考慮するとよいでしょう。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
236人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月25日に日本でレビュー済み
色: ネイビーAmazonで購入
118人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月16日に日本でレビュー済み
色: ネイビーAmazonで購入
64人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月22日に日本でレビュー済み
色: ネイビーAmazonで購入
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する

他の国からのトップレビュー

maulikm
5つ星のうち1.0 Poor bluetooth connection and uncomfortable design
2021年1月14日にオーストラリアでレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
Patrick
5つ星のうち2.0 Read the reviews! Choppy audio
2020年10月29日にオーストラリアでレビュー済み
Amazonで購入
the reluctant reviewer
5つ星のうち2.0 Weren't right for me
2020年11月15日にオーストラリアでレビュー済み
Amazonで購入
DC
5つ星のうち3.0 It's quite secure in the ear. Microphone isn't very impressive though.
2021年1月2日にオーストラリアでレビュー済み
Amazonで購入
MR
5つ星のうち4.0 Good but could be better
2021年1月20日にオーストラリアでレビュー済み
Amazonで購入