ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウ... がカートに入りました
追加

5年 長期保証

ヤマトマルチメンテナンスソリューションズ
  • 製品ごとに定められているメーカー保証と同等の保証内容を4年延長しご利用いただける保証プランとなります。メーカー保証期間含めて5年保証となります。
  • 本保証は対象製品と同時にご購入いただけます。
  • 保証料金は各商品ごとに設定されております。
  • 本保証期間中に本保証の対象となる故障が発生した場合には、何度でも無償修理を受ける事ができます。
  • 保証書はAmazon.co.jpにご登録されているお客様Eメールアドレス宛にEメールにてお送りさせていただきます。
  • 修理のお申込みは保証書内に記載されている《修理のお申込みフォーム》よりご依頼いただけます。
  • 修理依頼品は、ヤマト運輸のセールスドライバーが無料にて引き取りに伺います。ただし、宅急便をご利用いただいた場合に限ります。
  • 保証対象製品の注文をキャンセルした場合は本保証についてもキャンセル下さい。

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 10,800
+ 関東への配送料無料
発売元: 昭栄電子有限会社
カートに入れる
¥ 10,963
通常配送無料 詳細
発売元: シズ ショッピングサイト
カートに入れる
¥ 11,303
+ ¥ 980 関東への配送料
発売元: リバース 
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウーファーシステム KSC-SW11

5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 21,600
価格: ¥ 10,962 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 10,638 (49%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新品の出品:14¥ 10,800より
  • チューンアップサブウーファーシステム密閉タイプ200mm×120m
  • mトラック型振動板最大出力:150W再生周波数特性(システム):3
  • 5Hz150Hz定格入力レベル:50mV/22kΩ(ライン入力)カ
  • ットオフ周波数:50125Hz電源電圧:DC14.4V(動作範囲1
  • 1V16V)最大消費電流:8.5A出力音圧レベル:110dB(車内

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウーファーシステム KSC-SW11
  • +
  • ケンウッド(KENWOOD) 17cmカスタムフィットスピーカー KFC-RS173
  • +
  • エーモン工業(amonkogyo) 音楽計画 デッドニングキット スピーカー周辺 簡単モデル 2441
総額: ¥17,184
選択された商品をまとめて購入


商品の情報

詳細情報
ブランドJVCケンウッド
商品重量2.8 Kg
梱包サイズ19 x 28 x 7 cm
メーカー型番KSC-SW11
Foldingいいえ
商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ19 x 28 x 7 cm
周波数帯域5Hz-150Hz
年式2013
  
登録情報
ASINB00B59WBPW
おすすめ度 5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 車&バイク - 1,646位 (ベストセラーを見る)
発送重量3.9 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/1/24
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

コンパクトボディで圧倒的にパワフル。


メーカーより



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

長いの嫌いな人に3行で
・空気の震える感じではなく、クリアな低音。絶対的低音音量を求めてはダメ。
・小型で重低音を求める人はアルパインのSWE-1200がオススメ。
・大きさ気にせずドフンドフン来る重低音を求める人は謎メーカーバスレフBOX型がオススメ。
以上

さて、私の求めていたのは
・迫力よりも、抜けるようなクリアさ
・室内が狭いため、兎に角小型サイズ優先
・安いは正義。貧乏なので上のクラスを語らないで下さい。
の三点です。それを踏まえて以下をどうぞ。

・音質
サイズから見て分かる通り、ドフンッという感じではなく、トンッという感じ。
ボリューム上げればかなりの低音を発するが、音全体がかなり濁る。また、100Hzを超える高さは苦しい。
実用ローパス64Hz−80Hz推奨。
濁った低音ドガンドカン鳴らしたい?なら買う機種間違ってます。
謎メーカーのバスレフBOX型サブウーファーは7千円程の値段ながら、室内の空気が全て震えます。
箱型で少し大きく、見た目がちゃっちい事を気にしなければコレがオススメ。

・設置場所
当初助手席下に設置した所、「おしりが痒くなる」という意見をい
...続きを読む ›
1 コメント 97人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
3ドアスポーツカーに乗っております。

センターユニットをクラリオンからKENWOODに変えたのをきっかけにウーファーを新調しました。

以前使用していたのはクラリオンのチューンナップサブウーファー【SRV212】

KENWOODのコントローラーの質感はクラリオンのより良い。
クラリオンのは安い質感でした。

ちなみにブルーのLED発光は目障りな方いるかと思いますが、個人的には良いです。目障りな方は目立たない場所に…。

装着して鳴らしてみるまでは『本当に注文しちゃって良かったのかな!?もし今のウーファーより物足りなかったら…』って内心ありました。

実際鳴らしたら
『ちょうどええ!!』でした。

そんなドカドカ鳴らしたくない。
クリアな低音が欲しかった自分にはドンピシャでした。

ちなみに今まで使っていたSRV212がちょっとドカドカしていてたのとコントローラーで半分の出力にするとなんか物足りない…!?
気がしていました。

それがKENWOODにしたら半分の出力でもしっかりと低音を出してくれる、75%出しても不快じゃない低音です。

まだま
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
他のレビューを参考にして購入しました。
アルパインのよりはパワーはないものの、コモリ感は無くクリアな低音でボリュームを上げても高音が殺されない。

ARZ60 ノア のフロアに置き使用しています。 音の広がりにも満足!!
知人のアルパインの場合より、後部座席に座ってもウーファーの効果がそんなに薄れない。 
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ヘッドユニットがU383BT、フロントがKFC-XS1700、デッドニングはスピーカー裏の吸音材&インナーパネルに制振材を4枚の超簡易的なもの。リアは鳴らさないのでこれだけで充分と思えるくらい素晴らしかったのですが、曲によってはもう少し低音が欲しいというか、ツイーターが張り切りすぎるというか...。で、サブウーファーを導入。ヘッドユニットもフロント2ウェイもKENWOODだったということと、同クラスのライバル達の中で一番安かったという理由でKSC-SW11にしました。
私の車、何故かヘッドユニット裏のカプラーにパワーコントロールライン(青白線)がなく、メーカーのサポートに電話して『普通はあるんですけどねぇ...でも無いなら代わりにACCに接続すれば大丈夫』の答えをもらい解決、そんなこんなで取り付けに少々てこずりましたが、取り付け後は感動の一言です。本体はセンターコンソール足元にエーモンのメス面ファスナーでカーペットにガッチリ固定。音は申し分ありません。
ツイーター、ミッド、ウーファーの絶妙なバランス。三位一体とはこのことですね。高中低3つのスピーカーがそれぞれしっかりと自分の仕事をし、それが車内で一体化する感動を味わえました。このSW11に関して言えばとても自然で綺麗な低音です。下品な響き方はしません。
星を4つにしたのは、アースライン(黒線)について
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー